sportsnavi

2016年3月27日(日)

11R

2016年3月27日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第46回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9800、3900、2500、1500、980万円 |

「先週もやっていますが、今週の動きも言うことありませんでしたね。初重賞だった前走で僅差の3着と善戦してくれたし、今回はGIで更に相手は強くなりますが1度使った上積みが見込めますから。末脚を生かせる展開になるようなら楽しみはあります」(北村調教助手)。 ◎オープン入り2戦目にして初の重賞挑戦となった阪急杯、先行策から渋太く粘り込んでミッキーアイルの0.1秒差3着と好走。とはいえ、今回はGIで相手は強化。距離も1400mがベストで。
「前走は減った体が戻った点は良かったのですが、逆に少し余裕がありましたね。それに流れも向かなったし……。1度使ったことで動きが素軽くなってきたし、今日の坂路の動きも良かったですよ。東京で重賞(クイーンC)を勝っているように直線が長いコースは合っているし、洋芝の重賞(キーンランドC)を勝ったようにパワーを要する馬場も走る馬。それを考えるとタフな中京コースは合うと思います。後はペースが速くなって末脚を生かせる展開になってくれれば……」(菊沢調教師)。 ◎京都牝馬Sは休み明けと馬場、そして距離が敗因。叩き2走目、得意の距離で巻き返しに注目。
「香港遠征後は疲れを取るために放牧に。帰厩後は順調に調整ができたし、先週の坂路で1番時計を出したようにシッカリ負荷をかけることができたので、今週はラスト重点の追い切り。8歳になりますが体が若いし、精神面の成長も窺えます。後は輸送をクリアして、同じ休み明けだったスプリンターズS(2着)の時のような走りができれば、と思っています」(尾関調教師)。 ◎香港スプリント12着以来の挑戦。スプリンターズSでストレイトガールの2着があり、格負けはしないが、中京はもう一ついう点と、時計勝負では分が悪い点がネック。
「前走後にオーシャンSを使うプランもありましたが、疲れを考えて回避。放牧に出しました。その甲斐があって減った体も回復したし、疲れも取れましたからね。最終追い切りも自分が思い描いた通りにやれたし、馬体の張りも言うことナシ。この舞台は昨年の高松宮記念と同じ日に走って、(勝ったエアロヴェロシティと僅か0.1秒違い)差のない時計で勝っていますからね。GIでもスムーズな競馬で力を出し切れば差はないと思います」(藤岡調教師)。 ◎断然の1番人気に推されたシルクロードSだったが、馬場と大外枠が応えて5着と初めて馬券圏内を外す結果に。といえ、今回は今まで以上の強力メンバーが相手で……。
「前走は休みが長かったことで、正直なところ半信半疑でしたが、最後はよく伸びてくれたし、力のあるところを見せてくれました。先週ある程度やってあるので、今週はラスト重点でしたがいい伸びで脚でしたね。1度使ったことで素軽さが出てきたし、左回り(新潟開催のスプリンターズSをV)も合う馬。このレースも一昨年、不良馬場でしたが2着と好走していますからね。少しでも時計がかかるようならチャンスはあると思います」(高木調教師)。 ◎1年3か月振りの出走だったオーシャンSは後方から大外一気の3着。走破時計も更新と力があることを証明。一昨年の2着馬であり、叩き2走目の今回は目が離せない存在。
「全休日明けに追い切ったのは、今回はGIということでシッカリ負荷をかけたかったし、いつも通りのレース当日まで中3日のパターンを守りたかったから。まさか50秒を切る(49秒7)とは思いませんでしたが、時計が出やすい馬場だったこともありますからね。今回は1200mということで同型との兼ね合いや枠順の問題等があるので何とも言えませんが、休み明けを1度使った上積みはありますからね。五分のスタートで行かせればこの馬が一番は速いのでは……。昨年のこのレースが雨降りで3着だったので、今年は是非、良馬場でレースをさせてあげたいですね」(音無調教師)。 ◎休み明けの阪急杯を逃げ切り勝ち。昨年のこのレースが4着。距離は問題ないが、時計をどこまで短縮できるかがポイントになりそう。
「前走後は放牧には出さず、在厩して調整。1週前にCWでやった動きは悪くなかったし、今週の動きもマズマズでした。中京コースも問題ないし、GIで相手は強くなりますが、ゲートを決めて持ち味の末脚を生かせる展開になればやれてもいいと思います。そのためにも是非、良馬場でやりたいですね」(村山調教師)。 ◎トップハンデだったシルクロードSは出負けしたがジリジリと差を詰めての6着。馬場と斤量が応えたようだ。良馬場ならもっとやれても不思議はない馬。
「前走は直線で他馬と接触したことにより体を捻ったため、筋肉痛から左のトモを跛行したため、放牧に出して治療をしました。帰厩後の15日に追い切って、体のチェックを行いましたが、問題ありませんでした。今週の追い切りも予定通りに済ませることができたし、動きも良かったのでホッとしています。前走のレース内容から直線が長い中京は合うと思います。スムーズな競馬ができれば楽しみですね」(木村調教師)。 ◎オーシャンSは大外枠に加え、直線で窮屈になる不利。『スムーズなら突き抜けていたかも』とルメール騎手のコメントから距離2走目の今回は要注目。
