IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年9月5日(土)

11R

2015年9月5日(土) | 2回札幌5日 | 15:25発走

第50回札幌2歳ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3000、1200、750、450、300万円 |

「初戦はハナを切ったジョッキーの作戦勝ちでしたね。今回が2戦目という点は他馬もほぼ一緒だし、一度使ったことで馬に前向きさが出たし、追い切りの手応えも変わってきましたからね。揉まれた時がどうかという点はありますが、能力を感じる馬なので、ここでも楽しみにしています」(浅見調教助手)。 ◎デビュー戦は先手を取り、スローに持ち込んでアッサリ逃げ切り。走破時計も優秀だ。雄大な馬格で更なる上積みが見込めそうだし、目下、重賞連勝中の四位騎手、3週連続の可能性も。
「今日は、感触を確かめる程度ということとテンションを上げないようにとの意図で、実質半マイルからの追い切り。初戦が余裕のある仕上げだったので上積みは見込めるし、パワーもあるので洋芝への対応も可能だと思います。重賞になりますが楽しみですね」(藤原辰雄調教師)。 ◎スローで折り合える点は評価できるが、勝ち時計が平凡で。
「今日は古馬を相手の併せ馬で少し遅れましたが、相手は攻め駆けする馬だし、ビュッと切れる馬ではないので心配ありません。前走はフワフワする面を見せましたが、今日はそんな面も出さず、前向きさが出てきたのは好材料です。追い切りはダートですが、元々が芝でいい馬。あれだけ動けば楽しみですね」(菱田騎手)。 ◎出負けしたがすぐに先団に取り付き、余裕を持って抜け出した。スケールは大きく、血統も筋が通っている。ここでも好勝負か。
「前走は前がカベになってしまい、脚を余す結果になりましたが、殆ど走っていないのでダメージはありません。使った後は函館に戻って調整をしてきましたが、いい状態をキープしています。使う毎にレース内容が良くなっているので、この相手でも楽しみはあります」(北添調教助手)。 ◎距離延長で良さが出てきた。馬体さえ維持できていれば。
「前走が不向きな展開にもかかわらず勝ってくれました。切れるタイプではないので、勝負所でモタつきましたが、そこから盛り返した内容が良かったし、あの競馬ができたことは収穫でした。前走後はいい意味での煩い面が出てきたし、走りも良くなってきましたからね。いい雰囲気でレースに臨めると思います」(安田翔伍調教助手)。 ◎新馬、特別と連勝。スッと前に行ける脚があり、ラストもシッカリ。この相手でも可能性は十分か。
「初戦がもう一追い欲しい状態での勝利。今日の追い切りの動きが良かったし、それだけ上積みも大きいですよ。癖がなくて乗りやすい馬だし、重賞のこのメンバーを相手にどこまでやれるかを見てみたいですね」(池添兼雄調教師)。 ◎スッと先行できるセンスの良さは光る。ただ、2着馬が次走で惨敗したことを考えると、物足りなさを感じる。
「勝った後も順調そのものだし、むしろ使った上積みの方が大きいですね。初戦が追ってからシッカリした脚を使ってくれたし、真面目に走る馬なので距離の延長も問題ないと思います。まだ手探り状態の馬ですが、ここでどんなレースをしてくれるか……、楽しみはありますけどね」(福本調教助手)。 ◎先行して難なく抜け出すという危なげのない勝ち方。父系はスタミナ色が強い血統で距離延長は問題ないハズ。
「初戦が、逃げてなお直線で突き放すという味ある競馬での勝利でした。中間は短期放牧を挟みましたが、入念に乗り込んできたし、いい状態でレースに臨めます。馬場は問わないし、伸びシロも見込めるので、牡馬相手の重賞でもヒケは取らないと見ています」(高橋義忠調教師)。 ◎楽に先手を奪い、2着に3馬身。馬場を考えれば時計も悪くない。
「連闘後の中1週なので追い切りは本馬場で馬ナリですが、いい動きをしてくれました。重賞で相手は強くなりますが、豊富なキャリアを生かして頑張って欲しいですね」(東調教助手)。 ◎前走は出負けして自分の競馬ができなかったにしても、負け過ぎで。
「今日は実質、ラスト1ハロンの追い切りでしたが、既に体の方はできているので、それほど強い調教は必要ありませんからね。これで十分です。中間は放牧を挟みましたが、緩めずに乗り込んでいたし、前走以上の状態で臨めると思います。前走が押し出される形での勝利でしたが、着差以上に余裕があったし、重賞のここでも楽しみにしています」(川合調教助手)。 ◎少頭数に恵まれた感はあるが、時計的にはマズマズ。上りもシッカリしており、警戒は必要。
「1週前は古馬を相手にしない抜群の動きをしてくれたし、今日も仕掛けてからの反応が良かったし、好時計をマークしてくれましたからね。前走以上に落ち着きがあるし、初戦が追ってからシッカリとした脚取り。重賞のここでも楽しみです」(須貝調教師)。 ◎勝ち時計は平凡だが、スローでも折り合えた点は評価できる。上積みが見込める体付きから、ここに入っても要警戒。
「体に緩さが残っていた前走があの強い勝ち方。それだけ能力があるということなんでしょうね。まだ緩さはありますが、日を追う毎に良くなっているし、伸びシロが十分見込める馬。現時点の状態でどこまでやれるか、楽しみにしています」(小桧山調教助手)。 ◎2戦目で道中の行きっぷりが変わり、2番手からアッサリ抜け出す。ただ、時計は平凡で。
「気性が幼くて、初戦はフワフワした走りでしたが、長くいい脚を使って勝ってくれました。まだ幼い面は残っていますが、追い切りの動きは良かったし、馬体に締りも出てきましたからね。レースも2戦目でハミ掛かりの方も良くなってくると思いますよ」(藤岡調教師)。 ◎デビュー戦の勝ち時計はマズマズ。決め手もあり、レースがもつれるようなら。
「前走後も順調に調整ができています。今回は1800mに距離は延びますが、前走と同様、積極的な競馬をするつもり。重賞で相手は強くなりますが、頑張って欲しいですね」(田中淳司調教師)。 ◎クローバー賞はスンナリ先手を奪い、ゴール前でも渋太さを見せて僅差の2着。相手関係はともかく、芝適性はかなり高い。血統的に距離が課題になりそう。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。