IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年3月21日(月)

11R

2016年3月21日(月) | 2回中山8日 | 15:45発走

第30回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「前走後はここに照準を合わせて調整をしてきました。脚質的にロスの多い競馬になるのは仕方ありませんが、距離延長はプラスに出ると思うのでもう一押しを期待したいですね」(谷原調教師)。 ◎フェアリーS6着、クイーンC4着とソコソコやれてはいるが、器用さに欠ける。前が止まる展開になるようなら……。
「前走後は短期放牧に。その前に放牧に出した時よりいい体付きになって帰厩しました。ゲートの出が遅いので中山に替わる点がどうかと思いますが、能力を秘めている馬。いいデキで臨める今回は重賞でも、の気持ちです」(萩原調教師)。 ◎一息入れて立て直した未勝利を快勝。今回は叩いた上積みは見込めるものの、昇級戦で重賞。いきなりとは。
「前走から中2週なので速いところは必要ないですからね。前に行けない馬ですが、前走が向正面からマクッての勝利。ジョッキーも手の内に入れているので今回も楽しみです」(高橋義博調教師)。 ◎今回と同じ舞台で500万勝ち。切れないが長くいい脚を使うタイプで牝馬同士なら侮れない存在。
「前走が+26キロ。成長分を含めても余裕がありながらいい勝ち方をしてくれました。久々好走の反動どころか、上積みの方が大きいし、立ち回りが上手なので中山も距離も問題ありません。能力の高い馬だし、ここでも期待はありますよ」(土谷調教助手)。 ◎前走の未勝利戦は休み明けで大幅に馬体が増えていたが、先行して押し切りV。叩いた上積みは大きそうで、距離延長も問題なさそう。無視までは。
「放牧明けになりますがシッカリ乗り込んできたので仕上がりはいいですね。今回は昇級戦で重賞ですが、牝馬限定で大半が1勝馬ですからね。相手なりに走るタイプ。ここでも差はないと思います」(池添学調教師)。 ◎牡馬混合の未勝利勝ち。行く脚もあり、距離も良さそう。
「休み明けを1度叩いて良くなっていますよ。距離延長はプラスだし、大半が1勝馬のレース。輸送で体が減らないようなら差はないと思います」(友道調教師)。 ◎チューリップ賞(12着)から中1週での参戦。小柄な馬でも少し成長が欲しい印象。
「相変わらず追い切りはよく動きますね。前走が少し忙しい感じを受けたので、距離が延びる点はプラスに出るハズ。重賞とはいえ、大半が1勝馬同士のレースなら楽しみはありますね」(松永幹夫調教師)。 ◎現状はクラス慣れの必要がありそう。
「休み明けを1度使って状態は上向いています。前走は大外枠で競馬がし辛くなりましたから。距離延長はプラスに出ると思うので変わり身に期待したいですね」(渡邊調教助手)。 ◎休み明けだったクイーンCは-10キロ。体重減が応えたのか後方から差を詰めたのみでメジャーエンブレムの8着。とはいえ、3番人気に支持されたように力を評価されている存在。体が戻っていれば。
「中2週になりますが、馬は元気一杯。前走が仕掛けてからの反応が良く、余力十分に快勝といい勝ち方をしてくれました。一戦毎に体が締まってきたし、後は長距離輸送さえクリアしてくれれば」(田代調教助手)。 ◎芝の1800m中心のローテーションで3、2、1着と使う毎に着順を上げて3戦目に未勝利勝ち。逃げ・先行タイプでコースは合いそう。時計も一戦毎に詰めており、牝馬にしては大柄な馬で伸びシロも十分。
「前走から間隔があまりないので追い切りは控え目。馬体減りもなく順調です。前走は久々で牡馬が相手でしたが、今回は牝馬同士。輸送で体をキープできていれば巻き返しがあっても」(喜多調教助手)。 ◎牡馬相手の水仙賞(芝・2200m)に挑戦したが、先行一杯の7着。距離が長過ぎた感は否めず。中京2歳S3着からコース替わりはOK。この距離で変わり身が出るようなら。
「追い切りはラスト重点でしたがいい動きでしたね。今回は芝になりますが、軽い走りをするので問題はないハズ。ここでどんな競馬をしてくれるか楽しみです」(本田調教師)。 ◎ダートの未勝利戦を圧勝。今回は初芝+昇級戦でいきなりは……。
「追い切りの動きはいつも通りいいですね。前走は勝ち馬を意識して早めに動いての負けで度外視していいと思います。減った体も回復しているし、メンコの着用で落ち着きも出てきました。この舞台も特に不安はないと思うので改めて見直したいですね」(相沢調教師)。 ◎新潟2歳S4着、阪神JF6着とそれなりに走ってはいるが、馬体の成長がもう一つ。
「今週はジョッキーに乗ってもらって感触を確かめてもらいました。1度使った上積みはあるし、能力も高い馬なので、それを引き出してくれるようなら」(大久保龍志調教師)。 ◎休み明けのエルフィンSは出遅れて後方から。全く見せ場すら作れずにシンガリ負け。ただ、2走前の赤松賞でフェアリーSを勝ったビービーバーレルに先着しており、見限りは早計かも。
「一息入りましたが、追い切りの動きが良かったし、いい仕上がりで臨めそうです。芝は問題ないし、今回、距離が延びる点はプラス。重賞でも大半が1勝馬同士ですからね。もう一押しを期待したいですね」(中野調教師)。 ◎芝では大敗続き。ガラリ一変となると……。
「一息入りましたが、中間は入念に乗り込んできたし、今週は今までで一番の好時計で動いてくれましたからね。力を出せる仕上がりにあります。距離も心配ないので楽しみはありますね」(白坂調教助手)。 ◎こうやまき賞はマディディの2着。脚質的に展開の助けが必要なタイプ。前がやり合うようなら。
「先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリ。背中のいい馬で走りそうな雰囲気がある馬。近走はもう一つ結果が出ていませんが、道中スムーズに折り合って運べればもう少しやれても、と思っています」(菊川調教師)。 ◎未勝利勝ち以降がこれといった結果が出ないままの現況では。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。