2016年12月11日(日)

11R

2016年12月11日(日) | 5回中山4日 | 15:20発走

第9回カペラステークス(GIII)

ダート・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

「前走はいつも以上に馬が大人しく、レースでも折り合いが付いていました。以前にもそういう気配で伸びを欠いたことがあったので、敗因は体重増ではなく気持ちの問題にあったと思います。追い切りの感じからいい仕上がりで出走できるし、右回りの1200mも問題ないと思うので、後はレースにいってスイッチが入ってくれれば」(天間調教師)。 ◎武蔵野Sは逃げるタガノトネールの3番手を追走も、追い出してからの伸びは案外。重馬場で時計が速かったこともあるが、完調には一息だったのかも。今回が叩き3走目。中山は初だが自分のリズムで走れるようなら。
「昨年と同じローテーションでここに。ここまでの調整過程は順調そのものだし、追い切りの動きも良かったですからね。相手は強くなりますが、少しでも上を目指して頑張って欲しいですね」(小久保調教師)。 ◎元中央所属馬だが、一連の成績からは狙い目は立たない。
「体の方は既にできているので、追い切りは馬ナリですがこの程度で十分でしょう。中央のメンバーを相手にどこまでやれるかですが、スピードはある馬。自分の形で競馬ができるようなら」(米田調教師)。 ◎交流重賞の東京盃(JpnII・ダート・1200m)でドリームバレンチノの2.5秒差13着では厳しいだろう。
「前走の韓国での競馬は飼い葉食いが悪かったですからね。それでも3着と頑張ってくれました。8歳でも馬は若いし、状態面も今回の方がいいので楽しみです」(安田調教師)。 ◎コリアスプリント(LGI・左回り・ダート1200m)は後方から。直線で差を詰め、4馬身半差でスーパージョッキーの3着と8歳でも衰えは感じられない。右回りのこの距離は大井(JpnIII・東京スプリント)でコーリンベリーの2着があり、中山もOK。
「前走後も変わらずにきているし、ここまでは順調そのものです。距離短縮はプラスだと思うし、重賞とはいえ、オープンも2戦目。スムーズな競馬ができるようなら」(矢野英一調教師)。 ◎昇級初戦の霜月S(54キロ)は逃げたサンレーンの2番手を追走も、直線の入り口で早くも手応えが怪しくなり15着。クラス慣れが先決と言えそう。
「前走でもよく頑張っています。相変らず馬は元気だし、力を出せる状態にあるので、もう一押しが利くようなら……と思っています。中山にも良績がありますからね」(岩元調教師)。 ◎オータムリーフSは離れた3番手を追走。残り1ハロンで先頭に立ったが、ラスト100mでエイシンバッケンに交わされ4着も復調を窺わせる内容。中山は勝ち鞍があり、そろそろ警戒が必要か。
「放牧明けになりますが、ここを目標に乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。昇級戦だった前走が厳しい展開でしたが最後は盛り返してきていますからね。今回がオープン2戦目、初めての距離になりますが前々でスムーズな競馬ができれば……と思っています」(村山調教師)。 ◎準オープンを連勝して臨んだプロキオンSは2番手を追走も、外からノボバカラに被されて後退したが、最後はバテずに盛り返して6着。今回はオープン2走目になるが、この距離でスンナリ行けるかどうかがカギ。ただ、どちらかと言うと叩き良化型かも。
「前走後は夏負けの影響もあってレース間隔を開けましたが、調整は順調にすすんだことで出走に漕ぎ着けました。相手は揃いますが、いいモノを持っているので、どこまでやれるか楽しみはあります」(小久保調教師)。 ◎元中央所属。中山に良績がない上に、成績は悪くないが一戦毎の馬体減。能力的にも中央の重賞では。
「寒い時季は体調がいいようですね。休み明けの前走を好走した反動は見られないし、状態は引き続き良さそうです。今回も前走と同じ騎手の騎乗になるし、初めてのこの舞台もこなしてくれると見ています」(吉村調教師)。 ◎霜月S(57.5キロ)は好位のイン。直線は少し窮屈になったがジリジリと脚を伸ばしてラストダンサーのアタマ差2着。東京のダート1400mは実に堅実。今回は以前に1回しか走ったことがない中山。その点がカギになりそう。
「前走から中1週になるので追い切りは馬ナリですが、これで十分でしょう。動き自体は悪くありませんからね。前走は不良馬場に加えて出負けが応えましたが、スタートを決めて流れに乗った競馬ができれば」(萩原調教師)。 ◎オータムリーフSは1枠1番も痛恨の出遅れ。後方のまま見せ場も作れずにエイシンバッケンの13着。中山はオープン特別勝ちがあり、巻き返しに期待。
「前走後は疲れを取るためにリフレッシュ放牧。帰厩後は順調に乗り込めたし、今日の追い切りもモタれることなく真っ直ぐ走れていましたからね。いい状態で出られそうです。右回りの方がスピードの乗りがいいし、1200mでもやれると見ています」(庄野調教師)。 ◎オーバルスプリント(JpnIII)は3番手を追走も追い出してからの伸びがイマイチ。初コースだったことが影響したのかも。右回りの当該距離は京都で天王山S(オープン)を勝っているので問題ナシ。好位でスムーズに運べれば。
「前走から中1週なので追い切りは息を整える程度ですが、これで十分でしょう。中山には実績があるし、前々でリズム良く運べるようなら見直せても」(笹田調教師)。 ◎オータムリーフSは好位を追走も勝負所での手応えはイマイチ。ジリジリと後退してエイシンバッケンの14着。敗因は?だが、中山には良績があり、この一戦で軽視は危険。
「前走後は在厩調整。この中間は左前肢に軽い不安は出ましたが、1週前にシッカリやれたので問題はないと思います。ただ、今回は重賞で相手関係が違うし、今週の動きが重く感じたので……」(古賀史生調教師)。 ◎5か月振りの室町S(56キロ)は中団の後ろ。久々のためか仕掛けてからの反応が鈍く、ジリジリと後退し、ブルドッグボスの12着。コース替わりはプラスで叩き2戦目の今回は前進可能。
「前走は枠順の差で外々を回る結果に。力負けとは思っていません。この中間も硬さは見られないし、好調を維持。中山は初めてで、芝スタートも未知な面はありますが、右回りでは結果を出していますからね。斤量は問題ないし、何とか賞金加算を、と思っています」(小野調教師)。 ◎JBCスプリント(JpnI・ダート1400m)は大外枠ということもあって、1枠からハナを主張したダノンレジェンドを行かせて先行策。それでも最後まで渋太く脚を使って3着と控えても崩れなかった点は評価できる。中山は初でもハナを切れるようなら。
「以前からデキの良い時にダートを1度試したかったんです。追い切りで動く馬だし、幸い、今は状態面はいいですからね。ダートの適性があればアッサリのシーンがあっても……と思っています」(野中調教師)。 ◎スワンSは1枠1番も出が一息で前に行けず後方から。直線で差を詰めたのみの平凡な内容でサトノアラジンの10着。今回は初ダートになるが、アメリカの血統なら問題はないハズ。砂を被らずにスンナリ行ければ。
「休み明けになりますが、入念に乗り込んできましたからね。今日の追い切りは単走でしたが、これだけ動いてくれれば十分でしょう。今回は中央の強敵が相手で楽なレースはどうかと思いますが、どこまでやれるものかを見てみたいですね」(林調教師)。 ◎距離適性はあっても持ち時計的には厳しく、上位までは疑問。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。