IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年11月19日(土)

11R

2016年11月19日(土) | 5回東京5日 | 15:30発走

第21回東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)

芝・左 1800m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

「奥手の血統でもあるし、ようやく間に合ったといった状態でデビュー戦を勝ってくれましたからね。その後は放牧を挟みましたが、ここまでは順調に調整ができているし、1度使った上積みも大きいですよ。今日の追い切りの動き・反応ともに良かったし、来年を期待している馬。重賞でも十分通用すると思います」(石坂調教師)。 ◎デビュー戦は気持ち余裕のある体付き。出負けしたが軽く促して4番手を追走。直線に入って追い出しを開始したがすぐには反応せず。坂を上り切った所で勢いが付くと開いたスペース割ってエアウインザーを退けて勝利。タッチングスピーチの全弟で時計も速い。
「前走は進路を切り替えるロスはありましたが、最後は盛り返していましたからね。内容としては悪くなかったと思います。一戦毎に体重が増えているのは好材料だし、体調面も更にアップ。広い東京も合っているので、ここでも好レースを……と思っています」(鹿戸調教師)。 ◎芙蓉Sは好位で折り合う。2着のレジェンドセラーと並んで伸びてきたが、最後は伸び負けて3着。久々で10キロ増、まだ全体的に緩さがあり、良化の余地は十分。
「2週に渡ってやってあるので、今日はラスト重点でしたが、いい動きでしたね。まだ緩さは残りますが、大分幼さが抜けてきたし、気持ちも入ってきました。前回はムキになって走る面を見せていたので、折り合って運べるかどうかがカギになりそうですね。追い切りでは左回りは問題ないし、タイプ的に広い東京は合っていると思います」(池内調教助手)。 ◎芙蓉Sはスローペースの3番手。遅い流れでも折り合ってレースができていた点は評価できる。2着とはアタマ差だったが、着差以上に危なげのない勝ち方。切れるというより渋太い末脚が武器。初の左回りに対応できれば。
「今週は馬ナリの追い切りでしたが動きは良かったですよ。2000mの未勝利を勝っていますが、1ハロンの距離短縮なら問題ないと思います。相手は強くなりますが、ここも自分のリズムで走れるようなら……」(和田雄二調教師)。 ◎2戦目の未勝利を逃げ切り勝ち。時計は2分2秒9だが、前日の新馬戦より約3秒近く速い。先行勢が崩れた中での逃げ切りは評価できる。切れというよりスタミナ勝負に強そう。消耗戦の形になれば。
「今回は転厩緒戦になりますが、今のところは折り合い面などを含めてうまく調整ができています。いいフットワークをするし、馬が大人びていてさすがに重賞ウィナーといった雰囲気を持っています。追い切りの動きも良かったし、このメンバーを相手にどんな競馬をしてくれるのか、楽しみを持っての参戦です」(中村調教師)。 ◎札幌2歳Sはスタートを決めてハナ。淡々としたペースで運び、4角で後続との差を広げてそのまま2着に2馬身半差を付けて快勝。左回りは川崎で経験済み。転厩初戦がどうかだが、パワーがあり、タフな東京は合うハズ。
「1週前の併せ馬に乗った感じは落ち着きがあって、馬が凄くリラックスしていましたからね。今週の追い切りは前走時よりピリッとしていて、動きに鋭さが加わってきた感じを受けました。重賞の前走を期待通りの走りで勝ってくれたし、更に上積みが見込める今回も楽しみですね」(柴田善臣騎手)。 ◎サウジアラビアRCは後方で脚をタメる。スローペースで上りの勝負になったが、坂下から仕掛けるとグンと加速。残り100mでダンビュライト交わして1着。追っての反応が良く、決め手もなかなか。この競馬内容なら1800mでも。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。小柄な馬なので大事に使ってきましたが、ここにきて大分逞しさが出てきたのは好材料です。末脚がシッカリしている点がこの馬の長所。持ち味を生かしてここでも頑張って欲しいですね」(畠山調教師)。 ◎3走目の未勝利は馬群の中で余裕十分。直線は外に出し、最速の末脚で楽に抜け出す。一息入っているが成長度次第では。
「追い切りの動きが素晴らしかったし、1度使ったことで馬がピリッとして更に良くなっています。ダートで勝ちましたが、上が芝で走っていたように問題はないと思います。キャリアは浅いですが、ここでどんな走りを見せてくれるか楽しみですね」(池添学調教師)。 ◎デビュー戦は出負けもジワッとポジションを上げて行く。外めをスムーズに進出し、直線、仕掛けるとスッと反応。ラスト1ハロンから難なく抜け出して2着に3馬身半。芝替わりと昇級戦でどこまでやれるか。
「前走後は放牧に。その効果でしっかりリフレッシュができて帰厩しました。リングハミとクロス鼻革に替えてから稽古では力むところが解消。右にモタれる面があるので左回りの方が良さそうだし、広い東京も合うと思います。能力を出し切ればここでも通用していいと思っています」(庄野調教師)。 ◎2戦目の未勝利は煽り気味のスタート。それでも行きっぷりが良く好位を確保。勝負所までは力みが見られたが、4角で先頭を行く馬を並ぶ間もなく交わして早々と先頭。直線は内にモタれながらも最後にもう一伸びして勝利。粗削りな面はあるが能力は高い。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。帰厩後はジョッキーが付きっきりで騎乗してくれています。1週前の動きは一息でしたが、ビシッとやったことで、今週の動きが良くなりました。ゲートが一息なので後ろからの競馬になりますが、広くて直線が長い東京の方が競馬はしやすいハズ。距離の延長もいいと思います」(南田調教師)。 ◎新潟2歳Sは殿から。直線勝負に徹する競馬をしたが、スローペースになったことは痛かった。それでもラスト3ハロン、32秒9という最速の末脚でヴゼットジョリーの2着と非凡な脚を披露。東京もデビュー戦で3着があり、成長度如何では。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。