IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年10月15日(土)

11R

2016年10月15日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第64回府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。新潟への輸送で減った体は回復しているし、まだ緩かった前走時と比べても今回の方が間違いなくいいですからね。1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリですが動きは上々。ベストはマイルですが、折り合いに不安がないので距離は大丈夫。目標(マイルCS)に向けて賞金加算を……と思っています」(中川調教師)。 ◎関屋記念は出たなりで後方から。前半に前が飛ばす展開。直線は大外から最速の末脚を駆使して伸びたが、先に抜けた2頭を交わせずにヤングマンパワーの3着。それでも時計を大幅に短縮しており、左巧者を考えると東京は◎。久々の1800mをクリアすれば。
「予定していたヴィクトリアマイルは挫石のために回避して放牧。札幌のクイーンSも考えていましたが、ここから始動することにしました。ここまで入念に乗り込んできたし、今週は馬ナリですが仕上がりに関しては何も言うことはありません。コース実績はあるし、能力的に牝馬同士の一戦なら見劣りしませんからね。楽しみです」(友道調教師)。 ◎中山牝馬Sはスタートでヨレてしまい、ハナを切れず。2番手を追走も勝負所で揉まれ込んで後退。シュンドルボンの15着。東京はフローラS勝ちがありOKも叩き良化型?!
「追い切りの動きが悪くないし、状態面はいいんですけどね。今回は牝馬同士のレースだし、良績がある東京。距離延長は問題ないので、もう一押しを期待したいですね」(佐藤調教助手)。 ◎ポートアイランドSは出遅れ徐々にポジションを上げて行くが、勝負所では早々と一杯。後退する一方でウインプリメーラの11着。近走のレース内容から特に強調材料は見当たらず。
「前走後は完全に馬をリセットしました。どこと言って悪いところは見当たらないし、調教も動いています。ずっと結果が出ていませんが、馬の雰囲気は悪くないし、何とか復調の兆しが出てくれるようなら……と思っているんですが」(飯田祐史調教師)。 ◎マーメイドS(56キロ・トップハンデ)は後方から大外を回って追い上げるが、ラストは一杯。リラヴァティの11着。イマイチ良化がスロー。
「この中間は短期放牧を挟みましたが、順調に調整ができています。前走は口向きの悪さや折り合い面も許容範囲だったし、勝った馬が強かったということでしょうね。今回は距離の延長がどうかですが、折り合い一つでは……」(橋本調教助手)。 ◎4か月振りの京成杯AH(54キロ)は中団のインで折り合いもピッタリ。直線も最内を突いてよく伸び、ロードクエストの2着。昨年のこのレースがノボリディアーナの3着。左回りの良績が多く、今回も要注目。
「放牧明けになりますが乗り込みは十分。1週前に速いところを済ませてあるし、輸送をすると体が減るので、その点を考慮しての調整ですが仕上がりはいいですよ。春も好レースをしてくれたし、鉄砲も利く馬。ここも立ち回り一つでチャンスはあると見ています」(大久保龍志調教師)。 ◎ヴィクトリアマイルはレッドリヴェールの2番手。4角では早めに動いたカフェブリリアントに一旦は先頭を譲ったが、それでも抜け出せそうな手応え。ところが残り1ハロンで甘くなり、ストレイトガールの4着。当該レースは昨年2着。東京・鉄砲ともに◎で。
「前半戦はコンスタントに使ってきたため、前走はさすがに疲れがあったようです。放牧に出してリフレッシュをした効果で今はスッカリ持ち直したし、いい体付きになっています。力を出せる態勢に仕上がったので、後は他馬との力関係がどうかですね」(高野調教師)。 ◎マーメイドS(53キロ)は中団の後方。内々を追走したために勝負所で動きにくくなった上にラストも少し窮屈になるシーン。結局はリラヴァティの5着。ベストは2000mで右回りの平坦!?それと使って良くなるタイプかも。
「一息入りましたが仕上がりは悪くありません。近走はもう一つ結果が出ていませんが、今回はメリハリのある競馬をして前進を期待したいですね」(安田調教師)。 ◎1年余り馬券の対象になっていない状況。一変は望み薄で……。
「目下2連勝と本格化の兆し。5日、10日とやってあるので、今日は馬ナリでラスト重点ですが、これは予定通り。精神面でも成長が見られるし、直線が長い1800mという舞台もあっていると思います。昇級+重賞になりますが、ここでどれだけやれるかを見てみたいですね」(中尾調教師)。 ◎準オープンの博多S(54キロ)は中団の後ろ。行きたがるのを抑え、他馬が動き出してもジックリ我慢。4角から外に持ち出し、早め先頭に立ったアカネイロを捉えて勝利。1ハロン短縮はプラスで、神戸新聞杯で4着、函館記念5着のバイガエシも破った馬。牝馬限定ならオープンでも。
「放牧から帰厩した当時は体の張りがもう一つでしたが、2週前あたりから馬体を大きく見せるようになってきました。と同時に動きも体付きも良くなってきました。目標(エリザベス女王杯)は先にありますが、今週の一追いでほぼ態勢は整うと思うし、東京の1800mはベストの舞台。後方からリズム良く運び、直線で末脚を生かす競馬をして好結果を……と思っています」(矢野英一調教師)。 ◎マーメイドS(56キロ・トップハンデ)は出負けをして後方から。3角過ぎから進出を開始し、4角では先団。残り1ハロン過ぎから勝ったリラヴァティを交わすが、最後は甘くなり0.1秒差の4着。コースはOKで今回は連対10割の1800mで別定戦なら。
「前走後はミニ放牧を挟んでここに。1週前に負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですがラストの伸びが良かったし、状態面は問題ありません。7歳になりますが衰えは感じないし、展開など条件がうまく噛み合うようなら」(鵜木調教助手)。 ◎札幌記念は中団。勝負所からジワジワ進出し、4角で先団に取り付くがそこで精一杯。ネオリアリズムの8着。7歳で上がり目は?の上にムラ駆けタイプで。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。9月下旬に帰厩してからは予定通りのメニューを消化。1週前にもある程度やってありますが、飼い葉食いが良くなっているので今週は坂路で一杯に追い切りましたがいい動きでしたね。久々は苦にならないし、距離もベスト。コース実績もあるのでここでも楽しみです」(松永幹夫調教師)。 ◎クイーンSはスローペースの2番手。抜群の手応えで4角を回り、直線も楽に抜け出して完全に勝ちパターンかと思われたが、マコトプリジャールの決め脚に屈してアタマ差の2着。前走の10キロ増はプラスで、この舞台にも勝ち鞍。条件は◎でここも上位の一角。
「この中間は順調に乗り込んできたし、10日の動きも良かったですからね。力を出せる仕上がりになったと思います。輸送は問題ないし、距離もOK。今回は牝馬限定の一戦なので楽しみです」(吉元調教助手)。 ◎米子Sはスッと前。途中からダローネガが来ると先を譲って3番手。直線は一旦先頭に立つが、内から来たケントオーにアッサリ交わされて2着。重馬場の巧拙が出た印象。東京の2敗はオークスとヴィクトリアマイルなら仕方なし。適距離の1800mで見直し。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。