2016年5月29日(日)

10R

2016年5月29日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第83回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

「この中間、少し疲れが見られたので2、3週前の調教は手控え気味でしたが、先週の動きを見る限り疲れは回復。一安心しました。今日は長めから前の馬を追いかけて、ラストを伸ばすようにとの指示。一番重要なのはオーバーワークにならないことですからね。ダービーにピークを持っていきたいと思っているので、いい追い切りができたと思います。距離はマイルか少し延びたくらいがいいタイプだと思っていましたが、心肺機能が優れているので距離が延びる点は心配ありません。東京コースも歓迎なので、何とか関係者全員で喜びを分かち合いたいと思いますが、まずは平常心で臨むつもりでいます」(二ノ宮調教師)。 ◎共同通信杯から直行で臨んだ皐月賞は出遅れたものの、鮮やかな差し切り勝ち。折り合いに不安がないので距離は問題ナシ。東京も2戦2勝と相性が良く、今回も有力候補。
「今日はテンションを上げないように調整をしましたが、うまくいきました。時計は平凡でしたが、問題はありません。道中、もう少しリラックスして走れるといいと思いますが、この舞台を1度経験したことが今回に繋がれば……と思っています。後は実戦に行って気負わずに折り合って運べれば……」(横田調教助手)。 ◎注文通りの逃げを打った青葉賞だったが、道中、気負いが見られて粘りを欠く結果に。距離はもう少し短い方が良さそうな印象がある。
「ここにきて体質が強化してきたことで、疲労の回復が早くなりました。前2週に渡ってCWで併せ馬をして長めから追い切った動きが良かったし、今週も動きにメリハリがある動きで、リラックスして走れていましたからね。安心してレースに送り出せます。折り合いが付いて、最後は必ずいい脚を使ってくれる馬。距離も問題ないと思います。直線が長い東京はむしろレースがしやすいと思います。それだけに楽しみは大きいですね」(友道調教師)。 4角大外を回り、最速の末脚でディーマジェスティの2着。ペースを問わず、デビューから4戦全てで最速の末脚をマーク。さすがにラストは切れるということを再認識させられた。距離に不安はないし、東京は初コースになるが、末脚を生かすには絶好の舞台。当然、最有力候補。
「前走後はすぐに放牧に出して、1週間ほど楽をさせて17日に帰厩。先週の日曜日にある程度やってあるので、今週馬ナリは予定通り。距離の延長はやってみないと分かりませんが、コーナー4回は経験しているし、スローペースでも折り合いは付く馬。最後は渋太い脚を使うタイプなので、案外こなしてくれるのでは……」(浅見調教助手)。 ◎NHKマイルCは外枠の不利を克服してメジャーエンブレムの0.1秒差3着。今回は一気の距離延長と相手が強化される点がネックと言えそう。
「前走は速い流れで前崩れの展開。それを自ら捕まえにいったうえに直線での不利。それを考えれば4着でも強い競馬だったと思います。さすがに少し疲れが見られましたが、今は回復しています。先週長めからやってあるので、今週はラスト重点ですが、予定通りの時計だったし、オーバーワークにならない程度にうまくセーブした追い切りができました。この中間は人間に対してわがままな面に課題を置いた調整をしてきましたが、前走である程度改善が見られましたからね。レースが上手なので初コースは気にならないし、距離面も心配していません。とにかく、今は状態がいいので楽しみはありますよ」(笹田調教師)。 ◎皐月賞は直線で接触する不利がありながらも、先行してよく粘って4着。上位3頭には伸び負けたが、渋太い先行力は魅力。ここも上位陣の1頭であることには変わりはない。
「前走後は速い調教をやっていませんが、左回り調教日の日曜に軽いところをやってあります。今回は距離が延びるし、直線に坂があるタフなコースに替わるので、追い切りはハードに。GIで相手が強くなるし、やることだけはやっておかないと、との思いからです。距離は大丈夫だと思いますが、相手が相手。秋に繋がる競馬を期待したいですね」(長浜調教師)。 ◎京都新聞杯はスローに持ち込んでの逃げ。最後まで渋太く粘ったがスマートオーディンの末脚に屈して2着。今回は更に相手が強化され、どこまでやれるかだろう。
「この中間はプールを交えての調整。落ち着きがあって、乗り手の指示にもシッカリ反応。いい感じになってきています。ダービーに出走するからには当然いい状態で、が最低条件になりますからね。回復が早いこともあって、これならという状態にまでなってきました。距離は決してベストとは言えませんが、直線が長い左回りは走りますからね。後方から末脚を生かす競馬をしてどこまで差を詰められるか……でしょう」(小島茂之調教師)。 ◎マイル戦に戻したNHKマイルCは出負けしたものの、最後は大外からよく伸びてメジャーエンブレムの0.1秒差2着。あの競馬を見るとベストはマイルといった印象が濃く、2400mは長いかも?!
