競馬 - 中山記念 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年2月28日(日)

11R

2016年2月28日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第90回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「いい仕上がりで臨んだ前走は、流れが向かず残念な結果に終わりましたが、最後は最速の末脚を使ってくれましたから。前走から間隔があまり開いていないので、追い切りは気合を入れる程度ですが、反応・動きともに良かったと思います。相手が揃ったうえに、中山の内回りもポイントになりそうですが、ゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば」(津曲調教助手)。 ◎休み明けの東京新聞杯は出負けをして後方から。上り33秒8と最速の脚を使ったが、スローペースでは。16キロ増の馬体から絞れていれば前進も。ただ、展開の助けと東京向きで。
「有馬記念という話もありましたが、無理をせず放牧先でゆっくりと休養。2月1日に帰厩してからは順調に調整をしてきました。先週、そして今週は上り重点ですがシッカリ負荷をかけることができたし、真直ぐ走っていた点は何より。ここまでは予定通りにきています。ここにきて体に厚みが増してきたし、スタートがいいので中山の1800mも問題ありません。普通に好位で競馬ができるようなら……と思っています」(矢作調教師)。 ◎菊花賞は、向こう正面で他馬と接触。それから力んで走ったが、立て直してからはスムーズ。内から伸びたキタサンブラックは捕らえられなかったが2着は確保。鉄砲OK、当該舞台もスプリングS2着があり問題ナシ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に乗り込んできたし、先週までにシッカリ負荷をかけてきましたからね。今日は感触を確かめる程度でしたが、この一追いでほぼ仕上がったと見ていいいでしょう。体に緩さがなくなり、厚みが増してボリューム感が出てきたのはプラス材料。ある程度の位置から早めに動いて後続を抑える戦法が合っていると思うし(しばらく勝ち星から遠ざかっていますが)、そういうレースを試みてGI馬としての意地を見せて欲しいと思っています」(田中剛調教師)。 ◎マイルCSは坂の下りでバランスを崩す。それからがリズムよく走れずに9着。ただ、中山記念は一作年3着、昨年2着と好走。得意の舞台で無視はできない。
「一昨年暮れの香港Cを目標にしていましたが、最終追い切りで骨折が判明。現地で手術をしてから放牧に出ていました。昨秋から放牧先で乗り込みを開始。帰厩後はすぐに時計を出せたし、予想以上に仕上がりはいいですよ。今週の動きが良かったし、ジョッキーの感触も上々。長期休養明けで手強いメンバーが相手になりますが、この舞台設定はピッタリだし、この馬の地力に期待したいですね」(上原調教師)。 ◎長期休養明けの今回は様子見が妥当かも。
「前走後は放牧を挟んでここに。先週、今週と追う毎に動きが良くなってきたし、気合も乗ってきました。前走で中山コースにも対応ができたし、距離が1ハロン短くなる点もこの馬にはプラス材料。スタートを決めて流れに乗った競馬ができれば、このメンバーが相手でも……と思っています」(前川調教助手)。 ◎中山金杯はトップハンデを考えてジックリ。ラスト1ハロンから内にモタレながらも3着。スローペースを考えればよく差し込んだといえる。1ハロン短縮は◎+コース2走目で。
「追い切りはいつも通りですが、動きが良かったし、反応もシャープでしたね。もう一絞りできる体付きで、1度使った方が良さそうな気もしますが、最近の休み明けの中では今回が1番いいかもしれません。昨年のこのレースは馬場が悪くて5着でしたが、今年は雨の心配はしなくて良さそう。今回はあくまでもステップレース(豪州のクイーンエリザベスSへ出走のプラン)ですが、仕上がりは悪くありませんからね。強い相手はいますが、次に繋がる結果を出せればと思っています」(栗田博憲調教師)。 ◎マイルCSはスタートでジャンプし、後方から。流れに乗れなかったが地力で3着と好走。中山記念は昨年5着だが皐月賞勝ちがあり、中山は問題ナシ。
「先生(松田博資調教師)のところから引き継いで、ノーザンFしがらきを経由して入厩しました。ここまでは順調に乗り込んできたし、乗りやすい馬で何の注文も付かない点は何よりです。(ドバイ遠征はオーナーと相談してからになります)力を出せる態勢に仕上がったし、今回は内回りの1800mということで、スタートを決めてある程度の位置で流れに乗った競馬ができれば……と思っています」(前川調教助手)。 ◎今回が転厩初戦。有馬記念はスローペースに泣いたが、中山は日経賞3着があり問題ナシ。1800mは約2年半振り(小倉大賞典1着)だが、流れに対応ができれば。
「オールカマーの後は放牧に出してリフレッシュ。1月下旬から時計を出し始め、先週は単走、今週は併せ馬で追い切りましたが、落ち着きがあっていい感じに仕上がりました。中山のこの距離は実績があるし、休み明けでも走れるタイプ。相手は揃いますが、頑張って欲しいですね」(津曲調教助手)。 ◎オールカマーは出負けして後方のまま。メンタル面に課題があり、使い込むより久々の方ほど走る傾向がある。ただ、重賞ではもうワンパンチが欲しい感も。
「牧場でシッカリ乗り込んできましたが、今回は骨折による長期休養明けに加え、寒い時季ですからね。仕上げに慎重にならざるを得ないということで、調整に遅れが生じたことは確かです。その点を考慮して、今週は通常の木曜追いではなく、前倒しをして水曜日追いに。レース間隔が少し開くことでシッカリ負荷をかけることができました。まだダービー当時のシャープな体付きではありませんが、500キロ前後では出られそうです。これで能力を出せる態勢は整ったと思いますよ」(橋本調教助手)。 ◎骨折明けだが能力は断然。コース・距離は関係なく、最優秀3歳牡馬のタイトルに恥じないレースをしてくれるハズ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきました。先週の動きが良かったし、今週は併せ馬でシッカリ追い切りましたが、調教駆けしない馬にしてはいい動きだったし、いい状態で臨めます。今回は強い相手が出てきますが、折り合いさえ付けばヒケは取らない馬。コーナー4つのコースもラジオNIKKEI賞で結果を出していますからね。同じような競馬ができればチャンスはあると思います」(音無調教師)。 ◎天皇賞は道中掛かり気味。それでも大外から脚を使ってラブリーデイの0.2秒差5着なら大健闘。中山は初だが、福島でラジオNIKKEI賞を勝っており、小回りもOK。
「追い切りはやればやるほど動くし、時計も出るタイプですが、いい頃の状態に比べるともう一息といった感じがありますね。1800mは初距離になるし、相手も揃っている今回は強気なことも……」(日高調教助手)。 ◎久々に加え、初の1800m。相手も強く、上位までは……。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。