sportsnavi

2015年11月29日(日)

11R

2015年11月29日(日) | 5回東京9日 | 15:40発走

第35回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

「前走の天皇賞は強い勝ち方でしたね。ここにきて筋肉の量が増えてきたし、まさに充実期に入ったと思います。先週に併せ馬をやってあるし、今週は木曜追いということでサッと流す程度。無理をせずにできたし、いい状態ですよ。前走も余裕残しだったので、更に上向いていますからね。京都の2400mはクリアしましたが、東京は坂がありますからね。その点がどうかですが、日本馬のレベルの高さを証明できれば……と思っています」(池江調教師)。 ◎鳴尾記念から4連勝。中2週続きの後の中3週とレース間隔が詰まっており、目に見えない疲れが心配だが、今の勢いは一番。条件面に問題はなく、馬場さえ悪くならなければ。
「来日して白井に滞在している時はもう一つ元気がありませんでしたが、東京競馬場に来てからはスッカリ元気を取り戻しました。今日の追い切りは物見もせず、スムーズな調教ができたので満足しています。日本の競馬はいつもタフになるので、運が必要かもしれませんが、頑張っていい結果を……と思っています」(トレヴァージョーンズ調教助手)。 ◎メルボルンCはプリンスオブペンザンスの2馬身差4着。スタミナは豊富だが速い時計の決着になると?符も。道悪なら。
「天皇賞はスローペースで上りの競馬になったこともありますが、京都大賞典の時と同様、装鞍所から妙に落ち着きがありました。それを考えて、この中間は馬を怒らせる調教スタイルをとってきました。ここまでは思惑通りの調整ができたし、後はレースにいって気持ちが乗ってくれれば……。いい脚を長く使うタイプなので持久力勝負になって欲しいと思うので、展開がうまく噛み合ってくれれば……」(橋口調教師)。 ◎休み明けの2走がもう一つ。往時の迫力は薄れた印象がある。
「木曜日にペルーサと共に東京競馬場へ輸送するので、追い切りは軽めですが、問題ありません。札幌戦を勝った後にどこか1戦を挟む予定もありましたが、勝った当時の状態に比べて物足りないので、ここまで延ばすことにしました。休み明けは走ってくれるし、長い距離を得意にしている馬。強豪メンバーが相手になりますが、この馬も奥手の血統でまだ伸びシロがありますからね」(藤沢和雄調教師)。 ◎休み明けの一戦だったワールドスーパーJSの準オープン特別を快勝。ただ、今回は昇級初戦でこの相手では。
「今日は全休明けになるし、木曜日にジャングルクルーズと共に東京競馬場へ移 送をする予定なので、あまり攻めてはいませんが、天皇賞の疲れもなく馬は元気です。今回の相手は強いですが、距離が延びる点はプラスだし、一頃のスランプから立ち直ってきていますからね。その分はいいと思いますよ」(藤沢和雄調教師)。 ◎天皇賞7着。得意の東京でも相手関係は厳しいか。
「ラチに接触してバランスを崩した天皇賞は参考外の一戦。無事に上がってこられたことは何よりだったよ。追い切りはラスト重点だが、前走から中3週だし、これで十分。ディープインパクト産駒にしては太く映るのは年齢的なモノがあるのかもしれない。それでも動きは良かったし、このメンバーに入っても力の差がそれ程あるとは思えない。ムーア騎手から申し出があっての騎乗だし、スムーズな競馬をして、この馬のいい面を引き出して欲しいね」(松田博資調教師)。 ◎天皇賞が案外の伸び脚。距離は問題ないが、GIではもう一押しが欲しいところ。
「前走は準オープン特別とはいえ、強い勝ち方をしてくれました。以前はソエ気味だったし、トモに緩さもありましたが、今は体質が強化して芯がシッカリ。ここにきて本格化してきたと言えるでしょう。今は本当にデキがいいので、この強豪を相手にどこまで……と思いますが、内心、楽しみを持っての参戦です」(上原調教師)。 ◎準オープンの特別を勝っての挑戦だが、相手が相手で。
「今日は1頭だけということで、少しリラックスし過ぎているのかな、と思いましたが、いい走りをしてくれました。今日の動きには凄く満足しています。日本の馬場は硬いと聞いていたので確かめてみましたが、この馬は硬い馬場を得意にしていますから問題はありません。大きな馬で競走馬になるまで時間を要しましたが、GIを勝つまでに成長しましたからね。元々が落ち着きがある馬で、来日後は1頭だけで調教を積んでいますが、フランスにいる時と同じメニューをこなしていますからね。左回りは気にならないし、リラックスしてリズムよく走るので、鞍上の指示にも素直に反応してくれる馬ですよ」(グラファール調教師)。 ◎凱旋門賞はゴールデンホーンの0.7秒差5着。パリ大賞典(GI)を勝った実績もあり、この距離では崩れない馬。早目に動ける脚があり、時計を要する馬場になれば。
「前走の天皇賞は全く走っていなかったのでダメージはありませんでした。先週もシッカリやってあるし、今日は馬場が悪かったのでポリトラックで追い切りました。体調は言うことないし、馬がやる気にもなっています。乗り難しい馬で今回はテン乗りになりますが、先週、ジョッキーに乗ってもらってコンタクトを取ってあるので大丈夫でしょう。距離は問題ないので、ある程度の位置で運べるようなら……と思っています」(小島太調教師)。 ◎相性のいい東京だが、相手関係が厳しいうえに距離も微妙に長い印象。
