2016年7月17日(日)

11R

2016年7月17日(日) | 2回函館4日 | 15:25発走

第52回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「前走から中1週なので追い切りはラスト重点。休み明けを1度叩いたことで状態面は幾らか上向いていますね。今回はハンデ戦で52キロ。斤量差を生かして少しでも上を目指せれば、と思っています」(古川騎手)。 ◎一息入っていた巴賞は中団の前を追走も勝負所から徐々に後退。叩き2走目、距離の延長とハンデ差でどこまでやれるかだろう。
「1週前に栗東でシッカリやってあるので、今日はラスト重点。馬場が深かったせいか、少しノメっている感じがあって走りにくそうでしたが、息遣いは良かったですよ。距離はピッタリ(4戦4勝)だし、斤量も昨冬に59キロを背負ってオープン特別を勝っているのでトップハンデ(57.5キロ)になりますが大丈夫だと思います」(音瀬調教助手)。 ◎天皇賞は中団を追走も徐々に後退。シンガリ負けを喫してしまった。昨冬のオープン特別を連勝したように衰えはないと思うが、ここ3走の内容はイマイチ。重賞ではもうワンパンチが欲しい。
「前走から中1週なので追い切りは馬ナリですが、前走同様のいい状態をキープしています。その前走は余力を持って勝ったので、ダメージが少なかったのは幸いでした。この馬は時たまゲートでポカをすることがあり、そこでリズムを崩すと走らないことがあるんです。今回も前走のように落ち着いて臨めるといいんですが……。今回は相手も違ってきますが、ゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば楽しみですけどね」(高林調教助手)。 ◎巴賞は一息入っていたが、仕上がりは良好。中団を追走し、勝負所から動いてスッと先団に取り付くと、直線では早めの抜け出し。マテンロウボスに1馬身4分の3差を付けて快勝。今回はハンデと距離の延長がカギになりそう。
「中1週になるけど前走のダメージはなかったし、今日の追い切りの動きを見る限り、能力は出せると思います。前走であれだけ強いレースをするとは予想もしませんでしたが、今回は重賞で相手も強くなるとはいえ、ハンデ差を生かせればチャンスもあるんじゃないかと思っています」(作田調教師)。 ◎1000万では力の違いを見せつけた前走。神戸新聞杯でリアファルの4着があり、重賞でもヒケは取らない力の持ち主。距離延長はプラスでハンデ一つでは上位食い込みも。
「今日は息を整える程度の追い切りでしたが、いい動きでした。元々が使い込んで良くなるタイプ。前走時より体調は間違いなく上向いているし、昨年よりトモもシッカリしてきましたからね。今回はチャンスもあると見ています」(昆調教師)。 ◎巴賞は勝ったレッドレイヴンが上がって行くのと同時に加速。直線は大外を回ってよく伸びたが2着まで。当初からここが目標とのことで、叩いた効果と距離延長で勝利を目論む。
「前走後は短期放牧に出し、放牧先から直接函館競馬場に入厩しました。昨年も函館で調整していたことで、馬が環境を覚えていたのか、入厩後も落ち着いています。追い切りはいつも通りの動きだったし、なるべく内めの枠を引いてロスのない立ち回りができるようならやれても……と思っています」(荒木調教助手)。 ◎エプソムCは注文通りに逃げを打つ。一旦は後続を突き放して逃げ切るかと思えたが、ルージュバックに交わされると脚色が鈍り、フルーキーにも交わされて3着。函館は昨年の巴賞を勝っており、函館記念は56キロで8着。今回も展開とハンデ一つでは。
「放牧明けになりますが、力強い動きをしてくれたし、今までの休み明けの中では今回が1番いいと思います。このメンバーなら十分やれるだけの能力の持ち主だし、小回りも洋芝も問題ない馬ですからね。斤量も背負い慣れているので大丈夫。期待は大きいですね」(松岡騎手)。 ◎福島民報杯はスタートから出して行くものの、行くに行けず後方から。勝負所から動いたが、直線の伸びはイマイチでシャイニープリンスの9着。勝ち星がある函館と立て直した効果でどこまで。
「前走から中1週になるので、今日は馬の行く気に任せた調整でしたが、感触は良かったですよ。器用に動けるタイプだし、折り合いの不安もないので距離の延長は問題ないと思います。今回はハンデ差があるし、楽しみです」(浜中騎手)。 ◎一息入った巴賞は中団の前。内めをロスなく立ち回ったが、ラストの伸びは今一つでレッドレイヴンの6着。叩き2走目の上積みは見込めるが、今回は初の2000mがネック。
