2015年4月26日(日)

11R

2015年4月26日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第50回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 | レコードが出たレース

「追い切りは予定通りに消化できました。速いところをやると食いが細くなる傾向のある馬ですが、腹が巻き上がっている感じはないので大丈夫。いい脚を長く使う馬なので東京はピッタリ。距離延長も問題ありませんよ」(松元調教師)。 ◎未だ4着以下がなく、相手なりに走る堅実さが売り。今回も崩れることはないだろう。
「順調に使ってきているし、体も息もできているのでラスト重点の追い切り。距離延長は問題ないと思うし、この相手でも楽しみはあるよ」(加用調教師)。 ◎ゲートは出るようになった点はプラス。力関係がどうかだけ。
「先週長めからやってあるので、今週は併せ馬で馬ナリ。順調に調整ができているからね。追って味があるので東京に替わる点はプラス。気難しい面を出さなければここでも……と思っているので何とか権利を取って欲しいね」(伊藤圭三調教師)。 ◎ゲート難。芝の速い時計にも不安がある。
「先週ある程度やってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分でしょう。今週は開幕週で前に有利な馬場ですが、今回も末脚を生かす競馬をするつもり。それで結果を出せるようなら本番が楽しみになりますね」(土田調教師)。 ◎芝でメドを立てた前走。決め手はなかなかのモノがあり、展開の助けがあれば。
「単走でこれだけ動けば上々でしょう。使いつつ良くなっていることは間違いありませんね。仕掛けてすぐ反応するというより、エンジンの掛かりが遅いタイプなので距離延長+直線が長い東京は合うと思います。あとは良馬場で競馬ができれば」(友道調教師)。 ◎前で競馬ができるようになった点は好感が持てる。メンバー的にもここなら上位食い込みも可能。
「前走は休み明けだったし、出負けして早めに外から追い上げる形になったこと、そして馬体にも余裕があった分、最後が甘くなった感じですね。一度使って体が絞れたし、手前の関係から左回りの方がスムーズな馬。東京に替わる今回は改めて期待したいですね」(菊沢調教師)。 ◎東京は2戦2勝。叩いた上積みも見込め、発馬さえ決めれば。
「前走後は厩舎調整。今日はラスト重点だけど、先週もやってあるのでこれで十分。前走が一旦下がりながら巻き返して5着。あのレースを見ると直線が長い東京は合いそう。距離延長もプラスだし、今回も脚をタメる競馬で優先権を取って欲しいね」(中尾調教師)。 ◎チューリップSは道悪で5着。末は切れる馬で良なら更に。
「ここを目標に調整。追い切りは相手に合わせる形だけど、楽な手応えで先着と、いい動きをしてくれました。マイルで実績を上げているけど、本質的には中距離が合うと思うし、条件替わりで好結果を生んでくれないものか……と思っています」(戸田調教師)。 ◎器用なタイプではなく、先行有利な開幕週は不利だが、メンバー的には通用していい馬。
「追い切りの動きは非常に良かったですよ。ここにきて筋肉が付いてきたし、馬体の張りも良くなって前走以上のデキですね。瞬発力勝負ではどうかと思いますが、適度に流れてくれるようなら」(奥村武調教師)。 ◎2000メートルで2勝と条件はピッタリ。脚質が脚質で先行有利な開幕週の馬場をクリアできれば。
「前走後は放牧を挟みましたが、走れる態勢に仕上がっています。前走は豪快な競馬で勝ちましたが、ジョッキーの好騎乗に助けられた面もあったと思いますが、能力があったからこそできた芸当だと思います。大半が1勝馬の牝馬限定戦だし、末脚を生かせる東京に替わる点もプラス材料。楽しみですね」(橋本調教助手)。 ◎速い時計に対応できるかどうかがポイントになりそう。
「前走後はここを目標に調整。小柄な馬ですがしっかり調整してきたし、最終追いの動きも文句ありません。欲を言えばもう少し体が増えて欲しいですが、前走が強い勝ち方だったし、まだ底を見せていませんからね。折り合いの不安がないので距離延長も大丈夫です」(尾関調教師)。 ◎もう少し馬体の成長が欲しい感も、決め脚は魅力。
「前走後は厩舎で調整。小柄な馬なのでラストだけサラッと追っただけですが、いい動きでしたよ。使う毎に落ち着きが出てきているのは好材料。本番を意識した仕上げになりますが、その状態で権利を取ってくれないようでは本番でどうこうと言っていられませんからね」(小島茂之調教師)。 ◎相手なりに走るタイプ。距離、コース替わり、ともにOKで要注意。
「使う毎に追い切りの動きが良くなっているし、力も付けています。未勝利を勝ったばかりですが、牡馬相手に善戦してきた馬。本格化はもう少し先になると思いますが、距離は経験済みだし、牝馬同士の一戦なら差はないと思います」(大竹調教師)。 ◎コース替わりはプラス。距離適性は認めるが、速い時計に対応できるかがカギ。
「調教はそれほど動く馬ではないので、時計的にこれだけ動けば十分でしょう。未勝利を勝ったばかりだけど、距離は問題ないし、牝馬限定戦なら差はないと思っています」(藤岡調教師)。 ◎馬体増はいい傾向。先行力はあるので、あとは速い時計に対応できるようなら。
「先週もやってあるし、今週は馬ナリですがいい動きをしてくれました。休ませた効果で体に柔らか味が戻ってきたこともいい傾向です。元々素質を期待していた馬だし、血統的に距離が延びるのもプラスに出ると思います」(相沢調教師)。 ◎速い時計への対応がカギになりそうだが、器用な立ち回りができる点は好感が持てる。
「前走は道悪の影響もあったし、体も少し寂しくなったので放牧に出して立て直しを図りました。今は体も回復しているし、追い切りの動きも折り合いが付いていい動きをしてくれました。今回は輸送面などの課題はありますが、直線が長い東京は合うと思います。素質を感じる馬だし、良馬場で競馬ができれば」(高橋亮調教師)。 ◎前走は道悪が敗因。馬体回復がポイントになるが、エルフィンSだけ走れば上位争いに。
「追い切り時計は地味ですが、動きは良かったですからね。輸送に動じるタイプではないので、その点も問題ないでしょう。重賞とはいっても大半が1勝馬だし、流れに乗った競馬ができれば……」(松永幹夫調教師)。 ◎前走は馬場が応えた印象。距離はOKで良馬場なら。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。