IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年10月25日(日)

11R

2015年10月25日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第76回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 | レコードが出たレース

「今日は追い切りで動く馬と併せ馬をして長めからシッカリと負荷をかけました。スタミナはあるので距離は問題ありませんが、今回は相手が相手ですからね。胸を借りるつもりで挑戦します」(小崎調教師)。 ◎明らかに相手が強い。
「前走のセントライト記念は折り合いを付けてリズム良くがテーマでしたからね。結果は前残りでしたが、本番に繋がる内容だったと思います。先週併せ馬で長めをやっているし、日曜日にもやってあるので、今日は馬ナリですが状態はいいですよ。春より体に幅が出て、パワーアップもしていますからね。前走のレース内容から距離は持つと思うし、前走の競馬が今回に生きれば、と思っています」(池江調教師)。 ◎セントライト記念はトライアル仕様?折り合い専念の競馬で7着。それが今回に結び付けば巻き返しは可能。
「前走は前残りの競馬だったことを考えれば、決して悲観する内容ではなかったと思います。早めの栗東入りで輸送距離が短くなる点はプラスだし、馬も1度使ったことでシャキッとしてきました。本格化は先だと思うけど、小回りの中山より広い京都の方がいいと思うし、跳びが大きく、長くいい脚を使うタイプ。距離も長ければ長いほどいいのでこの条件も合うと思います。ここで結果を出せるようなら今後が楽しみになりますね」(国枝調教師)。 ◎叩き2戦目の上積みは見込めるが、まだ馬が若く本格は先かも。ただ、栗東滞在は◎。
「前走は休み明けで、春当時のデキには一息でしたがシッカリと結果を出してくれました。夏を越して成長した面もあったと思います。一度使ったことで追い切りの行きっぷりが違ってきたし、気合の乗りも変わってきました。折り合いに不安がないので、この距離もこなしてくれると信じているし、行く馬がいるのでレースはしやすいと思っています」(清水久詞調教師)。 ◎セントライト記念は2位抜け出しの競馬で快勝。流れに恵まれた感もあるが、菊花賞は比較的前が残るケースが多いことを考えれば軽視できない。ただ、母系がサクラバクシンオー、距離克服が鍵になりそう。
「先週CWで3頭併せの追い切りを長めからやってあるので、今日は坂路で馬ナリですがいい動きでしたね。今回で休み明け3戦目になりますが、上積みは見込めます。前走は遅いペースでも集中して走れていたし、最後は馬群を割って伸びてきたように成長を感じる内容でした。距離をこなせるだけのスタミナはあると思いますが、操縦が難しい馬。あとはジョッキーがどこまでこの馬(クセ)を掴んでくれるかですね」(池江調教師)。 ◎折り合い重視のセントライト記念だったが、課題をクリアして5着。ムラでアテにできない面はあるが、距離延長OKで無視は危険。あとは手替わりがどう出るか。
「前走後は放牧に出さないで厩舎で調整をしてきました。今日はラストを伸ばす追い切りですが、いい動きでしたね。今回は相手が強くなるし、瞬発力勝負になると分が悪い面もある馬。ただ、スタミナはあるので、渋太さを生かせるような競馬ができれば……と思っています」(庄野調教師)。 ◎スローペースの3番手だったが、不得手の瞬発力勝負の形になり伸び負け。距離は問題ないが、更に相手強化で。
「先週、単走でシッカリ追い切ってあるので、今週は気合を入れる程度でしたが、これで十分です。1度使った効果で馬体に締りが出てきたし、上積みは見込めます。折り合いの不安がなく、スタミナも豊富なので距離適性もあると見ています。今回は相手が強くなりますが、この距離は魅力なので楽しみはありますね」(友道調教師)。 ◎距離を延ばしてから2連勝。馬体増もいい傾向で、あとは相手関係だけか。
「前走は本調子に一息のデキでしたが、内容ある2着と好走。一度叩いたことで馬体の張り、毛ヅヤが良くなりました。今日の追い切りもリズム良く走れていたし、いい動きをしてくれました。輸送も毎日杯を勝っているように大丈夫。枠順やペースなどで、どうなるかは分かりませんが、今回も鞍上に一任。距離に関しては全馬が未経験ですからね。上手に走ってくれればこなしてくれると思うので、期待を持って送り出します」(黒岩調教師)。 ◎セントライト記念はジョッキーの好騎乗。今回は同型と距離延長が課題に。
「先週速いところを済ませてあるので、今週は単走で馬ナリは予定通り。前走は折り合いを欠いたために伸びを欠いたが、今回は出たなりで馬任せの競馬をするつもり。距離に関しては未知だが、体形からはこなせるのでは……と思っている」(松田博資調教師)。 ◎休み明けの前走がもう一つ。馬体の成長も物足りず、一変は?
