競馬 - ダービー卿チャレンジトロフィー - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年4月3日(日)

11R

2016年4月3日(日) | 3回中山4日 | 15:45発走

第48回ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「小倉を使った後は2週間ほどノーザンFしがらきに放牧に出して再入厩。それほど変わった印象はありませんが、この中間は順調に調整ができています。前走の小倉戦が時計も速かったですが、強い勝ち方でした。最近は以前に増して切れる脚が使えるようになってきましたね。それだけ馬が成長しているし、今回は相手が強くなりますがハンデ戦で54キロ。流れに乗った競馬ができればここでもチャンスはあると思います」(橋本調教助手)。 ◎6戦4勝とまだ底を見せていない魅力がある馬。南半球産ということで、これからどんどん成長していくことは確実。先行力も兼ね備えており、ハンデも重くはならないだけに要注目の1頭。
「一息入りましたが動きは良かったし、いい仕上がりで出られそうです。ここにきて精神面の成長が見られるし、中山にも実績がありますからね。展開が向くようなら可能性も……と思っています」(西浦調教師)。 ◎前走はスローペースで前残り。当舞台は昨年のNZT3着があり問題ナシ。適度に流れるようなら。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。ここまでは変わりなくきています。とは言っても、これだけ結果が出ていない状況が続いていますからね。何とかキッカケを掴んで欲しいんですが……」(矢作調教師)。 ◎近走がもう一つパッとせず。ハンデにも恵まれない状況では。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は既に長めを3本追い切って、シッカリ負荷をかけました。今日の追い切りの動きも良かったですよ。元々が叩き良化型なので、休み明けがどう出るかですが、仕上がりの良さを生かして次に繋がるレースを……と思っています」(橋口調教師)。 ◎重賞を6勝、そのうちの5勝がマイル戦と得意の距離だが、一昨年の9月、新潟で行われた京成杯AHを勝って以来、連対なし。それに典型的な左利きで中山は割引か。
「前走で落馬をした際に外傷を負いましたが、放牧先でチェックをしてもらった結果は異常なしとの診断。不幸中の幸いでした。レースから逆算して1週前に帰厩し、先週ジョッキーに乗ってもらって長めから追って感触を確かめてもらいましたが、いい動きでしたね。今日の坂路の動きも良かったし、いい状態で出られます。坂がある中山は合いそうだし、先々のためにもここで賞金加算を……と思っています」(吉村調教師)。 ◎東京新聞杯は落馬で中止。その時に負った外傷の影響が気がかりだが、マイル戦は前走とシンザン記念4着以外は全て連対。初コースになるが急坂がある阪神で3戦3勝なら。
「香港遠征後は帰国検疫を済ませてから放牧に。放牧先で疲れを取って3月1日に帰厩しました。2週に渡ってルメール騎手に乗ってもらってシッカリ調整ができたし、いい動きをしてくれましたからね。今回はマイル戦に戻るし、中山は1回しか走っていないとはいえ、1着。仕上がりに問題はないので楽しみにしています」(兼武調教助手)。 ◎香港C11着以来のレースだが、鉄砲実績は抜群。中山マイルにも勝ち鞍(準オープンだが)があり、好勝負か。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、状態面はキープできています。既に体の方はできているので、今週は馬ナリですが動き自体は良かったですよ。障害練習を取り入れてから気持ちの面が変わってきたし、8歳とはいえ衰えも見られません。前走が不完全燃焼だっただけにスムーズな競馬ができれば……」(高橋亮調教師)。 ◎小倉大賞典は終始包まれ気味で不完全燃焼。小回りもOKで速い時計にも対応できる馬。スムーズな競馬ができれば大駆けも十分あり得る。