「先週美浦で追い切った時は多少重い印象を受けましたが、今日の動きは良かったですよ。輸送も無事にクリアしてくれたし、年齢を感じさせないくらい元気があり、いい意味で落ち着きがあるのもプラスだと思います。少し時計がかかる馬場は合っているので、洋芝の適性は合うと思いますね」(丸太騎手)。 ◎遠征帰り2走目の日経賞はスローペースとはいえ、後方のまま見せ場ナシ。鉄砲は割と利く方だが、昨春の天皇賞6着以降がサッパリなうえに明けて8歳。上位争いまでは?符。
「いつもは1度使うとかなり煩い馬なんですが、翌日には落ち着いていたように滞在競馬は合っています。追い切りの動きも良かったし、1度使った上積みは見られますよ。体重の方も大分戻ってきたし、距離の延長も競馬がしやすい分、プラスに出ると思います。前走でオープンでもやれるメドが付いたし、ハンデ差を生かして好レースを期待したいですね」(竹村厩務員)。 ◎久々+昇級初戦の巴賞は後方から。追い比べでマテンロウボスには劣ったが、内容的に評価できる3着。叩き2走目、1ハロン延長+ハンデ戦の今回は更なる躍進も。
「前走は函館に入厩して日が浅いこともあり、仕上がり途上でしたが4着と善戦してくれました。1度使ったことで追い切りの動きが素軽くなってきたし、状態は確実にアップしています。今回は前走より2キロ軽い54キロで出られるうえに、叩いた上積みも見込めますからね。自分の形(前め)で走れるようなら面白いのでは……」(鮫島調教師)。 ◎休み明け+昇級初戦の巴賞は中団の後ろからロスのない立ち回りでレッドレイヴンの0.4秒差4着。1ハロン延長、叩き2走目、オープンも2走目でハンデ差も見込める今回は更なる前進も。
「前走後は放牧を挟み、一旦美浦に戻ってシッカリ乗り込んでから函館に入厩しました。輸送で減った体や疲れも取れて、ここまではいつも通りの調整ができています。今週は本馬場で馬ナリの調整ですが、向こうである程度やってきてあるので、これで丁度いいと思います。函館は初コースになりますが、洋芝は昨年の札幌で2戦2勝と走っているので問題はありません。馬場が極端に悪化しなければ好レースになると思っています」(斎藤調教助手)。 ◎小倉大賞典は出負けしたが、3角からマクリ気味に進出し、一旦は先頭を窺う勢いだったが、ラストは伸び負けの形で3着。それでもオープンでやれるメドは立てた。洋芝は札幌で2連勝しておりOK。距離もベストでハンデ一つで出番アリ。
「中1週なので追い切りはラスト重点。息を整える程度ですがこれで十分。前走はハナに行き切れず、交わされると止めてしまうので、今回は何が何でも自分の競馬をさせるつもり。軽ハンデを生かして粘り込みたいですね」(須貝調教師)。 ◎前走はスタートが一息で行き切れず。同型を制してハナを切ることができれば残り目もありそう。
「前走後は放牧に出し、ここを目標に早めに函館に入厩しました。ここまで入念に乗り込めたし、1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点ですがいい動きをしてくれました。今回は久々の2000mがどうかですが、それなりの位置は取れるハズ。昨夏の函館で連勝しているように洋芝の適性が高い馬だし、馬場でも渋って消耗戦になるようなら出番はあると思います」(古閑調教助手)。 ◎ダイヤモンドSを勝って臨んだ初のGI・天皇賞は後方から。勝負所で一旦は押し上げたが、ラストは一杯となり差のある13着。58キロと相手強化が敗因。洋芝は昨年2勝2着1回とオール連対。距離は微妙だがハンデ一つでは。
「追い切りの動きは良かったし、状態面は問題ありません。近走は結果が出ていませんが、広いコースだと肝心なところで止めてしまうところがあり、直線が短い小回りの方が集中して走れるのかもしれません。今回は追い切りでも着けているチークピーシズを着けて臨む予定なので、その効果にも期待したいですね」(小島太調教師)。 ◎叩き2走目のエプソムCは中団の後ろから。特に見せ場らしい見せ場もなくルージュバックの15着。当該レースは昨年54キロで勝利。以降は不振続きだが場所替わりでキッカケを掴めるようなら。
「前走後はノーザンしがらきに放牧に出し、ノーザンF早来を経由して函館入り。入厩後も順調に調整ができています。1週前にも洋芝の感触も確かめたし、いい追い切りができました。今週は相手に併せた形でしたが、軽快な動きだったし、いい感じに仕上がったと思います。勝ち味に遅い馬ですが、自在性があってどんな競馬もできるし、今回は55キロで出られる点もプラス。GIIIならチャンスはあると思います」(田中博調教助手)。 ◎天皇賞は外枠で無理をせず出たなりの競馬。ただ、京都の下りは合わないのか、後方のまま見せ場も作れず14着。今回の2000mは9戦1勝2、3着が各4回と全て馬券圏内のベスト距離。洋芝さえこなせば。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。