sportsnavi

2015年4月12日(日)

11R

2015年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第75回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「前走後は厩舎でジックリ調整してきました。先週速いところをやってあるので、今週はラスト重点ですがいい動きをしてくれました。ここにきて集中力が出てきたし、一戦毎に競馬を覚えてきている点はプラス材料。あとは良馬場で競馬ができれば」(安田調教師)。 ◎ゲートを決めて流れに乗れるようなら見直しは必要かも。良血馬でもあり、2戦目の上積みにも期待。
「前走後のダメージはないし、飼い食いの方もいいですよ。先週速いところをやってあるので、今週はラストを重点に追いましたが反応が良かったし、いい伸びを見せてくれました。1度叩いた上積みが見込めるし、前で渋太く粘り込める形の競馬ができれば……と思います。この舞台もGIで4着と走っているので問題ありませんから」(小栗調教助手)。 ◎昨冬のGIで4着。久々の前走で3着と力を見せたが、もう少し体が増えてほしい印象は拭えず。
「前走時である程度仕上がっていたので、大幅に変わった印象はありませんが、今週の追い切りの動きは良かったですよ。一度使ったことで馬に気持ちが入ってきたし、前々で持ち前の渋太さを生かす競馬ができればいいんですが……。長距離輸送や馬場云々は問わないので、その点は大丈夫ですから」(中野調教師)。 ◎前走は久々が敗因?ただ、速い時計の裏付けがなく、馬場が渋った時に出番か。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。予定していたフィリーズRは調整遅れで使えず、本番直行の形になったけど、マズマズの仕上がりで臨めそう。最終追いの動きも悪くなかったからね。時計の速い決着ではどうかと思うけど、渋った馬場にでもなれば出番があってもいいハズ。あとは自分の競馬をしてどこまでやれるかだろうね」(菅原調教師)。 ◎キャリアは豊富だが、やや底が見えてきた感も。
「中間は普段より調教のメニューを増やして調整してきたし、今週の追い切りの動き、時計ともに言うことがない内容でした。馬に落ち着きがあるのも好材料です。掛かる馬ではないので距離は問題ないし、相手は揃いますが今回も崩れることはないと見ています」(岡田調教師)。 ◎前走はロスのない立ち回りで2着。ただ、相手関係が厳しくなる点は確か。
「先週速いところをやってあるので、今週は調整程度ですが、引っ張ったままで12秒前半。追えば弾けそうな勢いがありましたね。とにかく、状態面は言うことありません。前走時は放牧から体が減って帰ってきたのを戻しつつの調整に加え、悪い内を通って3着。力負けではありませんから。今回は順調さで上回るし、1度叩いた上積みと心身共に成長が見られる今なら……と思っています」(梅田調教師)。 ◎僅か1勝でも最強の1勝馬。当該舞台でGI2着の実績もある。叩き2戦目の今回は可能性も十分。
「先週に併せ馬をやってあるので、今週はラスト重点の追い切り。馬がリラックスして走れていたし、いい動きでした。本格化は先になると思いますが、順調な調整ができたし、前走が道悪でチグハグな競馬だったので、良馬場でスムーズな競馬ができれば……と思っています」(須貝調教師)。 ◎前走が久々、道悪にしても負け過ぎ。ガラリ一変までとなると……。
「前走後は予定通り放牧に。放牧先でも乗り込んできたし、帰厩後も順調に調整ができました。今週の追い切りの動きも良かったし、状態面に関して何も言うことはありません。距離短縮も直線が長い阪神ならなんら問題はないし、ここも通過点に過ぎないと思っています。それだけの馬ですからね」(大竹調教師)。 ◎ここまでの3戦が牡馬相手の勝利。別路線からの参戦、初のマイルがどうかだが、秘めた能力はかなり。当然有力視。
「追い切りの動き、時計ともに良かったですよ。騎乗した川田騎手も好感触を掴んだようですしね。前走は道悪に加え、勝負どころで寄られて下がる不利がありながら、外からよく追いこんでの2着と強い競馬をしてくれました。小柄な馬ですが勝負根性があるし、阪神のマイルはベストの舞台。相手は強くなりますが、ここでも勝負になると思っています」(牧田調教師)。 ◎桜花賞に繋がるチューリップ賞2着は評価できるが、1勝馬の身という点がどうか。
