2016年3月6日(日)

11R

2016年3月6日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第53回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「すみれSを叩いて、ここへ連闘は予定通りです。前走は馬に気持ちが入っていなかったことが敗因。この連闘策が吉と出てくれるようならもっとやれても、と思っています」(須貝調教師)。 ◎すみれSは10キロ増とやや立派な体付き。中団を追走したもの、勝負どころの反応が悪く、最後の伸びもサッパリ。連闘で絞れる点はプラスに出そうだが、あまりにも負け過ぎで……。
「一戦毎に体重が増えているように飼い食いが旺盛なのは何よりです。レースセンスがいい馬で、中山はピッタリ。相手は強化されますが、器用な立ち回りでどこまで通用するか見てみたいですね」(田村調教師)。 ◎昇級初戦の500万下ではハナを切れず。距離延長で楽に先手を奪えるかもしれないが、初距離+強豪相手の重賞で苦戦は必至か。
「今日は調教で走る馬を相手に併せ馬をやりましたが、互角併入。動きも良かったですよ。2、3走前に不利を受けながらも最後まで諦めずに走ったように、勝負根性があるのがこの馬のいいところ。(本番への)権利を取るには相手が強いかもしれませんが、今回は寒竹賞を勝った時と同じ舞台ですからね。可能性はあると思っています」(矢作調教師)。 ◎寒竹賞は折り合って中団を追走。勝負どころで内から張られたが、追い出しを待って外に進路。仕掛けると反応よく伸びて1着。自己条件では力が違ったが、2000mを克服した点は収穫。
「1週前にジョッキーに乗ってもらい、シッカリ追い切って好時計をマークしてあるので、今日は息を整える程度。予定通りの時計だったし、何も言うことはありませんね。長距離輸送を苦にするタイプとは思えないし、折り合いにも不安がないので距離が延びてもこなせると思います。後は本番(皐月賞)に繋がるレースをしてくれれば」(笹田調教師)。 ◎1番人気に推された朝日杯FSは勝ちパターンかと思われたが、リオンディーズの強襲にアッサリ交わされて2着。少し行きたがる面を見せていたことから、2000mでは折り合いに課題も。
「先週速いところをやってあるので、今週は気を抜かせないことを主眼に、ラストの反応を確かめる追い切りをしましたが、いい動きでしたね。前走は確実に勝つためにダートを使いましたが、芝でもやれる馬。本格化は先になると思いますが、この強敵を相手に現状の力でどこまでやれるかを見てみたいですね」(池上昌和調教師)。 ◎ダートに切り替えた未勝利戦、先行抜け出し策で勝利。芝も問題はないが、いきなりこの強豪メンバーが相手では。
「追い切りで好時計を出しているように状態はキープできています。前走の走り振りなら芝の方がむしろいいかもしれません。距離も問題ないと思いますが、今回は相手が相手ですからね。どこまでやれるかでしょう」(日高調教助手)。 ◎今回も重賞挑戦。意欲は認めても推せる材料は見たらず。
「やれば動く馬にしても好時計をマーク。追い切りの動きは本当に良かったですね。状態面は前走と同じかそれ以上と言っていいでしょう。とはいえ、さすがに今回は相手が強いですからね。積極的な競馬をしてどこまで踏ん張れるかでしょうね」(日高調教助手)。 ◎小倉初日の未勝利を1枠1番を利して逃げ切り勝ち。先行力は魅力だが、このメンバーが相手では。
「前走から中1週と間隔が詰まっているので、追い切りはこの程度で十分でしょう。前走は馬場に持ち味を封じられた感じが見られたし、相手は強くなりますが、良馬場でできれば……と思っています」(斎藤誠調教師)。 ◎つばき賞は中団から差を詰めての4着。馬場状態も影響したと思えるが、一戦毎の馬体減は気になるところ。
「今日の追い切りは折り合いが付いていたし、動きも良かったですよ。この馬は前走のようにハナに行くのがベスト。相手は揃っていますが、この距離なら無理をせずに行けそうだし、自分の競馬をしてどこまで頑張れるか……ですね」(大江原調教師)。 ◎前走は好スタートを決めてハナに。いい感じで逃げたが、ゴール前で捕まって3着。今回は初距離に加え相手強化で。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に帰厩。この中間はテンションを上げ過ぎないように調整ができたし、体も一回り大きくなってきました。先週もやってあるので、今日の追い切りは遅れたといってもリラックスして走れていたので問題はありません。前走の競馬では、1戦のキャリアにしては大人びたレースで快勝と完成度の高さを見せてくれたし、オンとオフの切り替えができる点は何よりの武器。当然、今回も本番に向けて好レースを期待しています」(前川調教助手)。 ◎ホープフルSから予定を朝日杯FSに切り替えたことで、マイルがどうかという噂が一部でささやかれたが、全くの杞憂に終わった前走。デビュー戦で2000mを快勝しており、距離は問題ナシ。コース替わりを苦にするとも思えず、ここもモノの違いを見せつけるか。
「前走後は放牧には出さず、ここを目標に在厩しての調整。先週ジョッキーに乗ってもらい、ある程度のところを済ませてあるし、『来週はもうそれ程やらなくても』とのことで今週はラスト重点の追い切り。更に馬体が絞れてきたし、折り合いの不安がなく、瞬発力もある馬。京都の内回りで勝っているので、中山コースにも不安はありません。このメンバーが相手でもチャンスはあると思いますよ」(友道調教師)。 ◎3か月振りの若駒Sは中団より後ろから折り合って追走。抜群の手応えで4角を回り、仕掛けられるとラスト3ハロンを32秒6(11秒4-11秒0-10秒1)の脚で差し切り。しかもノーステッキだ。力が一桁違った印象。ここでも要注目の存在。
「今日の追い切りは折り合いが付いていたし、動きも良かったですね。前走は道中2度の不利があったし、マイルも忙しかった感じでした。距離延長はプラスに出ると思うので、このメンバーを相手にどこまで通用するか……。楽しみはありますけどね」(三浦調教助手)。 ◎近2走がともに10着。オープン、しかもこのメンバーに入っては。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。