sportsnavi

2016年11月20日(日)

11R

2016年11月20日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第33回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 | レコードが出たレース

「前走後は短期放牧を挟みましたが、帰厩後は順調に調整ができています。先週、今週と坂路でやりましたが、落ち着きがあって動きも抜群。デキは最高と言ってもいい程。安田記念が好位でレースをして善戦(0.3秒差6着)しているし、京都にも良績がありますからね。切れるタイプではないので、ロングスパートをして長くいい脚を使えるようなら」(小島太調教師)。 ◎毎日王冠は直線で狭くなる場面はあったが、仕掛けてからの反応が一息。結局、伸びを欠いてルージュバックの0.9秒差6着。マイル戦は安田記念(ロゴタイプの0.3秒差6着)の1戦のみ。ベストは1800〜2000mで叩き2走目、距離2走目でどこまで。
「休み明けの前走は動きが一息だったし、トモの踏み込みも浅い上に出遅れまでして豪快な勝ち方をしてくれましたからね。1度使ったことで腹回りが締まってきたし、トモの踏み込みも深くなって、上積みは十分感じられます。今日の追い切りは全体時計こそ速くはありませんが、ラスト1ハロンの伸びが良かったですからね。精神的にシッカリしている馬だし、本格化はもう少し先だと思いますが、馬体に芯が入ってきたことは確か。外回りのマイル戦は合うと思うし、何とかGIを勝たせてあげたいと思っています」(池江調教師)。 ◎スワンSは出遅れて後方から。腹をくくった騎乗でジックリ脚をタメる。直線は大外を回り、最速の末脚でまとめて差し切るという豪快な勝ち方。安田記念の上位2頭(ロゴタイプ、モーリス)が不在の今回、チャンスは十分。
「前走後は一旦緩めましたが、やり出してからは順調に調整ができています。今日の追い切りはよく動いていたし、この一追いと輸送で少し余裕があった体も丁度良くなると思います。マイル戦は久々になるし、ここはマイルのスペシャルリストが揃っていますからね。楽観視はしていませんが、馬場が渋って時計を要するようなら……と思っています」(高木調教師)。 ◎スプリンターズSは出たなりで中団を追走。スムーズな競馬ができたことで直線は大外に持ち出し、よく伸びてレッドファルクスの0.1秒差5着。ただ、マイル戦はここ5年使っておらず、距離が最大の課題。
「前走は少し出して行った分、掛かってしまった上にペースが遅く、外を回らされることになってしまいましたからね。それでも普段は掛からないので大丈夫。1週前に思った以上に時計が出たので、今週はサラッとの予定でしたが、掛かったことで時計が出てしまいました。でも無理をして出したワケではないので問題ないでしょう。京都は初めてになりますが、直線が長い外回りなら心配ありません。仕掛けてからの反応がこれほど速い馬はいないし、力も見劣らないので運び方一つでは……と思っています」(小島茂之調教師)。 ◎富士Sは出負けしたが、いつも通りの後方待機策。スローペースもあったが、仕掛けてからの伸びは案外でヤングマンパワーの0.5秒差9着と不満の残る内容。俗に言う2走ボケだった?のかも……。叩き3走目で巻き返しに期待したいところだが。
「1週前に速いところをやってあるので、今週はそれ程やらなくても良かったですからね。この時計は予定通りです。いい状態で送り出せます。前走がスローペースでも流れに乗れたし、ラストが33秒台の末脚。ここにきて確実に力を付けてきました。京都は初めてですが、関西圏への輸送は経験済みだし、GIのここでもいいパフォーマンスを見せられるのでは……と思っています」(手塚調教師)。 ◎富士Sはスローペースの2、3番手を追走。直線も内めを突いてよく伸び、2着のイスラボニータに並ばれること無く快勝。ここにきていよいよ本格化してきた感がある。
「いつも通り1週前にコースでシッカリやってあるので、今週は坂路で併せ馬でしたが馬ナリで先着といい動きでした。ここまでは順調に調整ができているし、今回が恐らく引退レースの予定になると思うので、条件が好転のマイル戦でいい結果を……と思っています」(大久保龍志調教師)。 ◎約4か月振りの毎日王冠は少し行きたがる面も。なだめつつ進め、4角は開いた内を突いたものの伸びを欠いてルージュバックの9着。久々と距離が影響したのかも……。8歳でも衰えは見られず、叩き2走目でどこまで変わるかがポイントになりそう。
