sportsnavi

2016年8月21日(日)

11R

2016年8月21日(日) | 2回札幌2日 | 15:45発走

第52回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

「3週前、2週前と美浦でシッカリやってきたし、今週はジョッキーに乗ってもらってラスト重点ですが、自分からハミを取っていたし、息の入りも良かったですからね。今年1番の状態と言ってもいいでしょう。この後にアメリカ遠征を控えているので、洋芝を試したくてここに参戦。器用さがあるので小回りは心配ないし、鉄砲も利く馬。牡馬相手は気にならないので、いい結果を出して本番に向かいたいですね」(斉藤調教師)。 ◎クイーンエリザベスII世Cは渋った馬場に持ち味を殺され、ワーザーの6着。良馬場なら牡馬が相手でもヒケは取らず、改めて。
「先週の水曜日に放牧先から札幌に入厩。見た目に大きくなって、馬体に実が入ってきた感がありますね。日曜日にやってあるので、追い日は馬ナリですが、動き自体は悪くありません。洋芝は経験済みだし、距離もダービーの内容から問題はないハズ。後は古馬を相手にどれだけやれるかですが、楽しみはありますよ」(浅見調教助手)。 ◎ダービーは出が一息で後方から。直線は馬群の中を突いて差を詰め、マカヒキの0.7秒差8着。NHKマイルC3着の実績はあるが、どちらかと言うとマイル前後が適距離。2000mと初の古馬相手がネックに。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。函館に入厩当初は馬が少しボケていましたが、追い切りを進めるに従って反応も良くなってきました。2週前はまだ息遣いが本当ではありませんでしたが、一追い毎に良化。今日の息の入りは良かったですからね。洋芝は問題ないし、距離もピッタリ。休み明けで相手も揃いますが、楽しみはありますよ」(松田国英調教師)。 ◎大阪―ハンブルグCは56キロでの出走。中団を追走して勝負所で進路を外に切り替え、自ら勝ちに行く競馬をしたがラストはジリジリ。それでも渋太く食い下がり、クリプトグラムの0.2秒差3着。昨年のこのレースがディサイファの7着。掲示板くらいなら。
「前走は久々でもう1本欲しい状態でしたが、最後はいい脚を使ってくれたし、7着でも内容は悪くなかったと思います。前走から中2週だし、日曜日に軽めをやってあるので、今日は単走でサッとですがこれでいいと思います。昨年のクイーンSを勝っているように洋芝は合うし、相手は強くなりますが、末脚を生かせる流れになるようなら」(中塚調教助手)。 ◎クイーンSはスローペースの後方から。ラストは最速の上りを駆使するが、展開が向かずマコトプリジャールの7着。今回は牡馬混合+2000mでどこまでやれるかだろう。
「今日は馬場が緩くて多少ノメっていましたが、動き自体は良かったですよ。気合の乗りもいいし、ここにきてオンとオフの気持ちの切り替えがハッキリしてきた点も好材料です。以前は体が伸び切ってダラッとした走り方をしていましたが、最近はトモがシッカリしてきたことでタメが利くようになってきましたからね。それにズブさも出てきたので距離の延長にも対応してくれると思います。強い相手はいますが、楽しみはありますよ」(宮田調教助手)。 ◎エプソムCは中団の前。最後は伸び負けしたが、大崩れはせず、ルージュバックの0.5秒差4着。重賞でもやれることは示した。今回は洋芝への適性がカギになりそう。
「前走後は札幌に滞在して入念に乗り込んできました。1週前に長めから併せ馬でシッカリやってあるので、今週は単走で。元々が単走ではあまり動かない馬なんですが、休み明けを1度使ったことで反応などは良くなっています。近走は結果が出ていませんが、洋芝は問題ないし、何とかキッカケを掴めれば……と思っています」(松岡騎手)。 ◎3か月振りの函館記念は中団のイン。特に見せ場らしい見せ場もなくジリ下がりでマイネルミラノの12着。良化がスローで。
「宝塚記念後に疲れが出たので、函館に移動後は様子を見ながらの調整。1週前の追い切り後にジョッキーが『問題ない』とのことで出走に踏み切ることにしました。今日は時計が速くなりましたが、本馬場なのでこれくらいは出ますからね。小回りの2000mはベストの舞台だし、見直したい一戦です」(池添兼雄調教師)。 ◎宝塚記念は大外枠もあって後方から。馬場も向かず、これと言った見せ場も作れず、マリアライトの13着。昨年の函館記念3着、札幌記念4着と2000mが最適距離。良馬場で見直す手も。
「前走後は札幌に滞在して調整。今日は馬場がかなり悪かったので、走りにくそうでしたが、体調自体はアップしています。道悪は良くないタイプなので、是非、良馬場で競馬をさせてあげたいと思うし、相手は揃いますがこの馬の走りができるようなら……と思っています」(川合調教助手)。 ◎函館記念は中団のイン。ロスなく立ち回るが、勝負所でゴチャ付き伸びを欠く。57.5キロのトップハンデも応えたか。洋芝2回目の今回、変わり身が出れば。
