IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年1月18日(日)

11R

2015年1月18日(日) | 1回京都7日 | 15:45発走

第62回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

「前走は休み明けで一叩き後かなと思っていたけど、嬉しい誤算だったね。今日は馬場を考えればよく動いていたし、使った上積みは十分見込めるよ。コーナーが4回のコースは合うと思うけど、外回りで瞬発力勝負になるとどうだろう。昇級初戦で重賞の今回はハンデ差を生かしてどこまでやれるだろうね」(飯田祐史調教師)。 ◎ハンデ戦とはいえ、昇級初戦でGII。即通用とは。
「先週速いところをやってあるので、今週はラスト重点ですがいい動きでした。重賞を勝った京都は合うし、その時に騎乗した秋山騎手。いいイメージで臨んでくれると思いますし、立ち回り一つではチャンスはあると思います」(松田国英調教師)。 ◎クラシック路線ではイマイチだがったが、京都新聞杯を勝った実績馬。初の古馬相手を克服できれば。
「追い切りの動きは良かったですよ。コース替わりがどう出るかですが、ハンデは妥当だと思うし、前走のように上手な立ち回りができれば……と思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎初コースで昇級初戦。ハンデ差を見込んでも上位までは。掲示板候補か。
「骨折による休養明けになるが、放牧から帰厩後は順調に乗り込んできたし、今日の追い切りの動きも息の入りも良かったからね。馬体増は成長分と見てよく、仕上がりは悪くない。今回は初の古馬相手がどうかだけど、ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろうね」(橋田調教師)。 ◎クラシック路線ではイマイチだったが、若葉賞で京都金杯を勝ったウインフルブルームを破っている。久々と初の古馬相手がどう出るかがカギ。
「前走は馬場が悪かったし、流れも向かなかったから。今回も片側チークピースを着ける予定。昨年のこのレースが52キロで3着。今年は55キロですが想定の範囲内。良馬場で競馬ができれば巻き返しは可能だと見ています」(木原調教師)。 ◎牡馬相手でも互角に戦える馬。流れ一つでは食い込み可能。
「放牧明けになるけど、追い切りの動き、時計ともに良かったし、特にラストの伸びは素晴らしかったよ。鉄砲は利くタイプだけど、久々で多少体に余裕がある点がどうかだろうね」(川島調教助手)。 ◎昨年の2着馬。ただ、鉄砲は?で叩きつつのタイプ。
「有馬記念は除外されたけど、中間は順調に乗り込めたからね。今日の動きも時計も上々。ハンデの57キロを背負う今回は軽ハンデの馬との差がどう出るかだけど、相性がいい京都。2走前と同じ競馬ができれば楽しみ」(南井調教師)。 ◎当該舞台は京都大賞典2着。相性がいい京都コースで可能性も十分。
「元々が使いつつ良くなる馬だからね。ガラッとは変わらないけど叩いた上積みは見込めるし、京都とは比較的相性がいい馬。流れに乗って末脚を生かせる展開になってくれれば」(佐藤調教助手)。 ◎長期休養明け2戦目だがガラリ一変までは。
「前走後も順調だし、今日の動きも良かったですよ。前走は強敵が相手ということで控える競馬をしましたが、11着とはいってもそれ程負けていませんからね。昨年のこのレースは逃げ切り勝ちと自在性がある馬。ハンデ頭になりますが、この舞台は歓迎だし、改めて見直したいですね」(池江調教師)。 ◎昨年の覇者。昨年は55キロ、今年は斤量がカギになりそうだが、復調気配が見られる今なら軽くは扱えないか。
「前走後は放牧を挟んでここに。明けて7歳になるけど元気だし、今日の動きも悪くなかったからね。京都の外回りなら最後は確実に脚を使ってくれる馬。あとは展開が向いてくれれば」(松元調教師)。 ◎牡馬相手では上位争いまではどうか。
「追い切りの動きが良かったし、いい頃の感じに戻ってきましたね。騎乗した鞍上も好感触を得たようですから。格上挑戦で楽な戦いにはならないと思うけど、54キロのハンデを生かしてどこまでやれるかを見てみたいですね」(吉村調教師)。 ◎格上挑戦。ハンデは軽いだろうが上位食い込みまでは。
「今日の馬場状態を考えればラストの伸びが良かったし、動きは良かったと思う。折り合いに不安はないので距離延長は問題ナシ。あとは末脚を生かせる流れになってくれれば」(音無調教師)。 ◎ハンデ戦の金杯でいい所なし。距離延長も微妙でクラス慣れが必要かも。
「今日の馬場状態を考えればよく動いていると思うよ。近走がもう一つ結果が出ていないけど、京都は比較的相性がいいコース。軽ハンデを生かして頑張って欲しいね」(吉村調教師)。 ◎距離はいいがオープン入り後がイマイチ。軽ハンデは見込めても上位までは。
「前走がこの馬としては早めに動く競馬。その分ラストは一杯一杯だったけど、力で捻じ伏せる強い競馬だったし、キッカケはつかめたと思う。ハンデは想定内だし、デキも上向き。相性がいい京都で実績がある距離。良馬場が条件になるけど好勝負を見込んでいる」(中竹調教師)。 ◎得意の京都、距離。ハンデ一つで待望の重賞勝ちも。
「リフレッシュ放牧を挟んでここに。ここまでシッカリ乗り込めたし、いい雰囲気に仕上がっています。ハンデは据え置きですが、当日体が絞れていれば変わっても……と思っています」(清水英克調教師) ◎近走がもう一つ。年齢的にも大幅な変わり身となると。
「明けて9歳になるけど衰えは感じないし、元気一杯ですよ。今回は相手が揃いますが、50キロの軽ハンデを生かしてどこまでやれるかを見てみたいですね」(高橋義忠調教師)。 ◎今回も逃げると思うが、近走のバテ方を見るとよほど恵まれないことには。
「今日はノビノビと走っていたし、最近の中では一番状態はいいですね。順調に使える点もプラス材料だし、落ち着きが出てきた今ならこの距離もこなしてくれると思っています。あとは好位で流れに乗った競馬ができれば」(加藤征弘調教師)。 ◎オープン入り後はカベを感じる内容。
「前走後は放牧に。帰厩後は順調だし、追い切りの動きも良かったからね。今回は昇級戦で重賞と条件は厳しいけど、この馬も力を付けているし、ハンデ差もあるからね。前走勝った時と同じ舞台だし、どこまでやれるか楽しみ」(村山調教師)。 ◎近走が堅実。ただ、昇級初戦がGIIでは……。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。