sportsnavi

2015年11月22日(日)

11R

2015年11月22日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第32回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

「馬場が悪いなか、時計が速かったし、最後までシッカリした足取り。いい動きをしてくれました。本当にいい状態で臨めます。天皇賞は2コーナーでラチに接触した馬を避けるため、各馬が外に進路を取った影響でハミを噛んでしまいましたからね。ペースも遅かったし、厳しい競馬になってしまいました。乗り難しい馬ですが、2週続けて川田騎手に乗ってもらっているので、初騎乗でも問題ないと思います。安田記念だけ走ってくれればチャンスはあると思います」(松永幹夫調教師)。 ◎天皇賞は折り合いを欠いたうえに、初の2000mも応えて殿負け。今回は安田記念で2着と好走したマイル戦。折り合いの不安がない距離で見直しは必要。
「先週やってあるし、この後に輸送を控えているので馬ナリの調整ですが、動きは良かったですよ。距離適性を考えてエリザベス女王杯を自重してここを使うことにしましたが、今回は牡馬の強力なメンバーが相手。自分の競馬に徹して、どこまでやれるかでしょう」(吉田豊騎手)。 ◎府中牝馬Sはバテたとはいえ、0.4秒差なら着順ほど悲観しなくてもいいだろう。京都は勝ち鞍があり問題ナシ。マイペースの競馬ができれば。
「1週前に速いところをやってあるので、今週は馬ナリで感触を確かめる程度。いい状態でレースに臨めると思います。前走はスタートが悪かったことでリズムよく運べませんでしたが、距離も長かったと思います。マイルに替わる点はプラスだし、気分を損ねずに走らせることができれば……と思っています」(梅田調教師)。 ◎秋華賞はやはり距離が敗因? 桜花賞を勝ったマイルに替わる点はプラスだが、初の古馬、しかも牡馬が相手となると楽な戦いとは……。
「1度使った上積みは感じられますね。前走が休み明けでもいい雰囲気だったし、久々の分、最後は止まったけど内容が良かったですからね。GIで勝ち負けとなると今一つ足りないかもしれませんが、衰えは感じないし、時計を要する馬場にでもなれば……と思っています」(矢作調教師)。 ◎立て直して臨んだスワンSが0.3秒差の5着。叩き2走目、時計のかかる馬場もOKで、あとは力関係だけ。
「前走から間隔があまりないので、今日は息を整える程度でいいと思っていましたが、このくらいのオープン馬になると普通に走っても時計が出るし、仕掛けてからの反応も良かったですね。今までで一番の凄味を感じました。前走は大外枠に加え、ハミを噛んでしまう面もあってスムーズさを欠いた割にはよく頑張ってくれました。輸送は問題ないし、距離も守備範囲。小細工ナシの競馬で好結果を、と思っています」(栗田博憲調教師)。 ◎天皇賞は大外枠とスローペースで条件は厳しかったが、差は僅か0.2秒なら悪くない内容。関西圏の競馬が初めてと久々のマイルがどう出るかがカギ。
「先週併せ馬で追ってあるので、今週は単走で。折り合いが付いていたし、調教駆けしない馬にしては、よく動いた方でしょう。休み明けを1度使ったことでガス抜きができたし、春よりパワーアップもしていますからね。いい決め脚がある馬なので、道中折り合って運べるようなら」(西浦調教師)。 ◎富士Sを叩いたことで上積みは見込めても、休養前とあまり体重が変わらず、成長度に不満は残るが……。
「前走後は栗東に滞在。不慣れな環境のためか、テンションは高めになりましたが、飼い食いは落ちなかったし、日を追う毎に適応してきましたからね。今日の追い切りは馬場状態を考えたうえでテーマを決め、イメージ通りの追い切りができました。リズム良く走れば、控える競馬もできると思っていましたが、前走で見事に証明してくれましたね。以前より骨格が大きくなって、バランスが良くなり、精神面の成長も見られます。GIで更に相手は強くなりますが、好結果を期待したいですね」(木村調教師)。 ◎差すレースでスワンSを快勝。脚質に幅が出てきた点は収穫。マイルはOKで相手が更に強化される点と、馬場が荒れてきたことがポイントになりそう。
「先週CWで長めからやってあるので、今日は半マイルから馬ナリですが、反応が良かったし、状態は完璧と言ってもいいでしょう。前走の富士Sは斤量差で負けましたが、以前からマイル前後の適性は高いと思っていた馬。今回はGIホ-スの参加も見られますが、素質ではヒケを取らないと思います。京都の外回りもいいと思うし、良馬場で競馬ができれば楽しみです」(兼武調教助手)。 ◎久々でトライアル仕様の前走が僅差の2着。マイルはパーフェクト連対で叩いた効果も見込める今回は怖い存在に。
「前走後は短期放牧に出してリフレッシュを図りました。先週の動きも良かったけど、今週は馬場が悪いにもかかわらず最後までシッカリ動けていましたからね。いい状態でレースに臨めそうです。揉まれるとどうかですが、GIでもやれるスピードはある馬。良馬場条件に、スタートを決めてスムーズなレースができれば……と思っています」(橋口調教師)。 ◎京成杯AHは連戦の疲れが出たか?。一息入れての参戦だが、相手が揃った印象は否めず。
