2015年12月13日(日)

11R

2015年12月13日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

「勝ってここは予定通り。小柄な馬だが食いが細くなることもないし、体の細化も見られないよ。前走が追ってからの反応が良かったし、自分の競馬に徹してスムーズに運べるようなら……と思っている」(松田博資調教師)。 ◎白菊賞は最内を突いて差し切り。叩き2戦目でキッチリ結果を出した。新馬でシルバーステートを破っており、素質はかなり。外回りに替わる点も◎で要注目。
「本気でやればとんでもない時計が出てしまうけど、今日はうまくコントロールが利いていたし、いい追い切りができました。普段はおっとりしていますが、アルテミスSは調子が良過ぎて早めに先頭。それを考えて馬の後ろからという調教スタイルを取りました。身体能力は高いけど、まだ子供で成長を促すためにゆったりしたローテーションを組んできました。前走が出し抜けを食った形の負けでしたが、馬の後ろで競馬ができれば巻き返しは可能だと思います。今まで扱った牝馬の中では別格と思える馬。楽しみです」(田村調教師)。 ◎休み明けのアスター賞を勝ち、叩き2戦目のアルテミスSを2着。大柄な牝馬の割に、素軽い先行力がある。距離もOKで輸送さえクリアすれば上位争いに。
「美浦に一旦戻っての調整。間隔が詰まって再輸送になるが、追い切りの動きは良かったし、最近の中では今回が一番いいかもしれないね。前走でモタれていたので、今回は右側だけ片側ブリンカーを着けていく予定。うまく壁を作って、折り合いを付けて行けるようなら」(菅原調教師)。 ◎交流重賞の兵庫ジュニアグランプリ(JpnII・ダート・園田競馬場)を使って中1週。一旦、美浦に戻っての再輸送がどう出るか。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。今回の放牧で体がシッカリしてきたし、成長の跡が窺えます。先週もある程度やってあるので、今週はラストの反応を確かめる程度ですが、動きは良かったですね。今回はGIで相手は強くなりますが、どれだけやれるか楽しみはありますよ」(久保田調教師)。 ◎牝馬にしては馬格があり、器用なタイプ。持ち時計だけは走る馬で、1分35秒台の決着ならチャンスも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。先月の18日に帰厩してからは順調に調整ができています。追い切りはやれば動く馬ですが、先週もやってあるので、今週は馬ナリ。これで十分だし、いい仕上がりで臨めます。素晴らしい勝負根性を持っているし、牝馬同士の一戦ならこのメンバーが相手でもヒケは取らないと思います」(相沢調教師)。 ◎新潟2歳S4着以来。小柄な牝馬だが、いい決め脚を持っている。ただ、今回は長距離輸送で馬体維持がポイントになりそう。
「今日の追い切りは予定より速くなったけど、馬ナリだったし、折り合いが付いていていい動き。この中間からプールを併用し、ハミを交換。クロス鼻革とネックストレッチも着用し馬具も工夫。その効果が見られるし、道中で体力を消耗せずに走ってくれば、最後は必ず切れる脚を使ってくれるから」(本田調教師)。 ◎ファンタジーSはスローペースで行きたがり、末の伸びを欠く。もみじSを33秒0の末脚で差し切ったように、いい瞬発力を持っている馬。適度に流れてくれるようなら。
「先週ある程度やってあるので、今週は上がり重点でシッカリやりました。小柄な馬だけど、飼い食いがいいのでシッカリ調教を積むことができるのがこの馬のいいところ。一戦毎に競馬を覚えてきているし、勝負根性もありますからね。来年のためにも、ここでいい走りを見せて欲しいですね」(西浦調教師)。 ◎札幌2歳S3着、アルテミスS3着と重賞でも善戦。マイルはピッタリで豊富なキャリアも大きな武器。ここも要注目。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。10月初めに帰厩しました。アルテミスSも考えましたが、北海道からの輸送が予想以上に応えてしまい、回復に時間を要したために自重。その後は順調に調整ができたし、先週の追い切りの動きが良かったですからね。今週は馬ナリですが軽快な動きをしていたのでいい状態で出走できます。距離は心配ないので、後は長距離輸送をクリアし、今後に繋がる競馬をしてくれれば……と思っています」(高柳調教師)。 ◎函館2歳S2着以来。久々+一気の距離延長で楽なレースとは……。
「前走から間隔がそれ程開いていないし、体もできているので軽めの調整ですが、これで十分でしょう。折り合いの不安はないので距離はこなせると思いますが、ゲートが遅い点と、相手も一気に強くなりますからね。その点がどう出るかでしょう」(浅見調教助手)。 ◎ゲートに難はあるが、スローペースの秋明菊賞を上り33秒9の末脚で差し切り。相手は強化されるが、距離延長はプラス。ゲートを五分に出れば。
