sportsnavi

2015年12月27日(日)

10R

2015年12月27日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第60回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 | レコードが出たレース

「前走からあまり間隔がないので追い切りは馬ナリですが、変わりなくきています。3年前のこのレースで2着の実績はありますが、当時は4歳で勢いがありましたからね。あれから3年、年齢も調子もその時ほどではないですからね。当時のことを思い出して走ってくれれば……と思ってはいるんですけどね」(池江調教師)。 ◎良化がスローで以前の面影が見られない。
「前走後は予定通りの調整ができたし、先週の追い切りの動きもシッカリしていましたからね。今週の追い切りはゴール前でソラを使ったため、フワッとする面を見せましたが最後までシッカリ走っていたので問題はありませんよ。自分で競馬を作れるタイプではありませんが、小回りは問題ないし、内めで脚をタメる競馬ができれば……と思っています」(加藤敬二調教師)。 ◎ジャパンCは外枠で内に入れることができなかったことが敗因。好枠を引ければ……とは思うが、中山は一息で。
「天皇賞は2コーナーでラチに接触したが、レース後に何もなかったことが何より。使った後の回復が早かったし、ここまで順調にこられたことも好材料。若い時に無理使いをしなかったことで、ここにきて確実に力を付けているし、丈夫になってきた。追い切りも以前と違って単走でも動くようになっているしね。今回はムーア騎手から手替わりになるが、癖を知っている菱田騎手。思い切って乗ってくれればそれでいいと思っているし、力さえ出し切ってくれれば……」(松田博資調教師)。 ◎ジャパンCはムーア騎手の好騎乗によるところが大きかったとはいえ、勝った?のシーン。コース替わりは問題なく、引き続き注目。
「今回がこの秋4走目ということで、オーバーワークになってはいけないし、かといって軽すぎてもよくないということを考えての調教でしたが、理想的な追い切りをすることができました。いい感じでしたし、状態に関しては自信を持って送り出せます。東京の2400mとトリッキーな中山の2500mはまるで違うし、距離に関しては心配ないと思います。前走は負けたとはいえ、一番強い競馬をしたと思っています。この1年で自分が予想した以上の進化と遂げてくれたし、いい結果で締め括れれば、と思っています」(池江調教師)。 ◎ジャパンCは4コーナーで早めに来られたために仕掛けが早くなり、ゴール寸前で甘くなってしまった。競馬が上手でコース替わりは問題なく、改めて見直したい1頭。
「ジャパンCの時は直前の追い切りが予定より軽すぎたことを踏まえて、今回は1週前にCWで併せ馬をしてシッカリ負荷をかけました。この中間も理想的な形で調整ができたのは何よりだと思います。ここ3走、結果は出ていませんが、あれがこの馬の能力だとは思っていません。この舞台で勝っているように条件は悪くないし、スムーズな競馬ができればもう少しやれても……と思っています」(橋田調教師)。 ◎日経賞を勝っているようにコースは◎。ジャパンCは大外から積極策を取って16着と見せ場は作ったが、超一流馬相手ではもうワンパンチ。
「前走は長丁場のレースだったけど、ムーア騎手が負担の少ない騎乗をしてくれたことで、レース後の息の入りが良かったですから。その後軽い皮膚病がでましたが、治療を施すとほどなく回復したので出走に踏み切りました。今日の追い切りはバランスの良い走りをしていたし、最後までシッカリした足取りで駆け抜けてくれました。前走時と同じ状態をキープしています。このメンバーが相手でも付け入る隙はあると思うし、期待を持ってレースに臨みます」(堀調教師)。 ◎4連勝で重賞も制覇と勢いは十分。長距離では安定しているが、今回は相手が相手。ここが試金石の一戦になりそうだ。
「1週前に併せ馬でシッカリやってあるので、今日は馬ナリで感触を確かめる程度でしたが、前走より更に状態はアップ。本当に充実してきていますね。競馬のセンスが良く、長くいい脚を使う馬ですが、今では瞬発力も付いてきていますからね。今回は手強いメンバーが相手になりますが、楽しみを持っての参戦です」(中川調教師)。 ◎今夏の休み明けから3連勝で念願の重賞も制覇。中山にも実績があり、このメンバーを相手にどこまでやれるか……。正念場の一戦といえそう。
「1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですがいい体調で臨めることは何よりです。この中間は運動量を増やして、キッチリ仕上げたし、前向きさも出てきましたよ。後はあまり器用なタイプではないので、スムーズに運べればいいですけどね」(橋口調教師)。 ◎ジャパンCは7着とはいえ、差は僅か0.3秒。早めの競馬でこの内容なら復調気配が見られたといって良さそう。ただ、中山よりは東京向きでその点がネック。