「休み明けの前走と違って、追い切りの動きは変わってきましたね。6歳になって体がシッカリしてきたことを考えて馬を作ってきました。心身ともに今がピークに近いデキだと思います。前走が色々な課題を持って臨んだレース。2着でしたが今回に繋がる内容でしたからね。ジョッキーも2度目の騎乗になるし、下り坂を利用できる京都は安定して走ってくれますからね。昨年が悔しい思いをしたので、今年こそは……と思っています」(藤原英昭調教師)。 ◎ほぼ仕上げて臨んだスワンSが0.2秒差の2着。未だに重賞勝ちこそないが、GIで2、4着、GIIで2、3、3、2着ならこの相手でも格負けすることはない。勝ち味に遅い点は否定できないが、上位の一角であることは確かだ。
「休み明けを1度使ったことで、状態は明らかに上向いています。今日の追い切りの動きの良さからもそれが窺えます。最近はもう一つ結果が出ていませんが、コース、馬場は問わないし、今回がこの馬にとって正念場と言える一戦と見ているので、GI馬らしいレースをして欲しいと思っています」(平田調教師)。 ◎富士Sを叩いての2戦目だが、近走内容に強調材料がなく、推し辛い。
「いい仕上がりで臨んだ前走でしたが、直線で挟まれたにしても不甲斐ないレースでした。幸い、休み明けを使ったダメージは見られないし、ここまでは順調そのものです。1度使ったことで動きが良くなったし、体に実も入ってきた点は何より。マイルは実績があるし、外回りも合うと思うので、スムーズな競馬ができれば」(須貝調教師)。 ◎叩いた効果は見込めるが、定量戦で牡馬混合では厳しいかも。
「前走の毎日王冠は中間軽い熱発があり、調教過程に狂いが生じたことは確かです。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。帰厩後は順調に調整ができているし、大幅な変わり身となるとどうかですが、1度使った上積みは見込めるので、変わり身を期待したいですね」(橋本調教助手)。 ◎毎日王冠は久々でガス欠。叩いた効果は見込めるが、肝心の馬体が絞れてこないことには。
「前走後に多少疲れが出ましたが、しっかりケアができているので、大丈夫。中2週続きということで今日はラスト重点ですが、仕掛けてからの伸びが良かったし、いいデキで臨めそうです。今回は初のマイル戦になりますが、コーナー2回のコースに良績がある馬ですからね。問題はないと思います。あとは良馬場で競馬ができれば……ですね」(池江調教師)。 ◎カシオペアSはダノンメジャーにクビ差の辛勝。オープン特別なら何とかなっても、GIでは荷が重い感も。
「7歳になりますが、あまり数を使っていないので衰えは全く感じません。休み明けの前走が悪くない内容だったし、1度使ったことで状態は確実に上向き。それに今回は実績がある京都に替わりますからね。ここ2週が雨で馬場が悪くなっている点は気になりますが、良馬場で競馬ができるようなら……と思っています」(大久保龍志調教師)。 ◎昨年の勝ち馬。休み明けだった毎日王冠の4着はそれなりに評価できるが、休養前より体重が減っていた(-8キロ)点に不満。過信は禁物!?
「先週も長めからやってあるし、調教の量は足りているのでこれで十分でしょう。今週は久々に騎乗するジョッキーに馬の状態をゲートも含めて感触を掴んでもらい、競馬に向けてのイメージを確かめてもらいました。安田記念の前までは折り合いに注意しつつのレースでしたが、もう一歩の前進はあるハズという手応えがありましたからね。前走で好位からの競馬ができたし、色々な流れや展開にも対応できることが分かったのは大きな収穫でした。京都は以前走ったことがあるし、あとは輸送をクリアして平常心で臨めれば、と思っています」(堀調教師)。 ◎1000万から4連勝でGIを制覇。まさに破竹の勢いと言っていいだろう。今回は休み明けだが、約8か月振りのレースだった1000万特別を勝ったのが連勝街道の初戦なら全く問題はない。京都も新馬勝ちしたコースで何ら不安材料はない。ここも主役候補。
「先週坂路でシッカリ負荷をかけてあるので、今週はジョッキーに乗ってもらい、感触を確かめてもらいました。馬ナリですが、馬の後ろで我慢が利いていたし、いい動きでした。富士Sは3着でしたが、上位の2頭とは斤量差の分だと見ています。なかなか勝ち切れないレースが続いていますが、ここにきて背腰が良くなり、筋肉も付いてきたことで強い稽古ができるようになってきましたからね。状態は上向いているし、能力も高い馬。何とか好結果を……と思っています」(田中剛調教師)。 ◎富士Sの3着を考えるとマイルくらいがベストなのかも。ただ、最後の詰めの甘さは気になるところで、抜け出すタイミングがカギになりそう。
「先週3頭併せでシッカリ負荷をかけてあるので、今日は馬ナリですがこれで十分でしょう。前走の富士Sは前半に掛かって、後半はもう脚がありませんでした。あのあたりが久々の影響だと思うし、度外視できると見ています。1度使った上積みは確かだし、元々が叩き良化型。古馬との戦いも2度目の今回がこの馬の正念場。変わり身を期待したいですね」(友道調教師)。 ◎富士Sは久々のうえに、少し力んで走っていたこと、加えて窮屈な位置に入ってしまったことが15着という散々な結果になった原因か。叩いた効果は見込めるので、前走だけで見限るのは危険かも。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。