IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年9月20日(日)

11R

2015年9月20日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第33回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 |

「先週速いところをやってあるので、今週はラスト重点の追い切り。ここにきて攻め馬で動くようになってきたし、状態面もアップしています。距離延長は問題ないと思うので、あとはこの相手にどこまでやれるか……でしょうね」(松永幹夫調教師)。 ◎叩き3走目。使ってきた強味を生かせれば、と思うが距離はもっと短い方が良さそう。
「多少急仕上げ気味だった前走でしたが、期待通りの走りをしてくれました。改めて素質の高さを再認識させられました。幸い使った反動もなく、追い切りの動きも上々。あとはこのメンバーを相手にどこまでやれるかですが、是非、秋華賞の権利を……と思っています」(石橋調教師)。 ◎久々の前走は初の古馬相手だったがゴール前で渋太さを発揮してV。ただ、今回は一線級が相手。いきなりとは。
「夏場は疲れを取るために休養にあてました。一旦函館に入厩してから栗東に移動。春当時より背丈が伸びて、体もフックラしています。先週長めからシッカリ追い切ったので、今週はジョッキーに乗ってもらい、馬ナリでしたがいい動きをしてくれました。外回りのこの距離はピッタリだと思うし、パワーアップしていることも確かです。大目標に向けて是非、好スタートを切って欲しいですね」(牧田調教師)。 ◎オークスはゲートで待たされて、気合抜け?それでもラストはシッカリ伸びて5着。距離短縮はプラスに出そうだし、ポン駆けも利くタイプ。良績がある阪神なら軽視はできず。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。1週前の追い切りも良かったですが、今週も余力十分にいい動きをしてくれました。体も一回り成長したし、阪神の外回り1800mではいい競馬をしている馬ですからね。ここでいい走りをして秋華賞に向かえれば……と思っています」(友道調教師)。 ◎オークスは自分の競馬ができなかったことと距離も長過ぎたか。距離短縮は◎で揉まれずに先行できれば。
「中1週ですが馬は元気一杯なので、シッカリ追い切った。最近はレースで少しハミを噛むような面が出てきたので、オープンのペースの方がむしろ競馬はし易いと思うし、この距離もいいと思うけどね」(河内調教師)。 ◎未勝利勝ちしたばかりで、いきなりこのメンバーが相手では。
「今日は3頭併せで遅れたが、動き自体は良かったので問題はないよ。ただ、実戦にいくとハミを頼って走るところがあるので、その点がどう出るかだろうね」(松田博資調教師)。 ◎牝馬の割には瞬発力よりスタミナ勝負型。速い時計への対応もカギになりそう。
「オークス後は放牧に出してリフレッシュ。背丈が伸び、幅も出てきて全体的に大きくなって帰厩しました。中間も順調に調整ができたし、今日の追い切りも予想以上の好時計をマーク。それだけ状態がいいということでしょう。距離短縮はプラスだと思うし、大目標に向けていいスタートを切って欲しいですね」(岡田調教師)。 ◎休ませて馬体がどこまで回復しているかがまずは重要なポイント。ただ、この相手にいきなりとなると……。
「今日の追い切りは他厩舎の馬に絡まれましたが、オーバーペースにならず良かったと思います。春当時は能力だけで走っていたようなもので、慢性的に右トモや腰に疲れがありました。それでいて一番強い競馬をしていましたからね。夏を休養にあてたことで疲れが取れ、体高も伸びましたし、体重も少しは増えていると思います。この後、本番を控えているので、目一杯というワケではありませんが、外回りのこの舞台は合うタイプ。ここでいい走りをして次(秋華賞)に向かいたいと思っています」(池江調教師)。 ◎馬体がどこまで成長しているかがカギだが、目に見えて変わった印象はない模様。気性で走るタイプなので前走並みか、それより少しでも増えていれば問題はないだろう。オークス馬の貫録を見せつけるか。
「休み明け+古馬と初対戦だった前走がいい勝ちっぷりでしたね。今週の追い切りの動きが良かったし、夏を越して馬が成長してきたことも確かです。今回は相手が強くなりますが、成長が見込める今はどこまでやれるか楽しみはありますよ」(石坂調教師)。 ◎久々の前走が26キロ増で快勝。500万を勝ったばかりだが、古馬相手にいきなり勝った前走の内容がよく、全くの無視までは。
