IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年7月5日(日)

11R

2015年7月5日(日) | 2回福島2日 | 15:45発走

第64回ラジオNIKKEI賞(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 | レコードが出たレース

「中2週だけどシッカリ追い切りました。他馬を怖がる面があるので、今回は距離ロスを覚悟の上で大外を回す競馬をするつもり。相手は強くなるけど、51キロの軽ハンデを生かしてメドの立つ競馬を……と思っています」(佐々木晶三調教師)。 ◎ゲートが不安定で、どうしても位置取りが後ろに。51キロでもよほど恵まれないことにはどうか。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。帰厩して日は浅いですが、いい雰囲気に仕上がっています。ハナにはこだわらないし、51キロの軽ハンデで出られる点も有利。距離は微妙ですが、前々で渋太さを生かせるようなら……」(清水英克調教師)。 ◎牡馬混合の重賞では厳しいかも。
「先週、追い切りに騎乗したルメール騎手が“動きが重い とのことで、今週もシッカリ追い切りました。見た目に太い印象はないし、順調に調整はできたと思いますよ。コーナー4回のコースは追い込み一辺倒のこの馬にはどうかという点と、道悪も気になるところ。ただ秋に向けてここで賞金加算をしておかないと……という気持ちがあるので、この馬をよく知っている鞍上の手腕に期待をしたいですね」(音無調教師)。 ◎小回りが気になるところだが、先行できる脚はある馬。発馬を決めて好位付けができれば好勝負に。
「トモに疲れが出たのでNHKマイルCを自重して放牧に出しました。その効果で今はスッカリ立ち直っています。今日は思ったより時計が遅かったですが、動きは良かったですからね。前走がこの馬の実力ではないと思っているし、距離短縮も問題ないので改めて見直したいですね」(橋口調教師)。 ◎前走は出負けが敗因。距離は微妙だが、小回りなら克服できるかも。
「前走から中2週と間隔が詰まっているので、追い切りはサラッとですが、これで十分でしょう。体質的に体が硬くなる馬ですが、予想以上に回復が早く、いい状態で臨めそうです。前走はハミ掛かりが良過ぎて、掛かってしまいましたが古馬を相手によく踏ん張ってくれたし、僅差とはいえ、強い勝ち方をしてくれたと思います。前走のレース内容なら小回りの福島はむしろ合うと思うので、コース替わりは大丈夫でしょう」(橋本調教助手)。 ◎既走馬相手に未勝利を勝ち、500万も連勝と素質はなかなか。初コースに対応できれば可能性はある。
「前走はテンションが高く、テンから飛ばし過ぎたから参考外と見ていいでしょう。この中間はジョッキーに乗ってもらい、コンタクトは取れているし、先週の追い切りは折り合いが付いて好時計をマーク、今日も理想的な追い切りができましたからね。距離短縮はプラスだし、勝ち鞍がある福島。道中、息が入るようなら善戦は可能だと思います」(堀井調教師)。 ◎今回も逃げてどこまで粘れるかになりそう。福島は勝ち鞍があるコースでマイペースなら。
「前走後は放牧に出してオーバーホール。その効果で心身ともにリフレッシュできました。ただ、食べたものが実にならず、成長度は今一つですね。追い込みタイプで開幕週の馬場がどうかと、(輸送などを含めて)マイナス体重での出走になる点がどうかですが、能力通りの走りができれば」(池江調教師)。 ◎気性的にポン駆けは利くタイプ。コーナー4回の小回りを克服できるかに課題はあるものの、秘めた能力は確か。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。前走は馬込みに包まれて不完全燃焼の一戦。小回りは中山で勝っているので問題はないし、ある程度流れて、うまく折り合って運べればここでも、と思っています」(小島太調教師)。 ◎小回りのこの距離は少し忙しい印象も。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に。牧場でも乗り込んできたのでいい仕上がりで臨めます。新馬勝ちをした相性がいいコースだし、2走前のプリンシパルS(3着)のように先行抜け出しの競馬ができればここでも楽しみですね」(和田正道調教師)。 ◎福島は新馬勝ちした縁起の良いコース。先行力もあり、見直す手も。
「追い切りはシッカリした足取りでいい動きをしてくれましたね。ここにきて精神面が成長し、落ち着きが出てきたことで、折り合いが付いてコントロールが利くようになってきました。小回りは問題ないし、3歳同士の一戦ならいいレースができると思います」(藤原英昭調教師)。 ◎自己条件に戻して手堅くV。重賞でも善戦の過去があり、差のないレースは可能。
「中2週続きだけど、疲れもなくいい動きをしてくれました。元々、期待をしていた馬ですが、暖かくなるにつれて体調がアップ。前走も古馬相手で先行勢総崩れの中、自分から動いて2着と中身の濃いレースをしてくれましたからね。大柄な馬で小回りがどうかですが、パワーがあるし、今回は3歳馬同士の一戦ですからね。楽しみはあります」(西園調教師)。 ◎先行策に切り替えてから成績が安定。もう少し距離は欲しいが、今回も自分のリズムで走れるようなら。
「前走はよく走ってくれたが、最後は決め手の差が出た格好。レース後の疲労回復が早かったし、追い切りの動きも前走以上。一戦毎に力も付けているし、重賞でも差のない競馬はできると見ている」(大江原調教師)。 ◎オープン特別で差のない3着。2000mがベストでも、組み合わせ的に善戦の余地は十分。
「前走後は放牧に。体質が強化されたことで帰厩後はシッカリ調整することができました。先週の時点で体はできていたので、今週はラスト重点ですがいい動きをしてくれました。癖がなくて乗りやすく、競馬が上手な馬。前走のようにうまく脚をタメることができれば」(斉藤調教師)。 ◎一息入れて昇級初戦となる今回が重賞。いきなりとは……。
「前走から中1週と間隔が詰まっているので、オーバーワークにならない程度の追い切り。動きは良かったし、いい状態でレースに臨めます。小回りも小倉で勝っているので問題はないし、ハンデも手頃。折り合いさえ付けば重賞でもヒケは取らないと思います」(牧田調教師)。 ◎前走は2着馬に3馬身差。相手は揃うが流れ一つでは見せ場以上も。
「遅生まれ(南半球産)ということでデビューが遅くなりましたが、勝った後も順調に調整はできています。前走は多少相手に恵まれた感はありますが、連勝したように能力は確か。小回りにも対応できる器用さがあるし、一戦毎にレース振りも良化。まだ成長途上で体に緩さは残っていますが、伸びシロは十分ある馬ですから」(橋本調教助手)。 ◎初めての右回り、小回りが気になるが素質はかなり。好位付けができるタイプでここでも要注目。
「前走が余裕残しで快勝と力の違いを見せてくれた一戦。中1週なので追い切りはセーブ気味だけど、叩いた上積みは十分見込めます。この舞台で未勝利を勝っているので問題はないし、重賞でも3歳同士の戦いならヒケは取らないと思いますよ」(国枝調教師)。 ◎休み明けで大幅に馬体が増えていた前走をアッサリ。大柄な割に器用な馬で福島の当該舞台で未勝利勝ち。2走ボケさえなければ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。