IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年11月6日(日)

11R

2016年11月6日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第54回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

「前走後は放牧に。京都大賞典から復帰も考えましたが、無理をせずにここからの始動に。放牧先でも乗り込んできたし、あまり調教では動かないので1週前の遅れは問題ありません。今日は馬場が重かったことを考えれば時計的には十分だし、動きも良かったと思います。同じ舞台の目黒記念で強い相手に善戦(0.2秒差5着)。その時より今回の方が状態面はいいですからね。56.5キロのハンデは少々見込まれましたが、状態の良さを生かして頑張ってくれると思います」(手塚調教師)。 ◎一息入れての出走となった札幌日経オープンは中団を追走。勝負所から追い上げ開始。直線一気の脚で突き抜け、トゥインクルに4分の3馬身の差を付けて勝利。目黒記念がクリプトグラムの0.2秒差5着。ハンデ一つで食い込む余地も。
「追い切りの動きは悪くありませんし、勝った時の状態をキープできています。とは言っても、今回は1000万を勝ったばかりでオープン、しかも重賞挑戦ですからね。条件的にはいいと思いますが、軽ハンデを生かしてどこまでやれるかでしょうね」(石栗調教師)。 ◎本栖湖特別(1000万下・54キロ)は殿から。直線は内から最速の末脚でゴボウ抜きを演じてサプライムカイザー以下に快勝。今回が2階級上への挑戦+重賞では。
「前走は早めに仕掛けるレースを試みましたが、着順はとも角、0.4秒差なら悪くなかったと思います。頭を上げる面を矯正した効果で、1週前の併せ馬は頭の位置が低くなって、走るフォームも良くなっています。今週の動きも重心が低く、活気に溢れたいい動き。コース替わりはプラスだし、前走同様、他馬より早めに動くレースをと思っています」(橋口調教師)。 ◎3か月振りのオールカマーは後方待機。4角手前から仕掛けるが反応が鈍い上に伸びも案外。コース替わりはプラスだが、往時の迫力は薄れた感。
「前走後は在厩調整。ここ2走が不利やこの馬には不向きなペースになったりと力を出し切っていませんからね。今日の追い切りは内にモタレましたが、実戦にいけば問題ありません。今回はハンデ戦になるし、決め手比べの形になればヒケは取らないと思っています」(上原調教師)。 ◎アイルランドTはダッシュが付かずシンガリから。直線で外に出すもラストの伸びはサッパリ。この内容では。
「前走後は骨膜炎が出たため放牧に出しました。帰厩後は順調に乗り込んできましたが、1週前の時点では体が立派だし、動きも重苦しい感じで頭の位置も高かったんですが、今週は動きもピリッとしてきました。春は強い相手と戦って差のないレースをしてきましたからね。ハンデは他の有力馬とあまり変わりがないし、長距離は上手に走ってくれる馬なので特に心配はしていません。GIIならいい勝負をしてくれると思っています」(橋本調教助手)。 ◎日経賞を叩いて臨んだ天皇賞(春)は出負けして後方から。終始インを回り、折り合い重視の競馬。直線はシュヴァルグランの後ろで動けなかったが、エンジンがかかるとよく伸びてキタサンブラックの6着。昨年のステイヤーズS1着馬。東京替わりも◎で斤量一つ。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。中間は坂路で順調に乗り込めたし、1週前にシッカリ負荷もかけることができましたからね。今週は馬ナリでしたが、動きが良かったし、状態は前走以上です。前走もリズム良く走れていましたが、後続が早めに動いてきましたからね。それでもシッカリ脚を使ってくれたし、今回も前々の競馬で自分のリズムを崩さずに走ることができれば……と思っています」(相沢調教師)。 ◎大逃げを打ったエーシンマックスの番手で折り合ったオールカマーだったが、後続の追い上げが速く、よく粘ったもののゴールドアクター0.3秒差4着。一昨年のこのレースが56キロでフェイムゲームの2着。徐々にいい頃のデキに戻ってきた今、流れ一つで。
「前走後は一旦美浦に帰厩しましたが、その後は放牧に。帰厩後は順調に乗り込んできました。今はどこも痛いところがなく、動きもいいですよ。東京との相性も悪くないし、ハンデも手頃ですが、年齢的に往時の迫力は薄れた感じがありますからね。今回はブリンカーを外していく予定ですが、53キロを味方にどこまでやれるかでしょう」(清水英克調教師)。 ◎丹頂S(54キロ)は中団を追走もジリ下がりで11着。8歳馬でもあり変わり身となると……。