「阪急杯からここは予定通りのローテーで思い通りの調整ができています。先週坂路で追った動きが良かったし、今週も馬ナリでしたが、ラストはいい伸びをしていましたからね。1度使った分の上積みは十分見られます。中京コースも問題ないし、相手は揃っていますが、今回は得意の距離ですからね。決め脚を生かせる展開になるようなら」(西浦調教師)。 ◎阪急杯を叩いての参戦。距離短縮はプラスだが、昨夏の北海道以降が案外で一変までは。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。この中間はプール併用でシッカリ負荷をかけてきたし、先週長めからビシッと追い切ってあるので、今週はラストを伸ばす程度ですが、いい動きでした。理想はハナですが、今回は同型馬が結構いますからね。戦術は枠順などを考えてのことになりますが、とにかく最後まで集中して走ってくれるようなら」(北出調教師)。 ◎シルクロードSはハナを切れずにシンガリ負け。今回は定量戦で57キロになるうえに、相手も強化。上位までは?。
「今日は思った通りの追い切りができました。仕上がりに関しては何も言うことはありません。前走はラストは甘くなったとはいえ、最後まで頑張っていましたからね。短距離の適性は見せてくれたと思います。今回は更に1ハロン短くなりますが、前走の競馬内容から判断して対応は可能だと思います。GIで相手は強化されますが、どんな走りを見せてくれるか楽しみにしています」(梅田調教師)。 ◎2番手に控えた阪急杯が意外に粘りを欠いて6着。今回は初の1200m。速い馬が揃っている今回、楽な展開になるかどうか……。
「前走後は短期放牧に。いい雰囲気で帰ってきたし、すっかりリフレッシュができていました。1週前に坂路で好時計をマーク。シッカリ負荷をかけた追い切りを済ませてあるので、今週はジョッキーに乗ってもらって感触を確かめてもらう程度でしたが、いい動きでした。今回も去年連勝した時と同じパターン(安土城特別・芝1400m→CBC賞・芝1200m)だし、牡馬混合でも斤量は55キロになりますからね。中京は2戦2勝と相性がいいので、頑張って欲しいですね」(田代調教助手)。 ◎京都牝馬Sは道悪+57キロの斤量も影響しての5着。距離短縮は問題なく、得意の中京(2戦2勝)と距離で改めて。
「前走から中2週になるので、馬ナリの調整ですが、反応が良かったし、高いレベルで好調をキープしています。前走は全てがうまく噛み合った感じですが、坂をこなしてくれたし、決め脚を生かせたことも収穫だったと思います。左回りは問題ないし、同じ鞍上で臨める点もいいと思います。ハイペースが予想されるので、道中をリラックスさせて走らせ、一瞬の脚を生かすことができればここでもヒケは取らないと思います」(野中調教師)。 ◎オーシャンSは今までの詰めの甘さが嘘のような末脚で快勝。坂も無事にクリア。初コースに加え、GIで相手は強くなるが、一皮剥けた今なら無視はできない。
「GIということでいつもより早めに帰厩。その分シッカリ乗り込めましたからね。GI仕様の調整ができたし、本当にいい状態で臨めると思います。今回はテンに速い馬が揃って先行激化が予想されることで、折り合いに課題があるこの馬にとっては理想の流れになりそう。相手は揃いますが、デキの良さを生かして頑張って欲しいですね」(白倉調教助手)。 ◎シルクロードSは出負けして流れに乗れず。GIではやや格負けするが、時計を要するようなら。
「先週坂路で自己ベストをマークしているので、今日はテンションを上げないようにサラッとやりましたが、いい感じでしたね。前走が交わされてもバタッとこないでよく粘ってくれたし、収穫の大きいレースでした。一戦毎の体重増にともなって結果を出しているように、それが筋肉となって逞しくなっているのは何より。今回は強力な同型馬がいますが、押さえると嫌気を差す面があるので今回もこの馬の競馬をするだけですね」(飯田雄三調教師)。 ◎ハナを主張したシルクロードSがダンスディレクターの2着。重賞でもやれることを証明した一戦。今回は強力な同型の存在がキーポイントで、今までのような競馬ができるかどうか……。?符も付きそうだ。
「前走から中2週なので在厩調整。前走は直線で挟まれる不利。幸いダメージはなかったし、力を出し切っていないので疲れもありません。中京コースは実績があるし、GIで相手は強くなりますが、昨年のスプリンターズSでもそれほど負けていませんからね(0.5秒差8着)。スムーズな競馬で末脚を生かせる展開になれば……と思っています」(浅見調教助手)。 ◎オーシャンSはシンガリ負け。ここ一連の成績からやや翳りが出てきた感も。
「追い切りの動きは良かったですね。芝のレース経験は浅いけど2走前のレースで32秒台の脚を使っていますからね。適性はあると思います。パワーがあるので力の要る馬場は合うと思いますが、今回はGIで相手が揃っていますからね。挑戦者という気持ちで臨みます」(昆調教師)。 ◎芝に戻してからの2走が7、8着。適性がないワケではないが、走破時計に注文。適度に時計を要する馬場にならないと上位までは……。
「前走は今までと違い、ソフトな仕上げに調整方法を替えたことが良かったのか、馬の雰囲気が変わっていました。今回も1週前にラスト1ハロンが11秒7と上りを伸ばす追い切りができたし、動きも良かったですよ。今週も予定通りの追い切り(ラスト重点)ができたし、いい状態で臨めます。今回は同型の存在が気になるところですが、行ってこその馬。1完歩目の出は遅いけど、ダッシュが付く2完歩目からが速い馬。それを考えると、スムーズに運べる外めの枠がいいかもしれませんが、ゲートを決めて自分の競馬ができれば」(西園調教師)。 ◎久々のオーシャンSが前半3ハロンを32秒7のハイラップを踏んでの2着。昨年のこのレースはエアロヴェロシティの僅差の2着。叩き2走目の今回は要注目。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。