IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年1月5日(火)

11R

2016年1月5日(火) | 1回京都1日 | 15:45発走

第54回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「間隔が詰まっているので追い切りはサラッとですがこれで十分。前走後も順調にきていますからね。距離に実績はありませんが、折り合いさえ付けば距離自体は問題ないと思います。53キロは魅力だし、流れが向いてくれるようなら」(宮調教師)。 ◎ここ一連の成績から重賞では厳しそう。
「暮れの追い切りの動きが良かったし、一戦毎に状態は上向き。距離は少し忙しいけど、良績がある京都に替わる点はプラス材料。後は自分のリズムで走れるようなら……ですね」(河内調教師)。 ◎今回も逃げてどこまで粘れるかだろう。
「追い切りはそれほど動く馬ではないのでこれで十分でしょう。昇級初戦で重賞の前走が期待以上の走りを見せてくれたし、6歳の秋を迎えて更にパワーアップした感があります。京都にも良績があるし、距離短縮も問題ありません。再度54キロなら前走以上の走りを期待したいですね」(手塚調教師)。 ◎昇級初戦だったチャレンジC(GIII)で少差の3着と力を付けていることは確か。マイルも京都も問題はなくフロック視は危険。
「休み明けより使った方がいい結果を出しているように追い切りの動きがよく、動ける態勢になってきましたね。阪神に良績が多い馬ですが、広い京都の外回りなら問題はないと思うし、距離が短縮される点もプラス。53キロのハンデを味方に前進を期待したいですね」(角田調教師)。 ◎チャレンジCは先行崩れのレースだったとはいえ、スローペース。マイルはOKだがオープンではクラス慣れが必要かも。
「色々と試行錯誤をしていますが、結果が出ない状況続き。この中間は障害を取り入れる調教で精神面の調整をしています。55キロのハンデは楽ではありませんが、調教の効果が実戦に反映されるようなら、と思っています」(飯田祐史調教師)。 ◎色々と試行錯誤をしているが結果が出ない状況。得意の京都に替わる点はプラスでも、一変までとなると……。
「前走後も順調そのものです。今なら距離が延びた方がレースをしやすいと思うし、今回はハンデ差がありますからね。重賞でも十分やれると思うし、末脚を生かせる外回りもプラスに出ると思うので楽しみはありますよ」(橋口調教師)。 ◎タンザナイトSは危うく3着というシーンの2着。それを考えるとマイルに延びる点がどうなのか……気になるところ。
「今回が休み明け3走目。元々が使ってよくなるタイプだし、思惑通り状態はアップしています。ハンデの53キロも有難いし、直線が平坦の京都に替わる点もプラス材料。前々で自分の形で競馬ができればチャンスはあると思いますよ」(新谷調教助手)。 ◎リゲルSは追われてからの伸びが案外。坂がある阪神より軽い馬場の京都(4勝全てが京都)に替わる点は◎で見直しは必要。
「短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。前走は周りが速くて出していく形を取ったことで、馬が力んで走ってしまった分、最後は伸び切れませんでしたね。ハンデは少し見込まれましたが、マイルは守備範囲。ジワッと出して自分のリズムで走れるようなら」(野中調教師)。 ◎京阪杯はサトノルパンの5着。多少追い出しを待たされるシーンはあったが、伸び負けの格好。2勝をあげているマイルと京都替わりで一押しが利くようなら。
「暮れにシッカリやってあるので今日はラストをサラッとですが、いい動きでしたね。トモに緩さがある馬ですが、それも以前に比べると大分しっかりしてきました。今回はマイルに延びますが、前走のように脚をタメる競馬をしてどこまで弾けるかですが、重賞でも善戦している馬。今回も上手に対応できるようなら楽しみですね」(安田調教師)。 ◎スワンSはやや余裕残りだったが、差す競馬でアルビアーノの3着と中身の濃いレース振り。ベストは1400mでマイルに対応できれば。
「時季的なものなのか馬体が絞り切れないし、毛ヅヤももう一つ。追い切りでも体が伸び切って走っている感じがありますからね。能力的には十分上位争いが可能な馬ですが、京都は阪神に比べて内にモタレる面も……。今回はこの馬の能力に期待というところですね」(中山調教助手)。 ◎実績的には上位を狙える存在だが、京都は一息に加え、暖かい時季に良績。冬場はどうか。
「変則連闘になるので追い切りは軽め。前走は8着でも大きく負けていないし、7歳になっても衰えはありません。マイルに替わる点も京都コースも問題ありませんが、それほど馬格がある馬ではないのでトップハンデの57.5キロがどう出るかでしょうね」(渋田調教助手)。 ◎阪神Cは後方から差を詰めたのみの8着。マイルは問題ないが、やや勢いが薄れた感も。
「マイルCSは外傷を負ったために自重し放牧に出しましたが、回復は早かったですからね。その後はこのレースを目標に調整してきました。帰厩後は順調に乗り込めたし、先週ビシッと追ったことで気持ちも入ってきています。金杯は2年連続して好走している相性がいいレースだし、今年も期待しています」(岸本調教助手)。 ◎京成杯AH以来で久々がどうかだが、2年前にこのレースを勝った時が毎日王冠以来を考えれば心配なし。京都のマイル戦は崩れない馬で7歳でも元気一杯。侮りは危険。
「前走後は放牧に出してリフレッシュを図りました。帰厩後はここを目標に順調に乗り込んできたし、足元の心配もありません。実績から能力は上位だし、良績がある京都。マイルへの対応がカギになりそうですが、うまく対応できれば楽しみです」(友道調教師)。 ◎長期休養明けを一叩き。マイルは少々忙しい感は否めないが、実績十分で無視までは。
「連闘の形になるので追い切りは軽めですが、既に体はできているし疲れもないので大丈夫。今回はハンデ戦で57キロと楽ではありませんがマイルは問題ありません。京都にあまり良績はありませんが、前々でスムーズな競馬ができれば」(小栗調教助手)。 ◎阪神Cが負け過ぎの感は否めないが、マイルに替わる点は案外プラスに出るかも。ただ、コース的には阪神向きで京都はやや割引か。
「菊花賞は外傷のアクシデントに加え、他馬に途中から来られて折り合いを欠くシーンもありましたからね。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができたし、追い切りの動きも上々。距離短縮・京都替わりは共に好材料だし、ハンデも手頃。できれば内めの枠を……と思うけど、折り合いさえ付けばここでもやれていいと思いますよ」(五十嵐調教助手)。 ◎今までは距離が長かったことが敗因。ベストはマイル〜1800m。一昨年のデイリー杯2歳S(京都・GII)を勝った舞台に戻れば侮れない存在。
「年末に追い切ってあるので今日はセーブ気味ですが、いい動きだったし背腰の感じもいいですね。前走でマイルにも対応できたし、今回も前走と全く同じ舞台。ハンデの57.5キロは想定内だし、マイル2戦目の慣れが見込める今回は楽しみですね」(兼武調教助手)。 ◎ベストは1800mだが、京都は4勝をあげているコース。GIIIなら軽くは扱えないか。
「追い切りの動きは悪くありませんが、再転入後の2戦がもう一つ。明けて9歳、大幅な上積みはどうかと思うし、52キロの斤量を生かしてどこまでやれるかでしょうね」(中村調教師)。 ◎中央再転入馬で戻ってからの2走がサッパリ。9歳馬で上積みも疑問。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。