「今日は実戦を想定した、いい追い切りができていたと思いますね。この距離を意識していつも以上に負荷をかけてきたし、栗東滞在で落ち着きがある点もプラス材料。この距離はベストとは言えませんが、最後に脚を残せる調教を積んできたことを本番で発揮できれば……と思っています」(小島茂之調教師)。 ◎セントライト記念は久々+スローペースで不発。叩いた効果と距離延長で変わり身を期待。
「先週の追い切りが『強』なら今週の追い切りは『中』くらいでしょう。思い描いた通りの追い切りができたし、仕上がりにも満足しています。神戸新聞杯はファンの期待に応えられませんでしたが、緩いペースでも我慢ができた点は収穫でした。それに前走が骨折明けということで、使った上積みも大きいと思います。ここまで3000mを想定した調整をしてきたので、距離も対処できるようになっていると思います。競馬は鞍上に一任していますが、この馬が一番強いと思っているし、2冠馬がいない今回は実績上位。最後の一冠を勝たせてGI馬にしてあげたいですね」(矢作調教師)。 ◎神戸新聞杯はリアファルに完敗だったが、最速の末脚で2着は確保。叩いた効果は大きそうで、今回も上位争いに。
「今日の追い切り時計は遅かったけど、先週シッカリ併せ馬でやってあるので問題ありません。折り合いが付けば3000mでもこなせると思うし、京都の速い馬場も対応できるハズ。どちらかと言うと切れるというより、バテないタイプ。瞬発力勝負になると辛いので、渋太さを生かせる流れになるようなら……」(河内調教師)。 ◎条件戦とはいえ、古馬相手に2連勝。今の勢いと上昇度でどこまで戦えるか。
「今日は予定より少し時計が速くなりましたが、春当時よりトモがシッカリしてきたし、掛かる面も見せずいい動きでした。前走が着差以上に強い勝ち方だったし、折り合いにも進境が窺えたのは大きな収穫だと思います。相手は揃いますが、それ程差があるとは思わないし、距離も問題ないと思うので、あとは折り合った競馬ができれば……ですね」(今野調教師)。 ◎久々+初の古馬相手の一戦を快勝。今回は相手が一気に強くなる点がどう出るかだろう。
「前走後は輸送を考慮して栗東に滞在して調整をしてきました。元々攻め馬は動かない馬ですが、今日はビシッと追い切るようにと指示。この馬としては動いたし、叩いた効果は十分ありますよ。毛ヅヤもいいし、体調は言うことありません。折り合いに不安がないので、距離が延びることはむしろプラスに出るハズ。春の東京での勝ち方から、この相手でも差のないレースを、と思っています」(小笠調教師)。 ◎神戸新聞杯は出負けもあったが、ラストの伸びも平凡。休み明けだったにしても負け過ぎで、ガラリ一変となると……。
「前走後も順調に調整ができたし、追い切りも予定通りに消化できました。セントライト記念は最後の直線で併せ馬の形になり、精神面の強さを見せてくれましたが、気の強さは燃えやすい面もあるということなので、その点はシッカリとケアをしてきました。3000mはリズム良く運べることが何より大切。前半をうまくリラックスさせて、最後に精神面の強さを生かせるようなら……と思っています」(勢司調教師)。 ◎セントライト記念は久々+初距離だったが、ロスのない立ち回りで3着。今回は相手強化と有力馬が本番仕様の作りでくる分、楽なレースは……。
「先週もやってあるので、今日はテンションを上げないようにラスト重点の追い切り。京都は2戦2勝と相性の良いコースだけど、今回は距離が長いからね。道中、うまくタメを利かせてロスのない立ち回りができれば……と思っています」(五十嵐調教師)。 ◎ベストは1600〜1800mで、3000mは長過ぎる。
「先週は馬場が悪かったことと前半の入りが速かったことでラスト1ハロン(14秒0)を要したけど、今日は全体時計に加え、ラストも12秒9。いい追い切りができました。芝に替わってからの2走が内容のある勝ち方だし、馬場も問わない馬。鞍上が『スタミナもある』とのことなので距離も心配していません。後のことは考えず、ここを目標にキッチリ仕上げてきたので楽しみです」(音無調教師)。 ◎芝に路線を替えてから2連勝。ハナにこだわらないとの関係者談から先行抜け出しの作戦も有り得そう。血統的に距離はOKでここも有力視。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。ここまでは順調に調整ができている。今日は併せた相手が調教は走る馬なので、併走で遅れたけど、気にしなくても大丈夫。前走はハナに行けたけど、早めに交わされて抵抗ができず、そこで戦意を喪失したみたいだね。自分のリズムで走れば距離は持つと思うので、あとは自分の競馬をさせてもらえるかどうかに尽きると思う」(本田調教師)。 ◎この距離なら大逃げの戦法!?を取れるかもしれないが、行ってどこまで粘れるかだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。