「前走後は放牧を挟んでここに。いい状態をキープしたまま帰ってきました。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですがいい動きでしたね。年齢的に少しズブさは出てきましたが、前走の競馬を見る限り実戦にいけば問題ないと思います。中山にも実績があるし、前走のように早めの立ち回りができれば」(岸本調教助手)。 ◎東京新聞杯はロスのない立ち回りで2着。この舞台は京成杯AH2着があるし、昨年のこのレースが4着。ハンデ一つで上位争いに。
「前走は立て直した効果が出ましたね。今日は予定していた通りの併せ馬にはなりませんでしたが、これだけ動けば上々でしょう。毎年この時季に調子を上げる馬だし、昨年3着と走っているレース。再度前走で勝っている舞台なら楽しみですね」(国枝調教師)。 ◎東風Sはスタートで他馬と接触して出負けしたが、直線で外に出すとゴボウ抜きで圧勝。立て直した効果が出た一戦。ファルコンS1着、NHKマイルC2着があり、昨年このレースで3着。復調した今なら。
「先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれました。トモがパンとしてきたことに伴って精神面も成長。今は両方がうまく噛み合って、本当に良くなっています。今回はベストのマイル戦でハンデが53キロ。条件が揃った今回は重賞でも楽しみです」(中川調教師)。 ◎昨秋を境にパワーアップ。前走が昇級初戦+重賞でいきなり2着。牡馬混合でもハンデ一つで可能性。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。ここから始動は予定通りです。中間は順調に乗り込めたし、先週ビシッと追ったことで気持ちも入ってきました。前走の4着は直線でゴチャ付いて脚を余しての結果。中山のマイルも勝っているし、ハンデも想定内。スムーズな競馬ができれば楽しみですね」(浜田調教師)。 ◎昨秋のキャピタルS1着、阪神C4着と衰えは感じない。7勝中6勝をあげているマイル戦。中山でも勝ち鞍があり、ハンデ一つで食い込む余地も。
「前走後は在厩調整。1週前にも併せ馬をしましたが、今週も併せ馬でビシッと追い切ってシッカリ負荷をかけました。今回は良績があるマイル戦だし、内めの枠を引けてロスのない立ち回りができるようなら」(鈴木孝志調教師)。 ◎小倉大賞典は距離が敗因か。マイルなら問題はなく、先行力を生かして粘り込みも。
「前走後は放牧に出し、ここに備えて早めに帰厩。1週前に併せ馬をしてシッカリ負荷をかけたので、今週は馬ナリ。順調に仕上がりました。今回は強敵の存在が見られますが、相性がいい中山に替わるし、うまく折り合いを付けてロスのない立ち回りができれば……と思っています」(菊沢調教師)。 ◎得意のコース・距離で重賞も2戦目。ハンデに恵まれるようなら出番も。
「最近は勝負どころでズルさを出すので、今日は根性を入れるために最後をシッカリ追いました。ハンデは背負いますが、休み明けを1回使った上積みが見込めるし、機動力を生かせる中山のマイルも合っています。条件が好転する今回は是非、結果を出して欲しいと思っています」(田中剛調教師)。 ◎久々の中山記念は先行したが早々とバテてしまい、7着と意外な結果に。苦手の瞬発力勝負になったことが応えたようだ。得意の中山で早め早めの積極策で押し切れるようなら。後はハンデがどうかだろう。
「中間アクシデントはありましたが、帰厩後は順調に調整ができました。1週前の時点で少し重く感じたので、今週はラストをシッカリ追い切りました。中山のマイルはこの馬にピッタリの舞台。ハンデは55キロですが末脚の生きる展開になるようなら……」(斉藤調教師)。 ◎当舞台のハンデ戦・京成杯AHで1着はあるが、以降が惨敗続き。今年8歳、大幅な上積みも……。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、帰厩後は順調に乗り込んできたので仕上がりは悪くありません。脚質的に展開の助けが必要ですが、ハンデ差を生かして少しでも上を目指して欲しいですね」(野田調教助手)。 ◎ここ一連の成績からは狙い目は薄い。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。