IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年7月31日(日)

11R

2016年7月31日(日) | 2回新潟2日 | 15:45発走

第16回アイビスサマーダッシュ(GIII)

芝・直線 1000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

「函館から帰厩後は少し疲れが見られましたが、今は大丈夫。1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリですが状態は悪くありません。千直競馬は正直未知数ですが、鞍上はこの条件を得意としていますからね。その点に期待をしてみたいと思っています」(木原調教師)。 ◎函館SSは後方のままの10着。オープンに昇級後はもうワンパンチの成績続きだが、着順ほどは負けておらず、レースがもつれるようなら。
「前走は休み明けのせいなのか、ゲートの出が今一つでしたね。1度使って、予定通り2走前に善戦してくれた千直のここに。7歳馬で大幅な変わり身はどうかですが、叩いた分、デキは上向き。後は別定の54キロがどう出るかですね」(水野調教師)。 ◎バーデンバーデンCはスタート一息。中団まで押し上げたものの、その無理が祟って追ってからの伸びは案外。オウノミチの10着。千直は今春の韋駄天Sでプリンセスムーンの6着はあるが、高速決着になると?符。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。追い切りはやれば動く馬ですが、今日は指示通りにできたし、ラストの反応も上々でしたからね。これで十分だと思います。芝を使うようになってから成績が安定してきたし、この舞台も前走の内容なら問題はないと判断しての重賞挑戦ですからね。ハイペースで持久力勝負の形に持ち込めるようなら」(羽月調教師)。 ◎初の千直競馬だった韋駄天Sは前を行くネロを見ながらのレース。最後は一旦先頭に立ったが、プリンセスムーン、ネロに交わされて3着。それでも当該舞台への適性は見せており、コース2走目で。
「1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですが全ての面で良くなっていますね。前走は休み明けで息遣いがもう一つでしたが、今度は問題ありません。夏場が合うのか、食べたものが実になって体がフックラして毛ヅヤも良くなっています。55キロは心配ないし、今年ももちろん期待をしています」(角田調教師)。 ◎CBC賞はハナを奪ってマイペースの逃げを打ったが、ゴール寸前でレッドファルクス・ラヴァーズポイントに捕まって0.1秒差の3着。昨年の覇者であり、叩き2走目の上積みも見込める今回、連覇を狙う。
「放牧から1か月前に帰厩。少しガレ気味だった体もここにきて回復してきました。1週前に坂路で51秒台をやってあるので、今週はこれで十分。仕上がりはいいと思います。夏場は走る馬だし、初の千直競馬ですが適性はあると見ています」(西園調教師)。 ◎阪急杯は外枠を考慮してか、無理をせず中団から。直線に向いても全く反応がなく、ジリジリと後退し、ミッキーアイルのシンガリ負け。初の千直だが、立て直した効果と夏場に走る性質でどこまで。
「前走後はここを目標に調整。追い切りの動きが良かったし、状態は更に上向いています。コーナリングが下手なので、千直という条件が合っているんだと思います。ここにきて馬に落ち着きが出てきたし、完成の域にはいった感さえあります。斤量は気にならないし、ここも楽しみですね」(安田調教師)。 ◎韋駄天Sは出が悪く後方から。道中何度か不利があったが、最後は馬群を割ってネロ以下に快勝。53キロの軽ハンデとはいえ、強い勝ち方。千直はこれで5戦3勝2着2回とベストの舞台。別定戦でも54キロなら引き続き注目。
「ラストを要しましたが、全体時計は速かったですからね。今回は格上挑戦になりますが、上でもやれる能力を持っている馬。オープンの厳しい流れでもヒケを取らないくらいのポテンシャルの高さを見せて欲しいですね」(大和田調教師)。 ◎1000万下の身で、どちらかというとダートの方が走る馬。ここでは……。
「いつも通り短期放牧を挟んでここに。1週前にビシッとやってあるので、今週はサラッと。調子の変動が少ない馬で、状態面はキープできています。前走は前が開かずに脚を余す結果で7着でしたが、それほど負けていませんからね。今回は重賞になりますが、条件がうまく噛み合うようなら……と思っています」(蛯名調教師)。 ◎パラダイスSは中団の前。直線で前がカベになり、脚を余す格好でマイネルアウラートの7着。昨年の韋駄天Sでネロを破っており、この舞台は比較的得意。適度に時計を要するようなら。
「前走後は一旦放牧に出しましたが、早めに帰厩して調教の本数はこなしています。稽古は動く馬だし、仕上げに手間取らないタイプなので、休み明けでもいい状態で臨めます。前から1度はこの舞台を使ってみたいと思っていたし、芝も走る馬。今回はブリンカーを着けて行く予定なので、その効果にも期待したいですね」(高橋亮調教師)。 ◎京葉S(ダート・1200m)は後方から。勝負所から追い上げ、最後もシッカリ伸びてキタサンミカヅキの5着。芝・ダートは問わないが、開幕週の千直は少し忙しいかも。
「多少体に余裕はありますが、今日の一追いで丁度良くなると思います。短距離だと集中して走れるのか、この千直が合っているんでしょうね。オープン相手になりますが、得意の舞台だし、頑張って欲しいですね」(菊川調教師)。 ◎駿風S(1600万下・重馬場)は後方からよく差を詰めてプリンセスムーンの0.2秒差3着。当該舞台を得意としており、オープン相手でも適度の時計を要せば。
「中1週と間隔が詰まっているので、今日はラスト重点。ジョッキーの話では手前を替えるのが上手ではないということなので、直線だけの競馬を使うことにしました。スタートが良すぎるので前々の競馬をしていますが、今回は控えてラストにかける競馬をさせるつもり。これでキッカケを掴めるようなら……と思っています」(高橋義忠調教師)。 ◎バーデンバーデンCは休み明けの影響か、最後の叩き合いで伸び負けて4着。叩き2走目の上積みが見込める今回、千直に対応できれば。
「前走は流れが向かなかっただけで、着順程は負けていませんからね。毎週ゲート練習をしていることで、ゲートを出るようになったし、落ち着きが出てきたのも好材料です。追い切りの動きは良かったし、この舞台には良績がありますからね。前がやり合ってくれるようならチャンスはあると思います」(白倉調教助手)。 ◎一息入った函館SSは後方から差を詰めたのみの9着。ただ、千直は過去4戦して全て3着。当該レースは2年連続3着と好走歴があり、今年も前2年と同じローテーション。要注意。
8 13 ネロ
「前走後は放牧を挟み、このレースを目標に調整してきました。放牧先でも緩めずに乗り込んでいましたからね。追い切りはやれば動く馬ですが、帰厩してすぐに好時計を連発できたのはこの中間、シッカリ乗り込んでいたからこそ。千直で結果を出しているように、この距離の走り方を馬が分かっているからだと思います。相手関係がどうこうと言うより、スムーズに運んで自分の力を出し切れば好レースになると思っています」(清永調教助手)。 ◎韋駄天Sは57.5キロのトップハンデでプリンセスムーンの2着。当該舞台は4戦2勝2着2回とパーフェクト連対。鉄砲はOKで別定重量の56キロなら。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。