「皐月賞当日は前残りのレースが多く、ある程度前でと指示を出しましたが、結果は裏目に出てしまいましたね。それに休み明けだった前走は体重が増えていたし、筋肉も引き締まっておらず、決して万全と言えるデキではありませんでしたから。それを踏まえて今回は調教のメニューを強化。それでイラ付いたり、オーバーワークになるようなら戻そうと思いましたが、ここまでへこたれずにきましたからね。今日の追い切りもパワフルな走りだったし、1度使った上積みは大きいと思います。器用な立ち回りができるので、コース替わりは大丈夫。距離も問題はないと思うので、何とか皐月賞のリベンジを果たしたいですね」(池江調教師)。 ◎皐月賞は手応えの割に弾けなかったが、直線で接触する不利も痛かった。距離に関しては未知数だが、折り合いに不安がないので問題はないだろう。コーナー4回は経験済みで、ここも上位争いの1頭。
「皐月賞はハイペースを深追いし過ぎて差し馬にやられましたが、直線で前をカットされながらも盛り返して0.7秒差の6着なら悪くありません。その後は在厩して調整をしてきましたが、いつも以上にシッカリとやってきました。最終追い切りの動きが良かったし、ここまでは順調の一言です。チークピーシズを着けたことで反応は良くなりましたが、レースで着用するかどうかは流動的。いい面、悪い面があるので直前に外すことも考えています。皐月賞は不利がありながらも諦めずに走っていたし、上位馬とそれほど差があるとは思っていませんから」(橋本調教助手)。 ◎先行した皐月賞、リオンディーズが早めに動いて1000mの通過が58秒4という速い流れに。結果は脚を失くしてしまったが、0.7秒差7着なら健闘の部類。切れるタイプではないが、渋太さを生かせるようなタフな戦いになれば……。
「先週も長めをやってあるので、今日は馬の後ろに付けてラスト1ハロンだけ伸ばす追い切りを指示。馬の方は既にできているので、今日は確認という程度の調整です。いい伸びをしてくれたし、動きは申し分ありません。ダービーのことを考えて、前走でコーナー4回のレースを使いましたが、馬の後ろに付ければ折り合えることが分かった点は収穫でした。今回は初めて対戦する馬との力関係は分かりませんが、自分の競馬ができるようなら……と思っています」(松田国英調教師)。 ◎京都新聞杯を勝って重賞3勝目をマーク。勝った4勝は全て最速の末脚を駆使しており、切れ味は抜群。東京コースにも勝ち鞍があり、あとは距離をこなせるかどうかだけ。
「前走は長くいい脚を使うこの馬の持ち味を、ジョッキーがうまく引き出してくれましたね。競馬が上手なので距離の延長は大丈夫だと思うし、まだ伸びシロがある馬。とは言え、今回は相手が強いですからね。立ち回りの上手さを生かして善戦を期待したいと思いますが、後は全て鞍上に任せます」(古賀慎明調教師)。 ◎プリンシパルSを勝って権利を獲得したが、今回は初の一線級が相手、そんなに甘くはないだろう。
「春は弥生賞から皐月賞、そしてダービーの3走と早くから決めていましたからね。ダービーがピークの状態に持っていけるように仕上げてきています。1週前の追い切りはCWでジョッキーの騎乗でやりましたが、さすがという時計と動き。この中間はジョッキーからの注文で舌を縛って調整をしましたが、折り合い面に進境が出たのか、好感触を口にしていたし、今週の動きも凄く良かったですからね。前走は他馬より速く動きましたが、結果は1000mが58秒4という厳しいペースになりました。それでも大きくは負けていません。左回りが良さそうな走りをしているので、改めて期待したいですね」(岸本調教助手)。 ◎弥生賞で先行策を取った影響か、皐月賞では少々かかり気味。それでも先行勢では最先着の5着(実際は4着だが直線で外に斜行し、他馬の進路を妨害したために降着)。今回も折り合い面に不安は残すが、スムーズに折り合うようなら怖い存在であることに間違いはなく、軽視は危険。
