2015年2月1日(日)

11R

2015年2月1日(日) | 2回京都2日 | 15:35発走

第20回シルクロードステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「年明けはここから始動するのは予定通りです。リフレッシュ効果で馬の状態はいいし、動きも良かったですから。前走は転厩初戦で手探り状態だったし、ペースも向きませんでした。ただ、2走前にこの舞台でレコード勝ちしたようにスピード・能力は秘めていますからね。あとは差し脚が決まる流れになってくれれば」(吉村調教師)。 ◎2走前にレコード勝ちした舞台。時計面ではヒケを取らず、あとは流れが向くかどうかだけ。
「前走はスローペースでも最後はよく伸びていたからね。今日の動きもラストまでシッカリ伸びていたし、状態はいいですよ。ゲートも安定してきたし、56キロは少し重い気もするけど今後に向けてここで賞金を加算して欲しいと思っています」(西浦調教師)。 ◎追い込み一手で展開がカギ。外差しが決まらない今の京都は多少不利な印象も。
「中2週なのでラスト重点の追い切りだけど、いい伸びを見せてくれたね。状態面は安定しているし、今回も自分の競馬に徹するだけ。得意の京都だし、再度自分のリズムで運べれば」(福島調教師)。 ◎今回も行くだけ。ハンデも別定戦の前走より1.5キロ軽い点は何より。簡単に前が止まらない今の京都。得意の舞台でもあり、今回も好勝負か。
「好位で競馬ができた前走は収穫でしたね。前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。先週速いところをやってあるので、今週はサラッとですが上がりはいいですから。当日のテンションがどうかですが、力を付けている今ならここでも差のない競馬ができるのでは」(橋本調教助手)。 ◎前走でオープンでもやれるメドを立てた。ハンデ差を生かせば上位食い込みの可能性はありそう。
「前走後は短期放牧に出しましたが向こうでも緩めずに乗っていたので仕上がりはいいし、単走で追った今日の動きも良かったですよ。56キロは少し見込まれた感じはありますが、デキの良さを生かせば……と思っています。あとは良馬場で競馬ができれば」(清水久詞調教師)。 ◎この距離は負けてもそれほど差のない競馬を続けている。ハンデ差を生かしロスのない立ち回りができれば食い込みも可能か。
「前走後のダメージがないのでここに。最近はダートを使っていますが、芝にも対応できる馬。京都で勝ったように輸送も問題ありません。追い切りの動きが良かったし、軽ハンデを味方に重賞のこのメンバーを相手にどこまでやれるか見てみたいですね」(伊藤圭三調教師)。 ◎芝・ダートは問わないが、スピード決着になるとやや不安。
「今日は最後までシッカリした足取りだったし、いい動きだったね。ここにきて心身ともに成長が窺えるし、パワーアップしている。今回は初めての重賞で相手は強くなるけど、今の状態の良さを生かして頑張って欲しい」(古賀慎明調教師)。 ◎昇級初戦。時計の裏付けがなく、ハンデ差を生かしてどこまで。
「前走から中2週なので追い切りはサッとだけど、状態はいいからね。3走前のように先手を奪える競馬ができればもう少しやれてもいいと思うよ」(佐々木晶三調教師)。 ◎オープンではもうワンパンチが欲しい印象。
「前走は外枠だったが、自分から位置を取りにいき、折り合いも付いて、思った通りの競馬で勝ってくれたからね。収穫のあるレースをしてくれたよ。ハンデは少し見込まれたが、クリアして欲しいし、前走のような競馬ができればここでも楽しみだよ」(野中調教師)。 ◎1200メートルを使い続け、前走でようやく初勝利をあげた。前走が55キロ。今回はハンデがどう出るか、その点がポイント。
「前走後は放牧に。年齢と時季的なものか、少し体に余裕を感じますね。ただ、動き自体は悪くないのでこの後シボれてくれば、と思っているんですが……。それに58キロも楽ではないし、今回はこの馬の能力に期待ですね」(中尾調教師)。 ◎大柄な馬で冬場は今一つ。鉄砲ももう一つで今回は様子を見る手か。
「前走後は放牧に出して立て直しを図りました。その効果は感じられるし、追い切りの感じも悪くなかったから。ただ、前走が渋った馬場を気にしていたし、今週も良馬場が望めそうにないのでその点がどう出るかでしょうね。(池江調教師)。 ◎オープン特別なら通用するが、重賞になるともうひと押しが欲しい感がある。
「前走後は放牧でリフレッシュ。帰厩後はいつも通りの調整だけど、向こうでも乗っていたので仕上がりはいいよ。7歳でも衰えは感じないし、あとは末脚を生かせる流れになってくれれば……だね」(浅見調教助手)。 ◎位置を取りにいったことが裏目に出た前走。ただ、往時の勢いは薄れた感があり、上位まではよほど恵まれないことには。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今日はラスト重点。相変わらず動きはいいし、好調をキープしている。前2走は案外だけど、今回が叩き3走目で走り頃だし、調教の良さがレースに結び付くようならもっとやれても」(南井調教師)。 ◎前2走が負け過ぎの感も距離短縮はプラスでキッカケが欲しいところ。
「先週ビッシリ追ってあるので、今日はラスト重点の指示。折り合いが付いていたし、休み明けを感じさせないいい動きをしてくれました。この馬はスローペースよりハイペースで粘り強さを生かした方がいいタイプ。距離短縮はプラスに出ると思うし、行く馬がいなければ主導権を握っても……」(角田調教師)。 ◎現状は1200メートルの方が崩れが少ない。逃げなくても競馬ができるし、前に有利な今の馬場なら。
「この後京都への輸送が控えているので今日の追い切りは軽めですが、指示通りの時計だったし、いい状態をキープしています。前走は58キロを背負い、外を回るロスがあって少差の3着。今回は57キロで出走できますからね。京都に良績はありませんが楽しみはありますよ」(鈴木康弘調教師)。 ◎明けて8歳だが年の割にキャリアが少なく馬は元気。良績がない京都でも無視までは。
「調教で動く馬とは聞いていたけど、それにしてもいい動きをしますね。この距離は久し振りですが、対応できそうだし、楽しみはありますよ」(池添騎手)。 ◎この距離は少々忙しい感がある。
「追い切りの動きはいつも通り。前走時のデキを維持できている。今回は昇級戦で力関係がどうかだけど、前走の勝ち時計が速かったし、通用しても……」(武田調教師)。 ◎前走は嵌ったとはいえ、好時計勝ち。ただ、昇級初戦に重賞でいきなりとは……。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。