「宝塚記念は何もしないまま終わってしまったという感じ。集中力の問題があったのかもしれません。その後は放牧に出し、中間に去勢手術を。去勢された体付きで、いつもより少ない体重で帰厩。手術をしてから日が浅いので、その効果が出るまでは時間がかかるかと思いますが、幾らか落ち着きが出たような気はします。斤量は背負い慣れているので気になりませんが、他馬とは差がありますからね。それに久々の一戦になる点もどうでしょう」(宗像調教師)。 ◎宝塚記念は後方から。これといった見せ場もなくマリアライトの17着と惨敗。今春のダイヤモンドSでトゥインクルの2着、一昨年のこのレースの覇者(57キロ)。まだ衰えはないと思えるが……。ハンデがカギか。
「前走後は在厩しての調整。1週前に遅れたとは言っても併せ馬を消化。今日の動きもマズマズでした。8歳でも馬は元気だし、1度使った上積みも見込めます。速い時計の決着では分が悪いので、適度に時計を要するようなら……」(田中清隆調教師)。 ◎5か月振りのオールカマーは中団追走もジリジリ後退してゴールドアクターの11着。8歳でもあり、上がり目となると……。
「札幌以来のレースで多少体に余裕はありますが、リフレッシュ放牧の効果で疲れはスッカリ取れました。一追い毎に動きが良くなっているし、前走でオープンでもやれる手応えを掴めましたからね。今回は重賞で相手は強くなりますが、この馬も成長しているし、斤量差もありますからね。長丁場は得意だし、東京にも実績があるのでどこまでやれるか楽しみはあります」(武藤調教師)。 ◎2か月半ぶりの丹頂Sは4キロ増と太めナシ。中団を折り合って進み、ラストも併せ馬の形で良く伸びてヤマカツライデンの4着。久々+昇級戦としては悪くないが、今回は重賞。ハンデ差を生かしてどこまで。
「京都大賞典から始動をする予定でしたが、宝塚記念の疲れが抜け切らず、ここからの始動になりました。フックラしたいい体付きになって帰厩。ここまで順調に乗り込んできました。相変らず追い切りは動きませんが、気配はいいし、状態面は問題ありません。天皇賞(春)でGIでもやれる手応えを掴めたし、その当時より馬体にボリュームも出てきましたからね。左回りは気にならないし、この後のジャパンCに向けて見通しが明るくなるような走りを期待したいですね」(友道調教師)。 ◎天皇賞3着(春)の勢いで臨んだ宝塚記念は好位のイン。直線に向いたところで下がってきたアンビシャスが邪魔になり、この時点で万事休す。度外視の一戦と見ていいだろう。今回は初の左回りがどうかだが、ヴィルシーナの弟、ヴィブロスの兄と良血。巻き返しを。
「前走は追われてからの伸びが今一つ。時季的なモノがあるのかも。1週前にラスト重点、今週は前半の入りが速かったのでラストはバタバタ。まだ少し緩さがあるのかもしれませんね。昨年の目黒記念で2着しているように条件は悪くありませんが、いい頃の状態にはもう一息の感じがあるので……」(音無調教師)。 ◎4か月振りのアイルランドTは離れた3番手を追走。一旦は2番手に上がるが、そこで力尽きハギノハイブリッドの1.3秒差8着。いかにも久々が応えたといった敗戦。目黒記念2着があり、叩き2走目で。
「前走後は放牧に出し、帰厩後は左回りのこのレースを目標に調整してきました。先週速いところを済ませてあるので、今週馬ナリは予定通りです。ここまで青写真通りのメニューを消化できたので、休み明けでも力は出せる仕上がり。折り合いの心配がなく、ラストはシッカリ脚を使うタイプ。東京とは相性がいいし、距離も魅力。昇級戦になりますが能力の高い馬だし、ハンデも手頃ですからね。ここでも楽しみです」(友道調教師)。 ◎叩き2走目の日本海S(1600万・芝2200m)はスローペースの好位外。勝負所から進出し、内から抜けたハッピーモーメントをゴール前で交わして1着。これで準オープンを2勝してのオープン入り。力はあるが昇級+重賞の今回、得意の東京+ハンデ差でどこまで。
「前走後は放牧に。涼しくなって帰厩したので馬は元気一杯です。1週前の追い切りの動きが良かったし、今週は直線だけの併せ馬でしたが、いい動きをしてくれました。今回は相手が骨っぽくなりますが、54キロのハンデを生かして頑張って欲しいですね」(畠山調教師)。 ◎3か月振りのワールドASJ(第2戦・1600万・芝2000m)は素早く2番手。4角手前で前を捉え、後続を振り切って勝利。芝替わりが奏功したか。今回は昇級+重賞でハンデ差を生かしてどこまで。
「元々が調教では動かない馬なのでこれで十分です。前走が着順ほど負けていないし、左回りの長丁場を得意としているタイプ。8歳になりますが馬は元気一杯なので、頑張って欲しいですね」(友道調教師)。 ◎叩き2戦目の新潟記念(57キロ)は前半掛かり気味。途中から折り合いが付き、最後はそれなりに伸びてアデイインザライフの0.3秒差7着。既に8歳で大幅な変わり身はどうか。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。