IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年1月31日(日)

11R

2016年1月31日(日) | 1回東京2日 | 15:45発走

第30回根岸ステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「昇級初戦だった前走が8着でも差は僅か。オープンでもやれる感触は掴めました。その後は左回りのここを目標に調整。先週、今週といい動きをしてくれたし、いい状態で臨めます。左回りのダートはピッタリだし、まだ底を見せていない魅力のある馬。フレッシュな方が走るので、楽しみはありますね」(尾関調教師)。 ◎芝・ダートは問わない馬。ただ、昇級戦の前走(オーロC)が平凡な内容であること、走破時計の比較からも上位は?
「追い切りの動きは8歳という年齢を感じさせないものでしたね。前走で騎乗したムーア騎手が1800mは長いと言っていたので、1400mに使うことにしましたが、ハミ掛かりの良さを考えると今ではこのくらいの距離の方がいいと思います。前走増えていた体も輸送で絞れると思うし、変わり身を期待したいですね」(安田調教師)。 ◎まだ衰えは感じないが、スピード決着になった時は一抹の不安も。
「落馬の影響はなさそうなので、もう一度平地を使ってみることに。今日の追い切りの感じが良かったし、明けて9歳でも元気一杯です。障害をやったことで肉付きがよくなってきたし、気分良く走らせることができればソコソコやれても、と思っています」(橋田調教師)。 ◎明けて9歳。さすがに一頃の迫力は薄れた感。
「前走は実績がない中山の1200m、しかも前が止まらない馬場で3着と好走したように、明けて10歳になりますが元気一杯ですよ。前走後は、短期放牧を挟んでこのレースは、予定通り。年齢的に大きな上積みはどうかと思いますが、今日の追い切りも動いていたし、状態はキープしています。距離・コースは合うので、末脚を生かせる展開になるようなら……」(浜田調教師)。 ◎明けて10歳だが衰えはナシ。2走前に勝った舞台で、再度展開がハマるようなら。
「体調は悪くないのに伸びが案外。年齢なのか時期的に冬場が良くないのか、追ってからの反応がもう一つ。最近は自分から止めるような面が見られるので、走る気を出す調教スタイルを取り入れています。コース替わりはプラスなので、何とかキッカケを掴んで欲しいですね」(森田調教師)。 ◎明けて9歳。さすがの上り目となると。
「休み明けの前走は他馬と接触する不利がありましたが、最後はよく伸びてくれたし、スムーズならもう少し上にこられたかもしれません。あまり調教駆けする馬ではありませんが、今日は稽古で動く馬と併せていい負荷をかけられたし、一度使った上積みは十分感じられます。今回は実績のある舞台ですが、メンバーは強くなりますからね。展開の助けがあるようなら……でしょうね」(大和田調教師)。 ◎ジャニュアリーSはキャリアの浅い右回りだったが、最速の末脚で6着。今回は全5勝をあげている東京の1400m。舞台設定はいうことないが、オープン2走目+重賞でどこまで。
「追い切りは併せた相手に遅れましたが、この一追いで変わってくれるでしょう。前走が9着とはいえ、それ程差はなかったですからね。距離延長はプラスに出ると思うし、もう一歩の前進を期待しています」(小久保調教師)。 ◎中央の重賞ではもうワンパンチが利かない印象。
「前走後は在厩調整。コンスタントに使っているので、今日はジョッキーに感触を確かめる程度の追い切りを指示。体の方はできているのでこれで十分です。東京のこの舞台がベストの馬だし、重賞でもいいレースを期待したいですね」(吉村調教師)。 ◎得意の距離、コース。重賞ではもう一つといったところだが、鞍上の手腕に期待したい。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを復帰戦と決めて調整してきたので、いい仕上がりで臨めます。今日の併せ馬は前の馬を交わせなかったけど、動き自体は良かったですからね。跳びが大きいので広いコースは歓迎だし、距離も左回りも得意。輸送も問題ないので楽しみですね」(鮫島調教師)。 ◎武蔵野Sはノンコノユメにゴール寸前で交わされたが勝ちに等しい内容。距離短縮は歓迎でここは有力候補。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。この中間は順調に乗り込みを消化してきたので、仕上がりはいいですね。明けて8歳になりますが馬は更に良くなった感じがしますね。ベストは1200mですが、この距離でも勝ったことがあるし、力の配分さえうまくいけば……と思っています」(橋田調教師)。 ◎完調手前のカペラSはラストの伸びが上々で0.2秒差の4着。明けて8歳でも元気一杯。1400mも適距離で展開がハマれば。
「左回りの方がいいということで、前走後は放牧に出してここを目標に調整してきました。昨秋あたりから稽古で動くようになってきたし、それと同時に馬がガラッと変わってきましたね。展開を問わず、東京のこの舞台は崩れずに走ってくれるし、昇級戦+重賞で相手は強くなりますが、楽しみはありますよ」(牧調教師)。 ◎条件は悪くないが今回は昇級+重賞。今の勢いでどこまでやれるか。
「連闘になるので追い切りは軽めですが、疲れはなく順調です。この馬はやはりハナに行かないと持ち味が出ませんね。行き切れば多少ペースが速くても粘れるタイプ。今回は東京で直線が長くなるので楽な競馬は望めませんが、自分の形で競馬ができるようなら……と思っています」(谷調教師)。 ◎展開に加え、距離も1ハロン長い感は否めず。
「併せ馬で先着したように動きは良かったですよ。ここを目標にしてきたので、仕上がりは上々です。(中央在籍時)東京コースは実績があるし、距離もベスト。このメンバーを相手にどこまでやれるかですが、楽しみはありますね」(小久保調教師)。 ◎元中央在籍馬だが、重賞では苦しいか。
「先週もやってありますが、今日の併せ馬は楽に前に追いつけたし、時計も速く、申し分のない動きでしたね。展開を問わずラストは確実に伸びてくれるし、左回りも問題ないと思います。長い直線の東京なら更に持ち味を生かせると思うので、このメンバーが相手でも楽しみですね」(羽月調教師)。 ◎オープンに昇級して即2、2着とメド。ただ、今回は重賞で相手関係は厳しいかも。
「前走は中2週で再度の遠征が微妙に影響し、目に見えない疲れがあったのかもしれません。その後は放牧を挟んでここは予定通りです。今日の追い切りの時計が速かったし、動きも上々。言うことナシですね。東京のこの舞台で勝っているし、スタート地点がダートと言うのも好材料。ここで結果を出して大きな舞台に行ければ……と思っています」(石坂調教師)。 ◎昇級+重賞だった武蔵野Sでノンコノユメの少差3着。今回が重賞2戦目に加え、距離もコースもOKで好勝負は必至か。
「この中間の状態は安定しているし、追い切りもいつも通りですが、今回はあまり攻めずにソフト仕上げで臨むことに。それでも高いレベルで体調は維持できています。交流重賞を使ってきているので、中央のメンバーとの比較が付きにくいですが、東京コース・距離ともに合っていると思うので、立ち回り一つでは……と思っています」(萩原調教師)。 ◎最近は交流重賞主体のローテーションだが、中央でもオープン特別勝ちがあり、それほど力の差は感じない。コース・距離ともにOKで差しが決まる流れになれば。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。