「先週ある程度やってあるし、輸送を考慮して今週は馬ナリですが、硬さも見られず、いい状態で臨めそうです。前走の勝ち馬は秋の天皇賞を勝っているし、休み明けでコース取りの差などを考えれば力負けとはいえ、少差の2着。よく頑張っていると思います。以前は使うと硬さが出る弱い面がありましたが、今はスッカリ解消。今のいい状態をキープしたまま本番に臨めれば、と思っています」(藤岡調教師)。 ◎久々だった京都大賞典がラブリーデイの2着。叩き2走目の上積みが見込める今回は軽視危険。
「前走後はレース間隔を考慮してエリザベス女王杯を自重し、放牧を挟んでここに。53キロで出られる点もいいですから。放牧先でスッカリ疲れも取れたし、今日の追い切りもいい切れ味を見せてくれました。テンションが上がらないようにコンディションを整えてきたし、秋華賞と同じデキで出られると思います。今回は牡馬、そして古馬が相手の一戦でタフな競馬になると思いますが、最近は3歳の牝馬でも好走していますからね。可能性を求め、挑戦する価値はあると思います」(池江調教師)。 ◎未だ連対を外さず。舞台設定も文句ナシ。課題は初の古馬&牡馬混合がどうなのかという点に尽きるが、揉まれずに運べれば可能性も。
「追い切りの動きは素晴らしかったし、時計も含め、全て予定通りの調整ができました。今朝、ジョッキー(横山典)と相談をして、今回はシャドウロールを外し、ノーマルで臨むことにしました。今まで着けても外しても結果を出しているので問題はありません。落ち着きがあるし、有馬記念で頂点に持っていけるようにここを含めて2走に絞ったし、東京コースに替わる点も問題ないと思います。あとはゲートを出て、アクシデントもなく、スムーズにこの馬らしい競馬ができれば、と思っています」(須貝調教師)。 ◎東京はOK。距離も問題なく、タフな馬場になってきた点もプラス。課題のゲートをクリアできれば。
「天皇賞を予定していましたが右前球節をひねったために回避。その後は順調に乗り込んできたのでレースが延びた影響はありません。先週の時点である程度仕上がっていたので、今日はラスト重点の追い切りですが、これで態勢は整ったと思います。鞍上との相性はいいし、距離延長で追走が楽になるのもプラス材料。後はある程度流れてくれるようならいいですね」(清生調教助手)。 ◎札幌記念2着以来だが、鉄砲はOK。目黒記念1着から舞台もOKだが相手が揃った。
「仕上がりに関しては満足しています。左回りは2勝しているので、東京コースへの適性はあると思います。前走は逃げ切って勝っていますが、先行勢に付けて行ければいいと思っています。そのためにも真ん中より外めの枠は引きたくないと思っていたのですが……」(カルヴァロ調教師)。 ◎バイエルン大賞典(GI)を勝っての来日。2走前のオイロパ賞はナイトフラワーの4着。逃げが武器でスンナリ行かせてもらえるようなら。
「前走の天皇賞は直線だけの競馬ということで、予想以上にダメージが少なく回復が早かったです。この秋は2戦ともにいい競馬をしてくれたし、体の方もできているので、今日は体調の確認をする程度ですが、18日にジョッキーが乗り、併せ馬でラスト1ハロンをシッカリ追ってあるので大丈夫。前2走を上回る動きだし、この秋一番のデキと言っていいでしょう。関東圏への輸送は慣れているし、東京の2400mは願ってもない舞台。楽しみを持って挑戦しますよ」(高野調教師)。 ◎天皇賞が最速の末脚で0.2秒差の4着。展開ひとつで食い込む余地はあるが、今回は初距離と荒れてきた馬場がどうか。
「前走は得意の距離で楽しみにしていましたが、スローペースのうえに、道中詰まり気味で力を出し切っていません。前走同様、動きは良かったし、状態はいいですよ。距離延長はプラスに出ると思うし、ある程度流れてくれて、持久力勝負になれば、天皇賞のようなことはない、と思っています」(平田調教師)。 ◎天皇賞が負け過ぎの感。今回は相手が強化されるうえに、東京替わりもどうか。
「先週CWで併せ馬をしました。抑え過ぎて時計が遅かったんですが、動き自体は悪くありませんでした。今日は真っ直ぐ走っていたし、フットワークも良かったですからね。息の入りも良くなったし、天皇賞を使った上積みはありますよ。スタミナがあり、長くいい脚を使う馬なのでこの舞台はいいと思います。できれば外枠は……と思っていましたが、天皇賞と同じ大外枠。その点がどうかでしょう」(橋田調教師)。 ◎叩き2走目の上積みと距離延長でどこまでやれるかだろう。
「来日後も状態はいいですし、ドイツにいた時と同じ調教メニューを東京競馬場に来てからも消化してきました。今日の追い切りもいいキャンターをしていたので、体調面に問題はありません。ある程度速い流れになることが理想なので、東京の芝は合っていると思います。ただ、ロスを避ける意味でも外枠は引きたくないと思っていたのですが……」(シールゲン調教師)。 ◎オイロパ賞でイトウに先着。3歳牝馬だが8戦して連対を外したのはわずか1回。牡馬相手でもヒケは取らないが、時計勝負がどう出るかだけ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。