「スワンSは出遅れ。そこから出して行ったために最後の伸びを欠いてしまうというチグハグな形の競馬になってしまいました。前走から中2週なので1週前はCWでラスト重点。今週も同じようにラスト重点でしたが、いい動きでしたよ。このレースは2年連続2着と走っているし、京都では安定した走りをしていますからね。7歳でも若さがあるし、何とかタイトルを……と思っているんですけどね」(田代調教助手)。 ◎昨年の2着馬。スワンSは出遅れて思った位置を取れず終い。結局、自分のリズムで走れず、サトノアラジンの0.6秒差9着。叩き2走目の上積みと得意のマイルで雪辱を期す。
「1週前に長めからやってあるので、今日はオーバーワークにならない程度の追い切り。動きそのものは良かったと思いますよ。元々が叩き良化型で、前走は動きが重くて完調手前といった状態でしたが、よく走ってくれました。1度使ったことで重苦しさが取れて、シャキッとしてきましたからね。今のデキでどこまでやれるかを見てみたいですね」(栗田博憲調教師)。 ◎約4か月半振りの富士Sは勝ったヤングマンパワーの後ろを追走。直線は抜け出すかの手応えだったが、並ぶまでは至らず2着。それでも復調を窺わせる内容。昨年は毎日王冠、天皇賞(共に3着)を使ってこのレースが3着。今年は叩き2走目で更に上を目指す。
「1週前は折り合いを重視の追い切りをして、今週はジョッキーに感触を確かめてもらいましたが、かなり掛かってしまいましたね。このところ、1200m主体のローテーションできているので、マイル戦をうまくこなせるかどうかがカギになりそうですが、うまく折り合いを付けて脚をタメることができるようなら……」(鹿屋調教助手)。 ◎スワンSは中団から。少し行きたがる面はあったが内枠の分、前にカベを作れたことで、直線も渋太く伸びてサトノアラジンの2着。行きたがる気性からベストは1200m。マイルでは折り合いが最大のポイントになりそう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1週前にもやってあるし、今週の動きも体に柔らかさがあって、いい走りをしていたと思います。今は落ち着きもあって状態に関しては何も問題はありません。マイルはベストの距離だし、今回は強豪牡馬が相手になりますが、決め手ではヒケを取らないと思っています。末脚を生かせる流れになるようなら」(中川調教師)。 ◎府中牝馬Sはスローペースの3番手。直線に向き、勝ったクイーンズリングに迫る勢いだったが……。それでも渋太く粘り2着は確保。京都は京都牝馬S2着がありOK。相手は強いがベストのマイルで前進も。
「前走はスタートが一息。外枠ということもあって外を回らざるを得ない結果になりましたからね。それに久々ということもあって、最後は息切れしてしまいました。馬体も戻ってきたし、1度使ったことで息の持ちも違ってくると思います。マイルまでは守備範囲だし、相手は強くなりますが、スタートを決めて自分のリズムで走れるようなら」(鈴木孝志調教師)。 ◎スワンSは思ったほど前に行けず中団から。3角から動き出すが、直線では早くも一杯。サトノアラジンの1.2秒差14着。マイルはOKだが、今回は相手強化で。
「この中間は厩舎に滞在して予定通りの調整ができました。前走が今一息といった状態での勝利。よく走ってくれたと思います。1週前にジョッキーに感触を確かめてもらいましたが、いい動きだったし、今週の動きも良かったですからね。今回は得意としている京都のマイル戦、これを最後に繁殖入りのレースになるので、ここで結果を出せば母としての評価が上りますからね」(大久保龍志調教師)。 ◎エリザベス女王杯をパスして距離適性のあるこのレースに。得意の京都とはいえ、GIではもうワンパンチが欲しいところ。
「新潟記念は間隔を詰めて使ってきた疲れが出たようです。今はリフレッシュの効果でその点は問題ありません。ただ、今回は3歳時以来となる久々のマイル戦。距離自体は心配していませんが、GIでマイルを得意としている強豪が相手ですかからね。レースで一生懸命走る馬ですが、正直、どこまでやれるかでしょう」(白倉調教助手)。 ◎新潟記念は出遅れて後方から。向正面から内を突いて一気に2番手まで上がった時に脚を使ったことと連戦の疲れもあってアデイインザライフの16着と大敗。立て直しての一戦になるが、マイル戦はここ3年使っていないこと、叩いた方が良いことから上位は?
