2015年8月9日(日)

11R

2015年8月9日(日) | 2回新潟4日 | 15:45発走

第7回レパードステークス(GIII)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

「先週シッカリやってあるので今週はサラッとですが、動きが良かったし力を発揮できる仕上がりにありますよ。先週まではもう一息かもといった状態でしたが、いい時の仕草が出てきたし元気もありますからね。前走は不甲斐ない競馬でしたが、デキは確実にアップしているし、距離短縮もプラスに出ると思います。コース替わりは問題ないので、改めて見直したいですね」(橋本調教助手)。 ◎遠征帰りで久々の前走は4着と伸びを欠いたが、それ以前の成績は言うことナシ。距離はメイダン競馬場のUAEダービー(1900m)で3着があり、問題ナシ。見直しは必要。
「前走後は放牧に出してダートのここを目標に調整してきました。ただ、完調時にはもう一息かもしれませんね。左回りなら距離は問題ないと思いますが、オープン相手でどこまでやれるかでしょう」(宗像調教師)。 ◎ユニコーンSの内容を見ると、オープンではもうワンパンチが欲しい印象。距離も微妙。
「もう十分に仕上がっているので、今日は無理に追いませんでしたが、仕掛けた時にシッカリ反応。自分から行く気を見せていたし、気合の乗りも申し分なし。体調は万全ですね。前走のジャパンダートダービーで中央のオープン馬が相手でもやれるという手応えを掴んだし、やはり力があると実感。あとは長距離輸送を無事にクリアできるようなら楽しみですね」(小久保調教師)。 ◎ジャパンダートダービーは地方馬で最先着の3着と好走。2着のクロスククリーガーに5馬身差とはいえ、ライドオンウインドには先着。軽くは扱えないだろう。
「追い切りは動かない馬なのでこれで十分です。前走は初芝だったし、相手も揃っていましたからね。休養前より背腰に筋肉が付いてきたし、実績があるダートに戻す今回、重賞路線を戦ってきた馬を相手にどこまでやれるかでしょう」(田村調教師)。 ◎ダートは2戦2勝と底を見せていない。時計短縮も可能で無視までは。
「日曜日にも時計を出しているし、この後、輸送を控えていることを考慮して追い切りはポリトラックで余裕を持たせた調整。状態はいいと思いますが、1800mは少し長い気がするので、その点がどう出るかでしょうね」(青木調教助手)。 ◎中央の重賞ではやや力不足の感も。
「前走は遠征帰りとはいえ状態は悪くなかったんですが、水が浮くような馬場が応えたようで参考外と見ています。全く走っていないのでダメージも少なかったですから。先週ビッシリやってあるので今週は馬ナリですが、いい感じできています。今回もいいメンバーが相手になりますが、能力を出し切れば差はないと見ています。今後に向けて是非、勲章をと思っています」(高橋裕調教師)。 ◎前走のジャパンダートダービーが休み明けにしても負け過ぎ。交流重賞2勝の実績はあるが中央ではもう一押しが欲しい。
「前走後は自厩舎で調整をしてきました。先週の水曜日、日曜日に長めから、そして今日の併せ馬は前に馬を置く形でやりましたが、我慢が利いていたし、いい動きをしてくれました。前走は馬場が悪かったこともありましたが、上位組は強かったですからね。ただ、この馬はパワータイプなので、2走前のように力の要る馬場なら変わると思います」(木原調教師)。 ◎ジャパンダートダービーは相手が強過ぎた。今回も相手は揃うが、距離短縮と鞍上の手腕で可能性も。
「前走は古馬相手に結果を出してくれたし、並んでから渋太い面も見せてくれました。その後は放牧を挟み、ここを目標に帰厩。先週の時点では少し重い感じを受けましたが、今週の併せ馬の動きが良かったのでその点は問題ありません。途中からでも自分のペースで走れば控えても大丈夫だし、3歳同士ならオープンでも楽しみですね」(村井調教助手)。 ◎前走で破った2着馬が次走で強いメンバー相手に競り勝つ。勝ち時計も速く、今の勢いを素直に評価してみたい。
「前走後は厩舎で調整。今日は暑さを考えてあまりやりたくはなかったけど、時計が速くなりましたね。前走後はさすがに疲れが見られましたが、今は持ち直しているし、ピークの前走には及ばないまでもその当時の状態に近づいていると思います。コンスタントに使ってきているので目に見えない疲れがどうかですが、距離短縮はプラスだし、力を出し切ってくれるようなら」(庄野調教師)。 ◎前走は勝った相手が強過ぎただけ。逃げ・先行差しと脚質自在でここも上位争いは必至か。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今週は控え目。一息入れましたが、先週の時点より動きも息遣いも良くなっています。前走はレース中に外傷を負うアクシデントで参考外。スムーズならもう少しやれてもいい馬ですからね」(飯田祐史調教師)。 ◎鳳雛Sの内容から判断するとオープンでは厳しい。
「短期放牧を挟んでここを目標に調整。先週コースで速いところをやってあるので、今週は坂路で馬ナリですが、いい動きでした。久々の1800mがどうかですが、当時より力を付けているし、前に有利な今の新潟。自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(天間調教師)。 ◎ハイペースの前走を渋太く粘り通した内容は評価できる。距離延長がどう影響するかだが、コーナー4回の新潟なら我慢が利くかも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は血統背景とオーナーサイドの意向もあってダートのここに照準を合わせて調整してきました。体付きは変わっていませんが、追い切りの動きは良かったですよ。この中間は左回りの日にダートに入れて砂を被せてみたり、色々とやってきました。この調教で慣れてくれればいいんですけどね。重賞で相手は揃いますが、3歳同士の一戦。ここで結果を出せば選択肢が広がると思うので、どんな競馬をしてくれるか楽しみ」(音無調教師)。 ◎初ダートになるが、毎日杯2着、京都新聞杯5着と能力は確か。血統からダート替わりはむしろプラスに出そうで一発も。
「前走後は放牧を挟んでここに。本当は牝馬同士の交流重賞(ブリーダーズGC)を使いたかったんですが、補欠で3歳同士のここを使うことにしました。距離はこなせるし、立ち回りが上手なのでコース替わりも心配ありませんが、今回は牡馬相手の重賞ですからね。胸を借りるつもりで臨みます」(高柳調教師)。 ◎中央のオープンでは上位までとなると?符も。
「前走はハナを切ると思っていませんでしたが、集中力を切らせないようにジョッキーが走らせてくれました。併せ馬の動きが良かったし、叩き2走目の上積みは十分見られます。オープン相手になりますがどんな競馬をしてくれるか、楽しみはありますよ」(村山調教師)。 ◎前走は2着に5馬身差を付けて逃げ切り勝ち。勝ち時計は翌日の古馬オープンの勝ち時計より0.2秒速い優秀なモノ。この相手でも軽視は危険か。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。暑さが影響することも無くここまでは順調そのものだし、落ち着きが出てきた点も好材料です。今回はコーナーが4回の競馬になりますが、前走のマイル戦で最後に脚を使っていた内容を見ると対応はできると見ています」(小島調教助手)。 ◎ユニコーンSが後方から差を詰めただけの8着。オープンではクラス慣れが必要。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。