2015年5月16日(土)

11R

2015年5月16日(土) | 2回東京7日 | 15:45発走

第60回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

「追い切りの動きはマズマズ。近走は結果が出ていませんが、この舞台はピッタリですから。何とかここでキッカケを掴んで欲しいと思っています」(宗像調教師)。 ◎既に8歳。休み明けの2戦がサッパリで良化もスロー。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきたので、ほぼ態勢は整ったと見ていいでしょう。重賞でもやれる能力はあると思うし、むしろオープンの流れの方が折り合いを付けやすいのでは、と思っています。精神面の成長もあるし、輸送も苦にしない馬。あとは当日落ち着いてレースに臨めれば」(笹田調教師)。 ◎大崩れしないタイプだが、今回は昇級戦で重賞。条件は甘くない?
「ここにきて体に重量感が出てきたのは好材料。今回は初距離になりますが、ここで新味が出てくれないものか……と思っているんですけどね」(高木調教師)。 ◎重賞ではもう一押しが欲しい感がある。
「中2週ですがビシッと追い切りました。力を出せる仕上がりにありますよ。東京の1400mはこの馬が得意とする舞台。改めて見直したいですね」(鮫島調教師)。 ◎得意の東京・距離だが相手が揃った印象は否めず。
「時間帯を考えれば時計・動きともに良かったですよ。前走は着順は悪くてもそれ程負けていませんからね。距離短縮はプラスだと思うし、もう一押しを期待したいですね」(鮫島調教師)。 ◎休養前も近2走も成績はサッパリ。一変は望み薄か。
「先週ジョッキーに乗ってもらい、既に負荷をかけてあるので、今週は馬ナリだけど、動きは良かったよ。距離は延びるけど、ラストはいい脚を使う馬なので展開の助けがあるようなら……だね」(北出調教師)。 ◎ベストは1200m。距離は微妙だが展開の助けがあれば。
「除外続きだけど馬に落ち着きがあるし、動きもいいですね。前回の休み明けよりいい状態で出走できますよ。このくらいの距離の方が競馬をしやすいと思うし、牡馬相手は楽ではないと思いますが、左回りは走りがスムーズなので楽しみも」(白倉調教助手)。 ◎舞台設定はいいが、今回は牡馬相手がどう出るか。
「中1週ですが疲れもなく順調です。本当に良くなるのはもう少し先かもしれませんが、一度叩いた上積みは見込めるし、相手は強くなりますが得意の舞台で前進を期待したいですね」(安田調教師)。 ◎叩き2戦目も相手が相手で。
「前走は窮屈な競馬だったけどラストは良く伸びてくれたね。先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれたし、1400mも合うと思う。ある程度流れて折り合った競馬ができればラストはいい脚を使うから」(村山調教師)。 ◎今回は重賞で相手関係が多少厳しいかも。
「前走が不完全燃焼の一戦。体調の変動が少ない馬なので、前走後も順調だし、動きも変わりなくきているよ。折り合いを考えると1400mはプラスに出そうだし、スムーズな競馬ができれば」(藤岡調教師)。 ◎もう一押しが利けば……の前2走もゲートを決めて流れに乗れれば。
「前走後は放牧を挟んでここに。前走は勝ちに行っての負けだし、悲観はしていません。減った体は戻っているし、動き、状態ともに言うことありません。この舞台はピッタリだし、重賞を勝った戸崎騎手との相性の良さも含めて楽しみですね」(尾関調教師)。 ◎ベストに近い舞台設定。あとは力関係だけ。
「前走は着順こそ8着だが、大きく負けたワケではないからね。ただ、今回は重賞で前走より相手が揃っているし、どこまでやれるかじゃないかな」(河内調教師)。 ◎距離短縮はプラスでも、この相手では厳しい。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。今日は折り合い重視の追い切りをしましたが、いい伸びをしてくれたし、いい仕上がりで臨めると思います。前走はゲートと距離も少し忙しかったですが、今回は一昨年勝った舞台。改めて期待したいですね」(渋田調教助手)。 ◎距離・コースともに◎。前走は出負けと初距離が敗因で見直しが必要。
「取り消し後は順調に乗り込んできたので、いい仕上がりで臨めると思います。東京のこの舞台で結果を出しているし、適度に時計を要するようなら」(高橋義博調教師)。 ◎舞台は悪くないがローテーションの狂いは痛い?ただ、馬場が渋れば見せ場も。
「前走後は放牧を挟んでここに。帰厩後も順調に乗り込んできました。調教駆けする馬なので特に変わった印象はありませんが、この距離なら折り合いの不安がなくなると思うし、高速決着に対応できるようなら……」(松永幹夫調教師)。 ◎今回が初距離。速い時計の裏付けがなく、忙しい流れに戸惑わないかがカギに。
「前走はスムーズさを欠くレースでの負けで、力負けではありませんから。その後は放牧を挟んでここに。いいリフレッシュができたし、いい状態で出られそうです。オープンでもやれる力はあるので改めて見直したいですね」(橋本調教助手)。 ◎重賞ではもうワンパンチが欲しい感がある。
「先週併せ馬でシッカリやってあるので、今週は単走でラスト重点。いい状態をキープしています。距離やコースは問題ないと思うし、大目標の安田記念に向けてメドの立つ競馬を、と思っています」(上原調教師)。 ◎距離がカギになりそうだが、末は確実。前がやり合えば食い込み十分。
「前走は流れが向かなかったが、ダメージもなく順調にきている。東京の1400mはこの馬が一番競馬をしやすい舞台。流れに乗った競馬ができれば楽しみも」(国枝調教師)。 ◎昨年のニュージーランドT以降がサッパリ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。