IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年11月5日(土)

11R

2016年11月5日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第52回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「中2週+輸送を控えているので追い切りは馬ナリですが、動きは良かったと思います。パワーがあるので、坂があって直線が長い東京コースは合うハズ。ここも楽しみしています」(浜田調教師)。 ◎“もみじS は後方から。10キロ増と太目もラストはキャスパリーグに伸び負けの形とはいえ、3着は確保。馬体が絞れれば更に。
「前走はスタートが悪くて後方から。それでも最後はシッカリ脚を使ってくれたし、あの競馬なら距離が延びても問題はないと思います。馬体に締りが出てきて、いい雰囲気に仕上がったし、重賞のここでどこまでやれるか見てみたいですね」(菊沢調教師)。 ◎カンナSは出負けて後方から。直線は外に出し、最速の末脚でタイムトリップの0.2秒差2着。追って味があり、直線が長い東京は◎。
「前走が目一杯の仕上げではありませんでしたから、1度使った上積みは見込めます。まだ幼さは見られますが、キャリアが浅い分、変わり身があるということ。むしろ楽しみがあるし、後はどれだけ時計を詰められるかですね」(清水久詞調教師)。 ◎好仕上がりで臨んだ新馬戦は好スタートを決めてハナに立つが、控えて3番手。4角で外に出し、坂上からエンジンがかかると一気に突き抜けて勝利。ただ、3着のホープフルスターがゲート五分なら危なかったかも。
「前走は勝ち時計こそ地味でしたが、馬場が渋っていたことを考えればいい勝ち方だったと思います。使いつつ力を付けているし、競馬も覚えてきましたからね。前走と同じ舞台のここで、どんなレースをしてくれるか楽しみはありますね」(佐藤吉勝調教師)。 ◎出遅れた未勝利戦はジワッと中団に押し上げる。大外枠で外を回るロスはあったが、楽な手応えで先団に取り付き、軽く仕掛けただけで2着に2馬身。道悪巧者でもあったが、能力は高そう。
「デビューから2戦続けてダートを使ってきましたからね。相変わらず追い切りの動きは絶好ですが、今回は初めての芝がどう出るか、その点がカギになりそうです」(日高調教助手)。 ◎ダートの1200mで未勝利勝ち。距離は問題ないが、血統的にはダート色が濃い印象。
「休養効果で馬体が成長。1週前に負荷をかけてあるので、今週はラスト重点ですが、これは予定通り。この距離にも好走歴があるし、このメンバーが相手でも楽しみはありますよ」(高市調教師)。 ◎小倉2歳Sは中団。内目をロスのない立ち回りで渋太く伸び、レーヌミノルの6馬身差2着。デビュー戦がこの舞台でアエロリットの2着。舞台設定は問題ナシ。成長度がカギ。
「前走は厳しいマークを受けましたが、着差以上に強い勝ち方をしてくれました。ここにきて緩さが解消し、大分上向いてきました。あのレース振りなら距離が延びても対応できそうだし、ここは目標にしてきたレース。好結果を期待しています」(菊川調教師)。 ◎カンナSは先団に付けて上手な立ち回りで勝利。仕掛けてからの反応が良く、坂もOK。今回は初距離になるが、その点は問題なさそう。
「週を追う毎に負荷を強くしてきたし、ここまで入念に乗り込んできたので、今日はラストを伸ばす程度。距離が延びる点はむしろプラスだと思うし、左回りを経験するのもいい勉強になると思います。牝馬でも落ち着きがあるし、何も注文は付きませんからね。ここでどんな競馬をしてくれるか本当に楽しみです」(本田調教師)。 ◎小倉2歳Sはスッと2番手。行きっぷり上々で4角手前では馬なりで早くも先頭。後は後続を突き放す一方で追うところなしで�A着に6馬身。立ち回りが上手で距離もOK。牡馬が相手でもやれる能力の持ち主。後は輸送さえクリアすれば。
「放牧の効果で馬に落ち着きが見られるのは何よりだと思います。追い切った後も息の乱れが見られないし、いい雰囲気に仕上がったと思います。距離はOKだし、重賞のここでも楽しみですね」(柴田善臣騎手)。 ◎アスター賞は出負けしたが二の脚で好位に。少し力みは見られたが、うまく我慢をさせる。直線はアッサリ抜け出して勝利。距離はOKでゲートと当日の落ち着きがカギ。
「除外で1週延びましたがその影響はありません。距離の延長は対応できると思うので、このメンバーを相手にどこまでやれるかになるのでは」(伊藤正徳調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利を勝ち。ただ、時計は平凡で昇級戦の今回、即通用とは。
「中1週になりますが、レース前からここに使うつもりでいたので何も問題はありません。走れる状態にあるし、レースセンスのいい馬。重賞のここでも差はないと思いますよ」(中館調教師)。 ◎3か月振りの“くるみ賞 は8キロ増も好仕上がり。好位のインで折り合い、楽な手応えで直線に。ほとんど追うところなく2着のマイネルアム二スに1馬身4分の1差を付けて勝利。時計は平凡だが、再度落ち着いて臨めれば時計短縮は可能。
「1週前の追い切りの動きが良かったし、時計も言うことナシ。今週は馬ナリですがこれで十分。それに落ち着いている点もいいと思います。今回は軽い芝に替わりますが、ここで結果を出せば先々が楽しみになってくるんですけどね」(矢作調教師)。 ◎函館2歳Sは好スタートを決め、3番手を手応えよく追走。直線に向いても余力十分で追い出しての反応も良く、モンドキャンノの追撃を危なげなく凌いでレコード勝ち。こういう競馬ができれば距離延長は問題なく、輸送さえクリアできれば。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。いい状態で帰厩しました。1週前に長めから負荷をかけてあるので、今日は余裕を持たせた追い切りでしたが、いい動きをしてくれました。調教でも少し行きたがる面を見せているので、長距離輸送や距離の延長がカギになりそうですが、折り合いさえ付けば弾ける馬。力は間違いなく通用するので、折り合って運べるようなら……ですね」(安田調教師)。 ◎函館2歳Sは少し力みが見られた。楽な手応えで4角を回ったが、最後まで勝ったレヴァンテライオンを捉えられず2着。こういう競馬ができたことは収穫で距離延長にも対応できそう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。