IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年12月3日(土)

11R

2016年12月3日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第50回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「放牧明けになりますが、寒い時季がいい馬で毛ヅヤはいいし、動きも上々です。中山も問題ないし、この距離なら自分の競馬もできそうですからね。距離は少し長い気もしますが、前々で運んでどこまでやれるかでしょう」(杉浦調教師)。 ◎オールカマーは他馬が速く離れた4番手を追走。道中もスムーズに運べたが、上位組とは力の差が出た感じでゴールドアクターの10着。今回は初距離になるが、血統面からはOK。後は力関係。
「追い切りの動きは良かったですね。高速決着だと分が悪いので、馬場状態の助けは必要かもしれませんが、スタミナはあるので距離は歓迎です」(高橋祥泰調教師)。 ◎オープン入り後の2戦が8、10着。現状はクラス慣れが必要か。
「前走は脚部不安による放牧明けで正直、半信半疑でしたがよく走ってくれました。幸い使った反動は見られないし、追い切りの動きも良かったので不安材料は見当たりません。昨年のこのレースが強い勝ち方だったし、いい状態で臨める今年も楽しみです」(橋本調教助手)。 ◎アルゼンチン共和国杯(57キロ)は1角で他馬と接触する不利も中団でスムーズに折り合う。直線は勝ったシュヴァルグランの外に出し、ゴール寸前でヴォルシェーブを交わして2着。休み明けを叩いた上積みが見込める上に、昨年勝ったレース。連覇の可能性も十分。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。今日の追い切りは時計を要しましたが、先週シッカリやってあるので問題ありませんよ。状態はいいし、元気もありますからね。前々で持ち味の渋太さを生かせるようなら」(南井調教師)。 ◎京都大賞典は押して出して行くが、他馬が速く中団を追走。自分の競馬ができなかったことでキタサンブラックのシンガリ負け。中京は初だが左回りは問題ナシ。ここも自分の競馬ができるかどうかがカギ。
「1度叩いたことで息遣いが良くなったし、今日の追い切りもいい動きをしてくれました。前走は1コーナーで不利があった上に、馬込みに入れず折り合いを欠く結果に。馬群に入って前にカベを作れるようならこの距離もこなせると思います」(武藤調教師)。 ◎アルゼンチン共和国杯(54キロ)は1角で他馬と接触したことで力んでしまい、ラストの伸びを欠く結果に。今回がオープン入り3戦目になるが、重賞ではもうワンパンチ。
「ジャパンCを自重してこのレースを目標に調整してきたので仕上がりはいいですよ。この距離は初めてですが、適性はあると思うので問題はありません。休み明けになりますが楽しみはありますね」(藤沢和雄調教師)。 ◎丹頂Sは発表こそ良でも馬場は緩め。折り合って中団を進み、直線もジリジリと差を詰めてきたが、上位2頭とは3馬身差の3着。パンパンの良馬場なら違ったかも。昨年のジャパンC4着の成績から、重賞でもやれる力はありそう。
「前走後は放牧を挟みましたが、今日の追い切りは動き・反応ともに良かったと思います。休み明けを1度叩いた上積みは見込めるし、長丁場を得意としている鞍上の手腕にも期待したいですね」(荒川調教師)。 ◎5か月振りの京都大賞典は離れた殿から。直線で挟まれる不利はあったが、もう脚もなく、キタサンブラックの9着。このレースは一昨年2着、昨年は7着だが、スタミナは豊富。消耗戦の形になるようなら。
「併せた相手が思ったほど動きませんでしたが、この馬自身はシッカリとやれましたからね。その点は問題ありません。前走は馬場の悪い内を走らされた割には少差の4着と頑張っていたので、あの結果に関しては悲観していません。この距離は何とも言えませんが、右回りの方がスムーズなので、前進は可能だと思います」(手塚調教師)。 ◎3か月振りのアルゼンチン共和国杯(56.5キロ)は好位のイン。折り合いもスムーズで、ラスト1ハロン手前から馬群を割って抜け出してきたが、最後で甘くなりシュヴァルグラン0.2秒差4着。力を付けていることは確かで、叩き2走目の今回は要注目。
「休み明けの前走を叩いてここが目標にしていたレース。折り合いの不安がなく、ストライドが大きいので距離の延長も合うと思います。上積みが見込める今回は楽しみですね」(佐藤調教助手)。 ◎アンドロメダSを叩いての上積みは見込めても、重賞ではもうワンパンチの感は否めず。
「今回は去勢明けの一戦になりますが、ここまで入念に乗り込んできたので仕上がりは悪くありません。今週の動きもマズマズでしたからね。ただ、去勢明けということで、どんな競馬をしてくれるのか……、その点は何とも微妙ですね」(萩原調教師)。 ◎約8か月振りのレース。オープン入り後の成績が7、6、11着ともう一つ。久々も割引で今回は様子見が妥当か
「今回は坂路での追い切りに切り替えましたが、動き自体は良かったと思います。年齢的に大幅な変わり身はどうかと思いますが、このレースは昨年4着と走っているので距離は問題ないでしょう」(田中清隆調教師)。 ◎アルゼンチン共和国杯(54キロ)はスローペースの2番手を追走も、上りの決着になり14着。今年もここ3年と同じローテーション。昨年はアルバートの4着だったこのレース、時計と上りを要するようなら。
「ダートの調教は動く馬ですからね。休み明けですが仕上がり自体は悪くありません。ただ、年齢的に上積みはどうかと思うし、別定戦になる点もどうなのかと思っています」(田中清隆調教師)。 ◎丹頂S(48キロ)は後方のままで見せ場すらナシ。今年10歳という年齢から変わり身も望み薄。
「休み明けの前走を使った反動は見られないし、今日の追い切りも我慢が利いてリズムよく走れていましたからね。このレースは昨年2着と好走しているし、今回も道中の折り合いさえ付くようなら最後はキッチリと伸びてくれますから」(池上昌和調教師)。 ◎天皇賞(秋)は出遅れて後方から。直線もこの馬なりに脚を使っていたが、伸び負けた格好でモーリスの13着。相手が強かった!の一言。昨年のこのレースがアルバートの2着。叩き2走目の今回は要注意。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。