IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年3月15日(日)

11R

2015年3月15日(日) | 2回中山6日 | 15:45発走

第33回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] ハンデ | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「中1週だけど追い切りの動きは良かったし、状態面は高いレベルでキープできているよ。今回は格上挑戦になるけど、軽ハンデを生かして前進を期待したいね」(廣井調教助手)。 ◎ハンデ差を生かしてどこまで戦えるかだろう。
「前走後は放牧に。向こうでも乗り込んでいたので、仕上がりは悪くありません。今週の追い切りは遅れましたが、脚がたまらなかったもので心配ありません。ただ、この距離は少し忙しい気もするけど、折り合いが付くようなら……」(宗像調教師)。 ◎良績は左回り。距離ももう少し欲しい。
「先週に騎乗した時より今週の方が折り合いが付いていたし、馬が気分良く走っていました。休み明けになりますが重い印象は感じられないし、能力も秘めている馬。力を出し切ればここでも楽しみですね」(田辺騎手)。 ◎オークス3着以降がサッパリ。能力を秘めていることは確かで、良を条件に見直す手も。
「追い切りの動きから状態面はキープできていると思います。今回は52キロで出られるし、牝馬限定戦。前々でリズムよく走れるようなら楽しみも」(和田正道調教師)。 ◎今回は牝馬限定戦。良のスピード競馬では?符も馬場が渋れば出番か。
「特に変わった印象はないけど、この中間も順調に調整できています。課題のゲートを決めれば……と思いますが、この距離は微妙に長いかもしれませんね」(大和田調教師)。 ◎前走は出負けが敗因。距離延長がどう出るかだが、競られずマイペースの逃げを打てれば。
「2週に渡っていい動きをしてくれました。状態は前走より上向いているし、ブリンカーの効果も見られましたから。今回は格上挑戦になりますが、いい頃の感じに戻っているし、ハンデ差を生かして頑張って欲しいですね」(尾関調教師)。 ◎昨年のこのレースは53キロで殿負けは気になるが、3歳時にフラワーC(GIII)を勝っている馬。一概に無視までは。
「短期放牧を挟みましたが変わりなく順調です。距離延長はプラスに出ると思うし、今回が引退レース。直線の坂がポイントですが、うまく末脚を温存できるようなら」(宗像調教師)。 ◎近走、大きくは負けていないが、もうひと押しが利かない印象で。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。いい状態で帰厩してきたよ。その後は順調に調整ができたし、体に柔らか味が出てきた点も好材料。今回がラストランということで悔いのない仕上げで臨むし、何とかタイトルを、と思っているんだ。是非、良馬場で競馬をさせてあげたいね」(相沢調教師)。 ◎左巧者で中山の適性と距離がもう1ハロン欲しい印象はあるものの良馬場なら。
「放牧明けになるけどシッカリ調整ができているので、息の入りも仕上がりも問題ナシ。最終追いは少し力みが見られたけど、実戦に行けば大丈夫だと思うよ。競馬が上手で前で競馬ができる馬だからコーナー4回の内回りはピッタリ。能力的にも上位だし、チャンスはあると見ている」(藤岡調教師)。 ◎古馬相手も今回で2回目。クラシックで善戦してきた実績から上位の一角に。
「変則連闘になるので追い切りは軽めの調整。今回は格上相手になるけどハンデ差があるし、折り合って末脚を温存できれば、芝でもやれていいと思っている」(角田調教師)。 ◎ベストはダートだが、4走前だけ走れば芝も問題ないハズ。ただ、脚質的に展開の助けは必要かも。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に仕上げてきました。多少体に余裕はありますが、リフレッシュ効果で大分前向きさが出てきたし、何とかここでキッカケを掴んで欲しいですね」(橋本調教助手)。 ◎一連の成績からは強調できる材料が見当たらず。
「このレースを目標に逆算して帰厩したので乗り込みは十分。いい仕上がりで臨めますよ。右回りに実績はありませんが、それは成長途上などを含め、たまたまですから問題ありません。今回は小回りでコーナーが4回のコースになるので、それなりの位置で運ばせたいと思っています。決め手は上位だし、牝馬同士なら重賞でも……と思っています」(菊川調教師)。 ◎左回りが理想でコース替わりがカギになりそうだが、ここなら力は上位。あとは展開が嵌れば。
「牝馬の割に使いつつ良くなるタイプ。叩いた上積みは見込めるし、距離延長もプラス材料。格上挑戦になるけど能力でヒケは取らないし、牝馬同士の一戦だからね。53キロのハンデなら楽しみ」(高橋義忠調教師)。 ◎小回りのこの舞台はピッタリ。道悪なら言うことないが、良馬場でも無視までは。
「前走後は放牧に出して立て直しを図りました。帰厩後は順調に調整ができたし、追い出すと頭が上がる面も解消しています。近走がもう一つ結果が出ていませんが能力は高い馬。まだ半信半疑ですが、何とかキッカケを掴んでくれれば……と思っています」(橋本調教助手)。 ◎重賞勝ちがある中山だが、休養明け後の2戦がともに惨敗。一変までは……。
「短期放牧を挟んだけど、先週併せ馬でシッカリ負荷をかけたから、今週は馬ナリだけどこれで十分。距離延長もコース替わりも気にならないし、最近は競馬が上手になっているからね。再度牝馬限定だし、適度に時計を要するようなら楽しみだね」(菊沢調教師)。 ◎重賞でも崩れず走っており、クラス慣れが見込める。ただ、末一手で展開がカギに。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。