2015年9月27日(日)

11R

2015年9月27日(日) | 4回阪神7日 | 15:35発走

第63回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「先週速いところをやってあるので、今週は馬ナリだけどいい動きをしてくれたね。休み明けを一度使った上積みが見込めるし、スタミナがあるので距離延長はむしろ歓迎。このメンバーを相手にどこまでやれるか楽しみ」(河内調教師)。 ◎距離はベスト。叩き2戦目の良化は見込めるが、相手が揃った印象。
「札幌から帰厩後も順調そのもの。先週ジョッキーに乗ってもらい、ある程度やってあるので、今週は馬ナリでラスト重点は予定通り。休み明けを一度使ったことで素軽さが出たし、古馬相手の1600万で3着と好走。今回はクラシックに出ていた馬達が相手になりますが、3歳同士ですからね。最後まで集中して走れば……」(庄野調教師)。 ◎久々+古馬相手の前走で少差の3着。前で競馬ができる点は有利で、この相手でも軽視はできない。
「気性に難しいところがあるので、あまり調教で攻め過ぎるとよくないタイプ。それを考慮して、ここまでは精神面に重点を置いて仕上げてきました。いい仕上がりで臨めると思います。今回は相手が揃うので強気なことは言えませんが、メドの立つ競馬を……と思っています」(大江調教助手)。 ◎初芝の前走をアッサリ勝利。芝適性はかなり高いが、相手が相手で即通用となると……。
「この中間もシッカリ乗り込んできたし、順調に調整ができたので動ける態勢に仕上がったよ。ここにきて馬がドッシリしてきたことが前走の勝ちにつながったと思う。相手は揃うけど、今回は同じ3歳馬同士だからね。楽しみはあるよ」(松田博資調教師)。 ◎小倉で全2勝。坂は問題ないと思うが、500万を勝ったばかりで即好勝負とは……。
「前走後はノーザンファームしがらきに放牧。レース後に骨折が判明しましたが、軽度のものでしたからね。乗り出しは早かったし、夏場も無事にクリアして9月上旬に帰厩しました。仕上がり早の馬で、先週の動きも上々でしたよ。先週やってあるので、今日は併せ馬で折り合いを重視する形でサラッと。抜け出してからソラを使う面はありましたが、反応が良かったですよ。久々、骨折明けでも状態や仕上がりは悪くないので、自分の走りさえできれば恰好は付けられると思います」(渋田調教助手)。 ◎軽度の骨折明けで、影響はないと見ていいだろう。目標は先だが、ここで無様な競馬はできない存在。ポン駆けも問題はなく、上位争い。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。その後はここを目標に仕上げてきました。先週シッカリ負荷をかけましたが、今週も調教駆けする馬(ダノンリバティ)を相手に併入といい動き。前走で芝も道悪もこなしたし、この距離も合いそう。良馬場なら更に良さが出そうな感じがありましたからね。強敵相手に勝った前走から、ここでも楽しみ」(音無調教師)。 ◎初芝の前走をアッサリ逃げ切る。重馬場が味方した感はあるものの、今回は展開の利が見込める組み合わせ。マイペースの競馬ができれば。
「先週速いところをやってあるので、今日は反応を確かめる程度。夏を越して馬体に実が入ったし、体に締りが出てきて競走馬らしくなってきたよ。調教でも動くようになって、トモに幅も出てきたからね。本番の菊花賞はともかく、この距離(京都新聞杯3着)は守備範囲なので、好レースを期待している」(松田博資調教師)。 ◎当該舞台でゆきやなぎ賞を勝っている。ポン駆けも利くタイプで、ある程度流れてくれるようなら出番は大いにある。
