IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年4月24日(日)

11R

2016年4月24日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

「前走はもう少しやれると思っていましたが、後続に早めに来られた分、粘りを欠きました。今日の追い切りはシッカリ動けていましたから、前走で体が減っていたことは心配ありません。いい素質を秘めた馬、何とかオークスの権利を……と思っています」(尾関調教師)。 ◎ミモザ賞はハナを奪ってマイペースの逃げを打てたが、勝ったパールコードに早めに交わされた時点で抵抗できず5着。展開の助けがないことには苦しいかも。
「普段からテンションが高い馬なので、今日はその点を考慮しての調整。既に体の方は仕上がっているのでこれで十分です。前走はいつもと違った競馬で結果を出してくれたし、切れないけど長くいい脚を使う馬なので東京の2000mは合うハズ。後は少しでも時計が掛かってくれるようなら」(高橋義博調教師)。 ◎フラワーCは窮屈な競馬を強いられたが、直線最内を突いて伸びてエンジェルフェイスの2着。レース振りに幅が出た点は収穫で東京替わりもプラスに出そうだ。
「前走後は放牧に出しましたが、向こうでも乗ってきたので前走と同じ状態で臨めると思います。前走が10キロ減でしたが、新馬の時の馬体に余裕があったので、体付きとしてはあれくらいでいいと思います。距離延長は問題ないし、決め脚を生かせる東京に替わる点もプラス材料。ここで好結果を出してオークスにいけるといいですね」(鹿戸調教師)。 ◎10キロ減で臨んだ500万下の一戦をアッサリ抜け出して快勝。これで2戦2勝。東京で新馬勝ちをしておりコースはOK。距離も馬場も問わない馬で牝馬同士の重賞なら有力候補の1頭。
「前走後は放牧に出してオーバーホール。いい体付きになって帰ってきました。先を見据えた仕上げになりますが、かなりの素質を秘めた馬ですからね。その点に期待をしたいですね」(斉藤調教師)。 ◎2戦目で敢然と挑んだ東京スポーツ杯2歳S。積極的なレースをしたものの、直線で伸びあぐねてスマートオーディンの7着。牡馬相手ということもあって仕方ないが、評価の高い馬で牝馬同士なら無視までは。
「追い切りの動きが良かったし、今は本当に具合がいいですね。前走も内から弾かれなければ勝っていたレース。距離に関しては未知ですが、スタートを決めて、道中うまく脚を温存できるようなら……」(相沢調教師)。 ◎前走は勝ったミッキーグローリーをマークしてのレースで2着。アタマ差及ばなかったが内容は悪くない。距離克服が叶えば。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。仕上がり早の馬なので、追い切りは馬ナリですがこれで十分。広い東京に替わる点はプラスだし、良馬場で競馬ができれば」(斉藤調教師)。 ◎前走は稍重馬場が応えて全くいいところなく8着。未勝利勝ちの内容が良く、良馬場で改めて。
「フラワーCを除外されて、マイルの500万下を使うことになりましたが、マイル戦は忙しかったようです。その後は短期放牧を挟みましたが、帰厩後は順調に調整ができています。ただ、いい頃に比べるともう一息といった感じは否めませんが、本当に良くなるのはまだ先ですからね。今回はこの馬の地力に期待をしたいですね」(小島茂之調教師)。 ◎前走の500万下・芝1600mは大外から追い込んでカープストリーマーの3着。東京は新馬勝ちの他、共同通信杯5着があり、牝馬限定の一戦なら。
「中1週の競馬が続くので追い切りは馬ナリですが、疲れは見られないし、本当にタフな馬です。相手は強くなりますが、今回は開幕週。持ち前のスピードを生かして頑張って欲しいですね」(上原調教師)。 ◎デイジー賞はスローに落として逃げたものの、後続に早めに来られて一杯。今回も同型の存在がカギになりそう。
「前走後は放牧を挟みましたが、帰厩後は入念に乗り込んできました。馬体が増えてきたし、先週も今週の動きも良かったですからね。いい状態で臨めると思います。折り合いの不安がないので距離延長は問題ありません。東京にも良績があるのでコース替わりもOK。本番に向けてここで好結果を出して欲しいですね」(国枝調教師)。 ◎クイーンCはメジャーエンブレムの5馬身差2着だが忘れな草賞を勝ったロッテンマイヤーには先着。ゲートに課題があるので直線が長い東京に替わる点はプラスに出そうだ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。距離は問題ないし、未勝利を勝った東京に替わる点もプラス。相手は強くなりますが頑張って欲しいですね」(松田国英調教師)。 ◎休み明け+初ダートのくすのき賞は後方のままキョウエイギアの12着。ダート適性の高そうな血統だが成績からは芝向き。ただ、今回は相手が揃った印象。