「オークスは距離も長かったけど、あれだけ長く待たされたことで競馬をする前に競馬が終わってしまった感じ。参考外の一戦だし力負けとは思っていません。今日の追い切りは予定より時計が速くなりましたが、無理をしたワケではないですからね。本番は先ですが、恰好は付けられる仕上がりで臨めます。夏を越して体が成長し、飼い食いも旺盛でパワーアップしていることは確かです。あとはこの馬のリズムで走ることができれば……」(梅田調教師)。 ◎オークスは出負けをして折り合いを欠いたが、距離も長かった。距離短縮はプラスになるし、スンナリ先手を奪えるようなら見直せるハズ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。函館を経由して栗東に帰厩しましたが、順調に調整はできています。夏を越して心身ともに成長しているし、今日の動きも良かったですよ。仕上がりはいいので、あとはこの相手にどこまでやれるか……ですね」(渋田調教助手)。 ◎2連勝(未勝利、500万)後の今回が久々+初の一線級相手。即通用となると?符も。
「オークスの権利は取りましたが、レース間隔が詰まっていたこともあり、無理を避けて放牧に出しました。その甲斐があり、馬が全体的にシッカリしてきたし、自分が思っていた通りに成長をしてきました。今回は初の長距離輸送がどうかという点はありますが、切れる脚がこの馬の身上。相当なメンバーが揃いましたが、この馬の決め手がどこまで通用するか……、ここでいい走りができるようなら本番でも楽しみですけどね」(国枝調教師)。 ◎オークスはローテーションの都合で回避し、夏場を休養。3戦3勝と底を見せていない魅力はあるが、今回は初の長距離輸送と一線級が相手。その点がポイント。
「この中間は在厩調整。先週の時点で既に仕上がっていたので、今週は折り合い重視の調整ですが、シッカリ我慢が利いていました。前走が輸送して10キロ増と、付くべきところに筋肉が付き、春とは見違えるほど逞しくなっていましたしね。古馬を相手に2連勝してきたし、ようやく軌道に乗ってきた今なら、この相手でもどこまでやれるか楽しみはありますよ」(吉岡調教助手)。 ◎コンスタントに使ってきているが、500万、1000万と連勝。馬体増もいい傾向で、阪神替わりもOK。今の勢いから要注目の1頭に。
「元々が調教で動く馬ですからね。それでもいい仕上がりでレースに臨めます。春当時は体が減り気味でしたが、今は飼い食いが旺盛で馬体はフックラ。むしろ立派過ぎるくらいです。気性的に久々は苦にしないタイプ。あとはこのメンバーを相手にどこまでやれるかでしょう」(和田騎手)。 ◎思ったほど体が増えてこない点はマイナス材料。一息入れて体が回復していることが先決と言えそう。
「今日の併せ馬の動きは本当に良かったですね。久々の前走がいい内容の勝ち方だったし、一度使った上積みも十分に見込めます。今回は相手が強くなりますが、この馬も成長しているし、このメンバーを相手にどれだけやれるか楽しみはありますよ」(石坂調教師)。 ◎牝馬同士とはいえ、古馬相手の500万を快勝。相手は大幅に強くなるが、見せ場くらいは作れそう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。秋はここから始動と決めてからは、余裕を持たせて帰厩させました。春当時より腰に幅が出たし、馬体が成長してきたことは何よりです。先週坂路である程度やってあるので、今週はコースで余裕を持たせた追い切りでしたが、いい動きをしてくれました。輸送で体が減る点がカギになりそうですが、秋初戦の今回でも、この馬らしい走りを期待したいですね」(吉村調教師)。 ◎休ませて体が回復していれば言うことナシ。ゲートに課題を残すが、休ませたことで精神面のリフレッシュ効果が見込め、ゲートも出るハズ。当日の馬体次第では上位食い込みも。
「ここまで順調に使ってきているので、今日は無理をしない程度の追い切りをしましたが、いい動きをしてくれましたね。芝替わりや距離面などは気にならないし、周囲の出方一つでは積極策も考えています」(小崎調教師)。 ◎芝は問題なさそうだが、相手関係が厳しくなるだけに楽なレースには。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。