「軽い骨折で放牧に。秋はこのレースから始動ということで放牧先から乗り込んできました。先週の追い切りはもう一つといった感じでしたが、今週の一追いで動ける態勢に仕上がったと思います。今回の休養で全体的に筋肉が付き、一回り馬体も成長しましたからね。久々で初距離と、条件は楽ではありませんが、このメンバー相手でも期待はありますよ」(兼武調教助手)。 ◎骨折明けだが、仕上がり早のタイプ。気性的に鉄砲はOKで、決め脚も文句ナシ。ブランク明けは不利だが、一発の魅力は十分。
「この夏は放牧に出してリフレッシュ。体はそれほど増えてはいないけど、この馬なりに成長しています。2週に渡ってジョッキーに乗ってもらったが、いい動きをしてくれたし、仕上がりに関しては問題ありません。精神的にも落ち着いているし、ユッタリ運べるこの条件はピッタリ。このメンバーを相手にどこまでやれるかという楽しみはありますよ」(田代調教助手)。 ◎期待された1頭だが、意外に伸び悩んでいる。ひと夏を越してどれだけ成長したかがカギになりそう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。8月下旬に帰厩し、このレースを目標に調整をしてきました。ここ2週はジョッキーに乗ってもらってシッカリ負荷をかけられたし、動きも上々。今週の動きも良かったしね。いい仕上がりで臨めるし、距離に関しては展開や流れ一つでクリアすることは可能だと思いますよ」(五十嵐調教師)。 ◎弥生賞3着の実績は評価できるが、ベストは1800mくらいで、この距離はやや長い印象がある。
「先週も長めからある程度やってあるけど、今日は全体時計が少し遅かったかも……。ただ、動き自体は悪くなかったので問題はないでしょう。前走は休み明けで馬体に余裕がありましたが、2週に渡って追い切ったことで体は絞れたと思います。相手は揃いますが、一度使った上積みでどこまで通用するか……楽しみはありますね」(作田調教師)。 ◎馬体が戻った点はプラス。相手は強いが、使った強味を生かせば見せ場も。
「前走から中2週なので目一杯の追い切りではありませんが、中間は順調そのものだし、一度叩いたことで動きもよくなっています。馬体に張りが出てきたし、体付きも良くなってきましたよ。相手は強くなりますが、上積みが見込めるし、どこまでやれるか楽しみはありますね」(大江調教助手)。 ◎休み明けの500万を快勝。距離は問題ないが、今回は一気の相手強化がどう出るか。
「前走後は厩舎での調整。先週速いところをやりましたが、今週もシッカリと追い切りました。2週に渡っていい動きをしてくれましたね。放牧の効果で馬体も体調も戻った前走は、味のある競馬で勝ってくれました。古馬相手にいきなり勝ったことは大きいし、距離も大丈夫。当日落ち着きがあって、良馬場を条件にスタートを決め、スムーズな競馬ができれば……と思っています」(松永幹夫調教師)。 ◎前走は押し出される形でハナを切り、鮮やかに逃げ切り勝ち。距離は問題なく、決め手比べの形になれば。
「前走後も順調に調整ができています。追い切りの動きは悪くなかったし、馬は元気一杯ですからね。1000万からの挑戦になるけど、何とかここで権利を取ってくれないものか……と思っているんですが」(石坂調教師)。 ◎順調さでは優位だが、今回は3歳同士とはいえ、オープン相手。上位争いとなると?符も。
「秋はここから始動は予定通りです。帰厩したのは今月に入ってからですが、向こうで乗り込んでいましたからね。体付きは変わりませんが中身がシッカリしてきたし、迫力も加わって、夏を越しての成長を感じますね。先週にある程度やってあるので、今週は相手を見る形の追い切りでしたが、いい反応をしてくれました。まだ底を見せていない魅力のある馬ですが、今回は相手が違いますからね。休み明けは問題ありませんが、今回は挑戦者の立場で臨むつもりでいます」(小笠調教師)。 ◎4戦3勝2着1回の成績も立派だが、前走は古馬を相手にアッサリ差し切り。まだ伸びシロが見込める馬で、ここも要注目。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。