「前走は道中フワフワした走りで、位置取りが後ろになりましたが、最後はよく差を詰めてきたと思います。それに落鉄もしていましたからね。キャリア2戦目が重賞挑戦で4着なら大健闘だと思います。中間の動きもいいし、今週の動きも文句ナシ。叩いた上積みは十分見込めます。今回はGIで更にメンバーは揃いますが、無事に抽選をクリアできたし、ここでも楽しみはありますよ」(武調教助手)。 ◎2か月振り+距離延長で臨んだアルテミスSが出遅れしたものの、勝ったデンコウアンジュに次ぐ33秒6の末脚を駆使して0.4秒差4着なら上々の内容。
「今日の追い切りは馬場が荒れていた時間帯にしてはいい時計が出たし、最後の1ハロンもシッカリ弾けていましたからね。前走以上のデキであることは間違いありません。1度使ってガス抜きができたし、前走で先着を許した組に逆転することは可能だと思います。掛かる馬ではないので距離延長は問題ありません。直線の坂はやってみないことには分かりませんが、このメンバー相手でも楽しみは大きいですね」(白倉調教助手)。 ◎休み明けのファンタジーSはややイレ込み気味。1度使ってガス抜きができたことで、距離延長の今回は軽くは扱えないか。
「予定していたファンタジーSは追い切りで転倒したため自重。幸いダメージはなく、この中間は順調に調整ができています。先週併せ馬でシッカリやってあるので、今週は感触を確かめる程度ですが、これで十分でしょう。前走のように馬の後ろで折り合って乗れれば、最後はいい脚を使う馬。新潟2歳Sは道悪で力を出せなかっただけで、距離は心配ありません。相手は強くなりますが、軽い走りをする馬なので良馬場で競馬ができれば……と思っています」(梅田調教師)。 ◎りんどう賞はスローで逃げたメジェルダを33秒8の末脚で差し切る。先行力もあり、マイルもOKで注意は必要か。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。先週古馬と併せてシッカリ負荷をかけることができたし、今週も併せ馬でいい動きをしてくれました。前走の競馬で折り合いの不安がないことが分かったし、ラストもそれなりに脚を使っていましたからね。輸送は問題ないと思うので、この相手でも楽しみを持って挑戦します」(畠山調教師)。 ◎新潟2歳S2着、アルテミスS5着と重賞でも善戦の実績。一戦毎の馬体増は好材料で、混戦になれば出番アリか。
「1週前に坂路で52秒を出しているので、今週は馬ナリの調整ですが、動きは良かったですね。この中間も順調に調整ができたのでいい状態で臨めるし、掛かるタイプではないのでマイルも問題ないと思います。相手は強くなりますが、どんなレースをしてくれるか楽しみにしています」(佐々木晶三調教師)。 ◎マイルの新馬が5着。距離を短縮した1200mで連勝したことを考えると、距離がネックになりそう。
「前走後はすぐに放牧に出し、11月26日に帰厩。その後は至って順調に調整ができています。先週、シッカリと負荷をかけてあるので、今日は実質3ハロンからの予定でしたが、その通りの追い切りができました。馬の様子は変わりませんが、休み明けを使った分の上積みは見込めると思います。小柄な馬ですが勝負根性があり、人間に対しても従順で操縦性に富んで扱いやすい馬。距離延長、直線に坂があるコースとクリアしなければいけない課題はありますが、全てがうまく噛み合えば、と思っています」(矢作調教師)。 ◎久々だったファンタジーS(GIII)を好位から差し切り勝ち。未勝利をレコード勝ちした力がフロックではないことを証明。小柄な馬だが立ち回りが上手で、マイルも歓迎。
「前走後は短期放牧に出し、11月の下旬に帰厩しました。帰厩後は順調に調整ができているし、先週の動きも良かったですよ。今日は遅れはしましたが、この馬なりに動いていたし、いい状態で臨めます。体形的に距離延長はプラスに出ると思うし、楽に前に行けそう。後は一般馬との力関係がどう出るかでしょうね」(橋口調教師)。 ◎九州産馬。一般馬に交じると劣勢は否めず。
「2週に渡って長めからシッカリやってあるので、あまりやる必要がないし、今日はラストをサラッと。走りが軽く、動きも良かったですよ。前走の体重減は絞れたもので、あのくらいの体で丁度いいのかもしれません。本格化は先になると思いますが、現時点の状態で重賞を勝ったように能力はかなり高い馬。抜け出すと多少フラフラする面はありますが、GIならそんなに早く抜け出す形は取り辛いと思いますから……ね」(佐藤調教助手)。 ◎未勝利・重賞(アルテミスS)と連勝。道中フラ付くなど随所に若さが見られるが、決め脚はなかなか。ゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば上位争いに。
「この中間もしっかり調教が積めているし、順調そのものです。今回は距離が延び、前に行くだろうけど特に注文が付く馬ではないですからね。問題は力関係で距離は大丈夫だと思います。今回から坂路主体からコース調教も取り入れたスタイルの変更が実戦に反映されるようなら……と思っています」(昆調教師)。 ◎休み明けのりんどう賞、続くファンタジーSをともに僅差の2着。今回も逃げの手に出ると思うが、道中競られずに行けるようなら。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。