IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年2月7日(日)

11R

2016年2月7日(日) | 2回京都4日 | 15:35発走

第56回きさらぎ賞(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「元々それほど調教で動く馬ではありませんからね。状態自体は変わりなくきています。小柄な馬なりに少しずつ成長しているし、良馬場の軽い芝でレースができれば……と思っています」(西村調教師)。 ◎ダートから芝に戻しての一戦だが、成績的にここでは苦戦か。
「日曜日にもやってあるので、今日は反応を確かめる程度。とはいえ、あまり調教駆けしない馬にしては動いたと思います。完成するのは先だと思いますが、デキは上々だし、このメンバーを相手に今の時点でどこまでやれるかを見てみたい一戦ですね」(高野調教師)。 ◎シクラメン賞は中団から。シッカリ脚をタメて外から来たフロムマイハートをゴール前でハナ差交わす。上り最速(33秒1)、馬体増(+10キロ)も◎で追って味アリ。
「先週長めからやってあるので、今週はラスト重点。道中は我慢が利いていたし、動きも良かったですよ。とにかく、順調にきていることは何よりです。デビュー戦こそ(サトノダイヤモンドに)負けていますが、良馬場になるのはプラス材料。この馬も成長しているので、どこまで差を詰められるか……、この馬の競馬をして頑張って欲しいと思っています」(松永幹夫調教師)。 ◎福寿草特別は後方から。スローペースで掛かる面もあったが、直線外に出してからは一気の伸び。差は僅かでも強い勝ち方。粗削りな面に課題を残すが素質は感じる。
「この馬場でこれだけ動けば上々でしょうね。本当にいい動きをしてくれました。心身ともにまだ子供っぽいですが、前走で逃げ切ったレースの内容が良かったですからね。自分でレースを作れる点は有利な材料だし、京都に替わる点もプラス。重賞でもやれるモノは持っていると思うので楽しみです」(須貝調教師)。 ◎好スタートからハナ。スローペースに落とし、上り33秒8で2着に2馬身半差を付けて逃げ切り勝ち。馬体に余裕があり、上積みは十分。2着のミッキーロケットが次走未勝利Vなら。
「連闘になりますが馬は元気一杯ですね。相手は強いですが、この距離で勝っているし、馬場が渋って少しでも時計を要するようなら……」(日高調教助手)。 ◎昇級後は重賞に挑戦してきたが結果はサッパリ。狙い目は立たず。
「一息入りましたが、入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。今日も指示通りの追い切りができましたからね。キャリア1戦で重賞挑戦は厳しいですが、今後に向けてメドの立つ競馬を……と思っています」(松田国英調教師)。 ◎新馬戦をスローペースから上りの競馬に持ち込んで逃げ切り勝ち。稍重にしても時計が平凡。このメンバーが相手では。
「連闘になるので追い切りは軽めですが、疲れはなく順調そのものです。ダートで勝っていますが、軽い走りをするので芝も問題はないと思います。ただ、今回は相手が揃っていますからね。どこまでやれるかでしょうね」(日高調教助手)。 ◎相手が強いうえに良績がない芝では。
「時計は遅かったですが、前走からそれほど間隔が開いていないし、先週もやってあるのでこれで十分でしょう。前走は勝負所で窮屈になるシーンがあっての3着。今回は重賞で相手は強くなりますが、メドの立つ競馬を……と思っています」(音無調教師)。 ◎寒竹賞は行きたがるのを抑えて中団。スムーズさを欠く競馬だったが、外に出すとそれなりに伸びて3着。着順はともかく、内容としては強かった。
「先週やっているので、今週サラッとは予定通りです。ここまで順調に調整ができたし、馬に落ち着きがあることは何よりです。ディープ産駒にしては無駄な力を使わないところがこの馬の長所。良馬場で競馬をするのは今回が初めてですが、その点は心配ないと思います。これからクラシックに向かっていくためにも好レースをして欲しい、そう思っています」(池江調教師)。 ◎坂下から仕掛けると一味違う脚で2着に3馬身半差を付けて楽勝の前走。ラスト3ハロンが11秒8-11秒5-11秒3と速くなっている点も素晴らしく、物が違う印象。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。