2015年10月31日(土)

11R

2015年10月31日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第58回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

「前走は休み明けで初距離でしたが、いい勝ち方をしてくれましたね。その後は順調に調整ができているし、状態面はいいですよ。今回はある程度流れると思うし、タメれば切れる脚を使える馬。うまく折り合って運べるようなら」(村山調教師)。 ◎3歳時にファルコンS2着。いい決め脚を持っており、この距離も歓迎。課題のゲートを決めて流れに乗れれば。
「先週もやってあるので、今週はテンションを上げない程度にサラッと。先週の時点では多少余裕を感じましたが、この一追いで変わってくれると思うのでその点は大丈夫。昨年は叩き2戦目のこのレースで2着でしたが、今回は休み明け。その点がどう出るかでしょうが、鉄砲は利くので」(浜田調教師)。 ◎昨年の2着馬。鉄砲はむしろ歓迎のクチ。ベストはマイルで本番は先でも要注目の必要あり。
「休み明けだった北九州記念はデキがもう一つでした。その後に予定していた信越Sを除外された分、追い切りの本数を重ねられたし、体重こそ変わりませんが、仕上がりは悪くありません。相手は強くなりますが、流れに乗った競馬ができれば……と思っています」(橋本調教助手)。 ◎距離は問題ないが、重賞ではもうワンパンチが欲しい。
「前走後はリフレッシュ放牧に。久々になりますが、シッカリ乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。今週は単走の割にはいい動きをしてくれたし。前走のマイルは長かったので、1ハロン短縮はプラス材料。ある程度流れてくれるようなら古馬相手でも……の気持ちはありますね」(西浦調教師)。 ◎休み明けで初の古馬相手はプラスとは言えないかも。
「先週シッカリ負荷をかけてあるので、今日は半マイルから。いい仕上がりで臨めるし、今回はこの馬にとってベストといえる京都の1400m。別定戦がどうかですが、牡馬相手でも十分にやれると思います」(喜多調教助手)。 ◎北九州記念は出負けして中団から。それでもラストはシッカリ伸びて3着。京都も距離もベストといえる条件で、上位の一角に。
「久々になりますが仕上がりはいいですよ。近走は結果が出ていませんが、忙しい千直競馬よりこの距離の方が合うことは確か。あとは自分のリズムで運べるかどうかでしょうね」(田中調教助手)。 ◎アイビスSDはシンガリ負け。近走がサッパリで強調材料を欠く。
「前走は休み明けの影響なのか、ラストは弾けませんでしたね。それでも着順ほどは負けていなかったですから。追い切りの動きが良かったし、一昨年勝っているベストの舞台。ここでキッカケを掴んで欲しいですね」(宮調教師)。 ◎現状では1200mは忙しい印象がある。1ハロン延長で見直したいところだが……。
「いつもより早めに栗東に帰厩。先週速いところを済ませてあるので、今週はラスト重点ですが、いい動きをしてくれました。前走は7着でも差は僅か。この距離も守備範囲なので、立ち回り一つで巻き返しは可能だと見ています」(須貝調教師)。 ◎春先の阪急杯で復調を思わせたが、以降の3走が案外でガラリ一変までは?
「2週に渡って坂路で好時計をマークしましたが、まだ馬が若く、トモに緩さもありますが、それでもラストはシッカリ伸びてくれます。ただ、今回は相手が揃っている分、どこまでやれるか……でしょうね」(安田調教師)。 ◎距離はOK。キーンランドCは伸びずバテずの4着だが、京王杯SC3着があり、力の差はないだろう。
「夏場に弱い馬なので放牧に。久々になりますが、攻めの本数はこなしてきたので太目感はありません。ただ、まだいい頃に比べると毛ヅヤや馬体の張りがもう一つと言った印象があるので……」(鈴木孝志調教師)。 ◎今回も積極策でどこまで踏ん張れるかになるだろう。
「前走後は予定通りの調整ができているし、仕上がりは悪くありません。今回は関西への輸送、外回りの1400mとクリアしなければならない課題はありますが、関東圏であちこち行っているので大丈夫だと思います。夏を越して精神面の成長も見られるので、今のデキをキープできれば」(木村調教師)。 ◎京成杯AHはスローペースの2番手追走も久々の影響か力んでいた。その分末脚の伸びを欠く結果に。一度使ってガス抜きができた今回、スンナリ逃げられれば。
「前走のスプリンターズSは向正面で不利があり、位置取りが悪くなったことが痛かったですね。最近は今一つスタートが良くないので、ゲートを五分に出て流れに乗った競馬ができれば、もう少しやれてもいいと思います」(鮫島調教師)。 ◎近走内容がもう一つ。良化スローで。
「前走後はリフレッシュ放牧に。極端に変わった印象はありませんが、追い切りの反応や仕上がり状態はいいですね。あとは良馬場でゲートを決め、流れに乗った競馬ができれば……ですね」(甲斐調教助手)。 ◎今回は56キロ。鉄砲は利く馬で、立て直した効果が出るようなら怖い。
「次に本番を控えているので、今日はラスト重点でしたが、動き・雰囲気ともに良かったですよ。一つ歳をとったことがどうかですが、京都は下り坂をうまく使える馬。昨年(3着)と同じローテーションだけど、ポン駆けは利くし、次に繋がる競馬を……と思っています」(藤原英昭調教師)。 ◎昨年の3着馬。重賞勝ちはないが、GIで2、4着、GIIで2、3、3着と実績は十分。京都も得意で距離も守備範囲だ。
「前走後も順調そのもの。今週はビシッと追い切ったし、動き自体なら今回の方がいいですね。今回は輸送距離が近い京都で、当日輸送の競馬。改めて見直したいですね」(西浦調教師)。 ◎京都は歓迎のクチだが、ベストは1200mで距離が微妙。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。