「早くに北海道に移動したので、夏負けも見られず元気一杯です。先週ビシッと追ったことで、息の入りも良化。体に硬さも見られず、いい状態で臨めそうです。洋芝は合うし、良馬場を条件に内めをロスなく立ち回れて、直線は外に出せるような競馬ができれば理想なんですけどね」(清生調教助手)。 ◎宝塚記念は外枠のため無理をせず後方から。内に入れることもできず、最後はジリジリと差を詰めての10着。昨年のこのレースはディサイファの2着。今春の目黒記念も3着と好走しており、好枠を引いてラチ沿いを走れるようなら。
「前走から間隔が開いていないし、馬場も悪かったので追い切りは馬ナリですが、これで十分です。滞在競馬は合うし、距離の延長も前走の内容から判断すれば問題はないと思いますが、今回は強い牡馬が相手ですからね。その点がどう出るかでしょう」(廣井調教助手)。 ◎2か月振りのクイーンSは中団のイン。直線も内を突いてよく伸び、マコトプリジャールの3着。今回は牡馬の一線級が相手で、正直どこまで。
「前走は幾らか急仕上げ気味だったかも。札幌には10日に入厩。翌日に軽めの時計を出し、追い日はジョッキーに騎乗してもらい本馬場でやりましたが、元々が調教は動く方ではないのでこれで十分。洋芝は得意だし、1度使っての良化も見込めるので頑張って欲しいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎目黒記念は後方を追走。直線は外に出してジワジワと差を詰め、クリプトグラムの0.5秒差7着。今回はベストの2000m。コース実績もあり一概に軽視は。
「1週前にジョッキーに騎乗してもらい感触を掴んでもらってあるので、今日は馬ナリでラスト重点の追い切り。体全体を使って走れていたし、昨年に比べて落ち着きが出て精神面の成長が窺える点も好材料です。とは言っても今回は今までと相手が違いますからね。どこまでやれるか試金石の一戦になりそうです」(久保智調教助手)。 ◎五稜郭Sは離れた3番手。直線に向いて追い出し、ラストはワールドレーヴに迫られたが、クビ差退けて準オープンを連勝。今回は昇級戦でどこまでやれるか……。
「前走後は放牧を挟みましたが、いい状態で臨めそうです。今日は折り合いに重点を置いた追い切りをしましたが、うまく折り合えていた点は良かったと思います。昨年、札幌で2連勝した時に騎乗してくれたルメール騎手の騎乗は何より心強いし、折り合いを付けて脚をタメることができれば、最後は確実に脚を使ってくれる馬ですから」(池田調教助手)。 ◎函館記念は出負けして後方から。道中少し力み気味の割には、ラストもそれなりの伸び。それでも前を脅かすには至らずの6着。折り合いがポイントに。
「前走で復調の兆しが窺えたし、ブリンカー効果も見られましたね。前走後も順調に調整ができているし、今日の追い切りの動きも良かったですから。今回、相手は強化されますが、洋芝は走るので再度集中して走れるようなら……と思っています」(須貝調教師)。 ◎クイーンSは出負けして中団で脚をタメる作戦。直線は外に出し、この馬らしい伸びで4着と復調を思わせる末脚。洋芝適性の高さを示したが、今回は牡馬の強豪が相手。楽な戦いとは……。
「今日の追い切りは走りっぷりがよく、パワフルで最後の伸び脚も凄かったですね。徐々に良くなって、チャンピオンズマイルの時よりいい状態になっていると思います。コントロールが利いているし、リラックスして走れば距離は問題ないと思いますね。小回りコースは勝負所でゴチャ付く可能性があるので、その点を上手に導くことが自分の仕事。モーリスが力通りの競馬をすれば、いい勝負になると思います」(J・モレイラ騎手)。 ◎安田記念はスローペースに嵌り、よく差し込んだがロゴタイプの2着。道中行きたがっていた面が見られたことから、今回の2000mがどう出るかやや不安も。最長勝利距離は1800m。能力は認めるが、今回は鞍上の手腕に期待をする手か。
「前走後は放牧を挟んでここに。向こうでも緩めずに乗り込んできたし、日曜日にもある程度やってあるので、今週は本馬場での調整。少し時計は速かったかもしれませんが、問題はないでしょう。前走で着けたチークピーシズの効果で行きっぷりが良くなったし、昨年3着と好走しているレースですからね。今年も頑張って欲しいですね」(小島太調教師)。 ◎函館記念は中団を追走も勝負所の手応えは一息。最後も伸びを欠いてマイネルミラノの11着。昨年のこのレースはディサイファの3着だが、今年は昨年の勢いがなく……。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。