「今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度。時計は速かったけど最後まで楽な感じだったし、鞍上も好感触を掴んだようです。今回が関東へ2度目の輸送、東京の2000mにどう対応できるかなど課題はありますが、競馬のセンスがいい馬。今回が試金石の一戦になりそうですが、期待をしている馬なので楽しみですね」(中内田調教師)。 ◎ミモザ賞は4角先頭からそのまま押し切って快勝。これで3戦2勝、好馬体の持ち主で牝馬同士の戦いなら重賞でも。
「この中間は入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですね。先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリですがいい動きでした。距離は前走でこなしているし、相手は強くなりますが頑張って欲しいですね」(北出調教師)。 ◎未勝利を先行抜け出しという無難なレース振りでV。今回は昇級+重賞でどこまで。
「追い切りはラスト重点ですがいい伸びでしたね。今回は初めての長距離輸送がどう出るかですが、この距離は前走の中京で好時計勝ちをしているし、左回りの東京も合うと思います。輸送をクリアして落ち着いて臨めるようなら」(平田調教師)。 ◎未勝利は先行する3頭の外に出して差し切り勝ち。2000mの勝ち時計がレコードの1分59秒7。同週の古馬500万を上回る好時計。昇級戦+重賞でも。
「連闘明けになりますが、十分間隔を開けたのでその点は大丈夫。今日の追い切りで好時計をマークしましたが、無理をしていなかったし、やり過ぎということはありません。今まで強敵相手に善戦をしてきた馬だし、東京のこの舞台で新馬を勝った実績もありますからね。何とかオークスの権利を取って欲しいと思っています」(大久保龍志調教師)。 ◎今回と同じ舞台の新馬で京成杯5着のウムブルフを破り、サトノダイヤモンドの2着もある。チューリップ賞は初のマイルだったが、先行して渋太く粘って4着。距離延長はプラスで可能性十分。
「追い切りの反応はもう一つでしたが、実戦にいっていいタイプですから気にはしていません。放牧明けになりますが、いい雰囲気に仕上がっているし、キャリアの浅い点がどうかですが、素質のある馬ですからね。差のないレースを……と思っています」(橋本調教助手)。 ◎新馬の勝ち方が強かった。キャリア1戦がどうかだが、初コースに戸惑わなければ。
「桜花賞を除外になり、ここに。ここまでシッカリ乗り込んできたので、追い切りはラスト重点ですがこれで十分。東京コースは適性があるし、距離延長も問題ありません。何とか権利を取って欲しいですね」(西浦調教師)。 ◎この舞台でアルテミスS3着、赤松賞勝ちがある。チューリップ賞は直線差を詰めたのみの7着だが、馬体が増えての参戦なら軽視はできない。
「前走後は放牧に出し、ここから始動は予定通りです。今週は3頭併せで遅れはしましたが、ここまで入念に乗り込んできたので仕上がりに関しては全く問題ありません。正直、前走の敗因が不可解ですが、折り合えば距離はこなせると思うし、初の長距離輸送をこなしてくれれば……と思っています」(岸本調教助手)。 ◎チューリップ賞は中団の前。スムーズな競馬はできたが伸び負けの形で11着。初めて馬券の対象から外れた。掛かるタイプではなく距離はOK。レース上手な馬でこの相手なら。
「短期放牧明けになりますが、帰厩後は順調に調整できているし、先週、今週と動きが良かったですからね。馬体もキープできているし、いい状態で出走できそうです。中山であの脚を使えたし、東京なら更に切れると思います。距離が延びる点も気持ちがリラックスできているし、折り合いの不安がないので心配ないと思います。瞬発力勝負の形になればどの馬にもヒケは取りませんからね」(津曲調教助手)。 ◎コディーノの妹という良血馬。アネモネSはスタートこそ遅かったがサッと中団に。馬込みを捌き、直線は外に出してアッラサルーテ以下に差し切り勝ち。東京もOK、馬場も問わない馬で再度牝馬同士の一戦なら。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。