「前走から中2週になるし、体もギリギリなので強い追い切りはやりませんでしたが、動きは良かったので心配ありません。前走が狭い所を割って伸びてきたようにいい勝負根性を見せてくれましたし、適度に時計を要するようならこの相手でもチャンスはあると思います」(渋田調教助手)。 ◎叩き2戦目の上積みは見込めるが、相手関係が楽だったフラワーC組での2着。過信は……。
「前走後は放牧に出し、3月下旬に帰厩。その後は美浦に1週間ほど置いた後、馬がリラックスして体重を減らさずにレースに臨めるかを考えて早めに栗東入りをしました。1週前に長めからやってあるので、今週はジョッキーに乗ってもらって馬ナリですが、動きが良かったし、いい状態で出走できます。レースセンスが良く、思った以上に瞬発力もある馬。マイルは3戦3勝と条件もピッタリだし、ここでも楽しみです」(二ノ宮調教師)。 ◎ゲートに不安がある点は気がかりだが末は確実。早めの栗東入りも好感が持てる。
「前走のダメージはなく、動きもマズマズ。ゲート内でジッとできないので、どうしても出負けしてしまうけど、中間練習をしたのでその効果が出ればと思っています。いい素質を持っている馬だと思うけど、今はまだ成長途上の段階。色々と注文は付きますが当日、落ち着いてレースに臨めれば……ですね」(佐藤調教助手)。 ◎叩き2戦目の上積みは見込めるが、今回は相手が相手。楽な戦いには。
「飼い葉をシッカリ食べているので、体の方は回復しています。今日の追い切りもCWで長めからシッカリやれたし、満足が行く内容でした。折り合いの不安がないので距離延長も心配ありません」(吉村調教師)。 「今日は馬場が重かったし、もう強い追い切りは必要ないと思っていましたが、いい動きをしてくれました。実戦で走るタイプだし、前走で本番に繋がる競馬ができたこともプラス。相手は強いけど勝ちたいと思っています」(M・デムーロ騎手)。 ◎前走の勝ち方が圧巻。前走で大幅に減らした馬体の回復がカギになるが、回復していれば注目の1頭。
「今日は予定通りの追い切りができたし、動きも良かったからね。状態は前走以上だし、今までで一番と言ってもいいと思います。素直な馬でどんな競馬でもできるし、GIということで相手は揃うけどデキの良さを生かしてどこまでやれるかを見てみたいですね」(萩原調教師)。 ◎小柄な馬で少しでも体が戻りつつある点は好感が持てるが、輸送をクリアできるかがカギ。
「前走後は栗東に滞在しての調整。先週速いところを済ませてあるので、今週は感触を確かめる程度でしたが、1度使った上積みは十分窺えましたから。前走は本番に繋がる競馬ができれば……と思っていたのが強い競馬で勝ってくれたのは大きな収穫でした。ジョッキーもすっかり手の内に入れているし、この舞台で結果も出しているので楽しみです」(尾関調教師)。 ◎栗東滞在は何より。桜花賞に直結するチューリップ賞を勝ち、馬体も増えてパワーアップ。好勝負は必至。
「ここまで順調に使い込んできたけど、レース後の回復が早いのですぐに乗り出せたからね。輸送に問題はないけど、入厩後に飼い食いが細くなるタイプなので早めに行く予定。既に体はデキているので追い切りは軽いけどこれで十分。あとは当日に馬体をキープして出走できれば」(小島太調教師)。 ◎どうにか間に合ったという印象。ただ、ここに入るとやや相手関係が厳しいかも。
「今日はCWのコンディションが悪かったので芝で追い切りました。動きが良かったし、力を出せる仕上がりです。距離は問題ないと思うし、叩いた上積みと一頃よりパワーアップしている今、この相手でもどんな競馬をしてくれるか楽しみはありますね」(高橋康之調教師)。 ◎叩き2戦目も成長力に不満が残る内容で。
「先週速いところを済ませてあるので、今週は馬ナリですがラストの伸びは良かったですね。レース前にテンションが高かった前走から、今回はメンコを着けていく予定。その効果で落ち着いてレースに臨めれば、と思っています」(清水久詞調教師)。 ◎平坦向きなのか坂がある阪神はイマイチ。相手も揃った。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。