「前走はスローペースで瞬発力勝負になったことが痛かったですね。幸い、ダメージが殆どなかったので馬は元気一杯です。今週の追い切りはラスト1ハロンを要しましたが、全体時計は速かったし、今秋で1番の動きだったと思います。右回りも問題ないので、デキの良さを生かしてどこまでやれるかですね」(橋口調教師)。 ◎天皇賞(秋)は好枠を利して先行したが、4角を過ぎたあたりで手応えが怪しくなり、モーリスの11着。マイル替わりはプラスだが、GIでは荷が重そう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。札幌記念は逃げたことで、次走は折り合い面に気を付けなければいけないことと重馬場でタフな競馬をしたことにより、馬体の回復に時間を要したことでここを使うことにしました。元々が緩急のある流れへの対応が難しいタイプなので、マイルの方が競馬をしやすいと思います。思った以上に馬体の回復が早かったし、1週前の追い切りからグンと動きが良くなってきました。今週のこの一追いで態勢は整ったと思います。折り合ってリズム良く競馬ができることを考えると、むしろマイルはプラスに出るのでは」(堀調教師)。 ◎札幌記念は鞍上のファインプレイにより?逃げ切り勝ち。今回は初のマイル戦、初コース。名手を背にどこまでやれるかといった感。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、向こうでも緩めずに乗っていましたからね。ここまでは順調そのものです。2週に渡って坂路で50秒台をマーク。今週は併せ馬で51秒台でしたが、オーバーワークを避けるためで予定通りです。今回は久々のマイル戦がどうかですが、オーバーペースにならない限りは大丈夫だと思っています。最後に脚を残せるように、自分のペースで行けるかどうかですが、今のミッキーならできるのでは……と思っています」(音無調教師)。 ◎スプリンターズSは迷わずハナ。ゴール寸前まで粘ったがレッドファルクスの強襲にあい、アタマ差の2着。マイルは昨年の安田記念(モーリスの15着)以来。道中以下に折り合うかがカギになりそう。
「先週CWでシッカリと負荷をかけてあるので、今週は坂路でラスト重点。ここにきて弱さが解消し、素質に体が追い付いてきた感じ。前走がスローペースだった割に最後はいい脚を使ってくれたし、道中の折り合いもスムーズだったように精神面の成長も窺えます。相手は強くなりますが、能力的にGIでも通用する馬だと思っています」(田代調教助手)。 ◎3か月振りの富士Sは殿から。直線勝負に徹し、最後は最速の末脚でヤングマンパワーの0.3秒差まで押し上げた。破壊力は十分で展開がハマるようなら。
「前走から間隔が詰まっているので、追い切りは単走で馬ナリですがこれで十分だし、1度使ったことで気合の乗りも良くなってきました。この舞台には実績があるし、馬場状態も問わない馬。今回は乗り慣れたジョッキーに替わる点もプラス材料ですからね。内めの枠を引いて前にカベを作れるようなら……と思っています」(浜田調教師)。 ◎スワンSは後方で脚を温存。直線に入って少し窮屈になるシーンはあったが、追われてからの伸びは案外。叩き2走目の上積みが見込める今回、展開の助けがあれば出番も。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。