「前走後の回復が早く、すぐに時計を出すことができました。1週前はあまりやり過ぎないように馬ナリ調整でしたが、今週はラスト重点の形とはいえ、予定通りの時計を出せたし、動きも良かったですからね。前走より更に上向いている感じを受けました。それに気持ちも乗ってきていますしね。この舞台は日経賞(4着)で経験しているし、その時は厳しい競馬でしたが最後はいい脚を使ってくれましたからね。スムーズな競馬ができれば……と思っています」(藤岡調教師)。 ◎ジャパンCは1コーナーで他馬と接触。勝負所でプレッシャーを受けて早めに動いた分、ラストは甘くなる。距離は◎でスムーズなレースができれば。
「連闘で中山への輸送もあるので追い切りは軽め。ローテーションは詰まっていますが、前走後も飼い葉の食いがよく、歩様もシッカリしているので前走の反動は見られないですね。4歳馬で元気があるし、フレッシュな状態なので出走を決めました。いい枠を引いてくれたし、頑張って欲しいですね」(池江調教師)。 ◎2連勝の勢いは買うが、連闘で中山へ連続輸送。加えてこのメンバーが相手では。
「菊花賞の後も思い通りの調整ができたし、何の不安もなくきています。今日の追い切りは少しモタれましたが、併せた相手がいなくなってしまったもので心配ありません。今回は錚々たるメンバーが相手で挑戦者の立場ですが、レースが上手で中山も得意の舞台ですからね。ファン投票で3位に支持された期待に応える競馬をして欲しいと思っています」(清水久詞調教師)。 ◎菊花賞で距離の不安を一掃。先行差しの安定した脚質でコース相性も◎。古馬相手の一戦になるが、ヒケは取らないだろう。
「前走後は厳しい競馬をさせられたことで疲れが出たため、放牧に出してリフレッシュを図りました。帰厩してからは順調に乗り込めたし、先週はビシッと併せ馬を消化。今日はラストをビシッとの指示を出しましたが、前走後にレースを使わなかったことがいい方に出たのか、疲れが取れて本当にいい動きをしてくれました。久々になりますが、この動きなら問題ありませんね。レースの流れがどうなるかは分からないので、ポジションにこだわらず、今回も鞍上に任せるつもりでいます」(音無調教師)。 ◎菊花賞は大外枠のハンデをモノともせず、先団で折り合い、直線はシッカリ伸びて3着。控える競馬ができた点は大きな収穫で、今回も怖い存在。
「前走後は放牧には行かず厩舎で調整をしてきました。先々週、先週といつも通り長めから追い切りましたがいい動きをしてくれたし、今日の動きも本当に良かったですよ。馬の走りたいという気持ちが伝わってきました。この中間は飼い葉もシッカリ食べているし、春当時より元気も出ています。とはいっても今回の中山2500mは坂を2度登坂するので距離面がどうかと、歴戦の強豪メンバーが相手。胸を借りるつもりで臨みますが、53キロの斤量は魅力。その点は楽しみですね」(大竹調教師)。 ◎ブッツケで臨んだエリザベス女王杯は大外から鋭く伸びてマリアライトの0.1秒差4着。叩いた上積みは大きく、初コースさえクリアすれば食い込みも十分。
「前走後は放牧に出さず在厩調整です。今日の追い切りは気合いを入れる程度でしたが、シッカリ反応してくれたし、状態は高レベルで安定しています。この秋3戦目になりますが、疲れはないし、右回りの方が走りがスムーズな馬。中山の2500mは1度は走らせたかった舞台なので、どんな競馬をしてくれるか楽しみにしています」(小島良太調教助手)。 ◎超一流馬が相手だともう一押しが欲しい印象。
「先週シッカリやってあるので、今週は息を整える程度。思い通りの追い切りができました。ここにきて気持ちが乗ってきたし、自信を持ってレースに臨めそうです。前走がここを見据えての仕上げだったので、馬にスイッチが入っていませんでしたが、今は完全に戦闘モードに入っていますからね。前走で課題のゲートもクリアしてくれたし、今はオンとオフの切り替えもできています。この舞台にも実績があるし、万全の仕上げで臨む今回、悔いの残らないレースをして、ファンの期待に応えたいと思っています」(須貝調教師)。 ◎ジャパンCは外めから一瞬伸びかかったがラストは失速。良績がある中山、叩き2走目の上積みと条件面はプラスだが、課題はスタート。ラストランの今回、ゲートを決め流れに乗った競馬ができれば巻き返しは可能。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、1週前にシッカリ負荷をかけられたし、この秋3走目ということでストレスを与えないように前走と同じ調整をしてきました。前走は全ての面がうまく噛み合って勝つことができましたが、回復が早かったし、自分が思っている以上に馬が良くなっています。舞台設定は悪くないし、鞍上も有馬記念は熟知。錚々たるメンバーが相手になりますが、楽しみはあります」(久保田調教師)。 ◎体が絞れたエリザベス女王杯を快勝。とはいえ、今回は超一流の牡馬が相手でどこまでやれるかだろう。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。