「前走から間隔が詰まっているので、先週はジョッキーに乗ってもらって馬ナリ程度でしたが、反動は見られずいい状態をキープしています。今週は先週より仕掛けてからの反応が良かったし、気合の乗りも良化。まだ成長途上の段階ですが、確実に力を付けているし、折り合いの不安がなく、まだ伸びシロがある馬ですからね。ダービーと同じ舞台を経験していることは大きなアドバンテージだし、皐月賞組との力関係がどうかですが、楽しみはあります」(笹田調教師)。 ◎昇級初戦の青葉賞は最速の末脚でヴァンキッシュランの0.2秒差2着。コース経験の強味を生かしてどこまで踏ん張れるかだろう。
「1週間にCWで併せ馬を行い、シッカリと負荷をかけてあるので、今週は調整程度でしたが、身のこなしに柔らか味が出てきたのはいいですね。本格化はもう少し先になると思いましたが、前走の青葉賞が強い勝ち方をしたように、ここにきて急激に力を付けてきています。この舞台で勝っている点も有利な材料だし、一戦毎に強くなっていることは確か。ここでも頑張って欲しいですね」(岸本調教助手)。 ◎当該舞台の青葉賞を快勝。距離・コースともに◎で1着降着がなければ4連勝をしていた馬。皐月賞は不参加だが、軽くは扱えない1頭。
「1週前に坂路で併せ馬をやってあるし、前走から間隔も詰まっているので、今週は感触を確かめることと折り合いに重点を置いた追い切り。状態面は安定しているし、いい状態で出走できそうです。今回は距離が一気に延びますが、マイル戦は忙しい感があったので、むしろプラスかもしれません。長くいい脚を使うので、ある程度流れてくれるようならいいですね。後は当日、落ち着いてレースに臨めれば」(須貝調教師)。 ◎久々だったとはいえ、NHKマイルCが案外の成績。叩いた上積みを見込んでも、このメンバーを相手に上位争いまでとなると……。
「今日は前の馬を追走し、ラストで抜け出すという折り合いに重点を置いた追い切りをやりました。前走から中2週と間隔が詰まっているし、先週も少しやってあるので、これで十分でしょう。左回りは得意だし、ジョッキーも完全に手の内に入れています。距離は未知ですが、乗り方一つでこなしてくれるのでは……。相手は強くなりますが、少しでも上を目指して頑張って欲しいですね」(小笠調教師)。 ◎NHKマイルCは後方から差を詰めたのみの8着。2000mのレースは2戦して7、12着。良績はマイルまででこの距離では……。
「使い込むより間隔を開けた方がいいタイプなので、前走後は放牧に出してジックリと調整をしてきました。1週前に併せ馬をして遅れはしましたが、この馬なりに動いていたし、今週も遅れたとはいえ、追う毎に良くなっています。前走時にある程度仕上がっていたので、大幅な上積みはどうかと思うし、本当に良くなるのはもう少し先になるかもしれませんが、距離延長は悪くない条件なので、頑張って欲しいですね」(池江調教師)。 ◎皐月賞は+12キロでの出走。結果は自分の位置を粘っただけの11着と平凡な内容だったが、馬体増はいい傾向。血統から距離延長はOK、後は相手関係だけ。
「放牧から帰厩後、骨膜を気にして調整が遅れたので青葉賞を使ってダービーに出走することに。その前走が気負ってしまい、勝負どころでハミを噛んだために直線の伸びを欠きましたが、1度使ったことでガス抜きができましたからね。先週併せ馬で長めをやってあるので、今週は折り合いに重点を置いた追い切りをしましたが、息遣いが良かったし、思った通りの調教ができました。その分、今回は折り合いも付くと思います。相手が強いので大きなことは言えませんが、目標にしてきたレ-スですからね。能力を出し切って、悔いのないレースをして欲しいですね」(国枝調教師)。 ◎休み明けの青葉賞はスタートこそ一息だったが、すぐに好位付け。一伸びを欠いたものの、4着と見せ場は作った。相手は強くなるが、叩き2走目の上積みでどこまで差を詰められるかだろう。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。