2015年8月23日(日)

11R

2015年8月23日(日) | 2回札幌2日 | 15:25発走

第51回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6800、2700、1700、1000、680万円 | レコードが出たレース

「函館に入厩して環境に慣れるまで2、3日要しましたが、今は問題ありません。前走は飼い葉を食べさせ過ぎて体が増えましたが、元々が飼い食いが細いことを考えれば体質が強化されたと言えるでしょう。入厩後は順調に調教を消化できたし、息遣いも良化。今日は馬ナリ併入を考えていましたが、仕掛けた相手に遅れ。でも動きや気持ちも入っていたので問題はありません。牡馬相手に結果を出している馬だし、力の要る馬場もこなしているので洋芝も大丈夫。あとは小回りをうまく立ち回れるようなら……ですね」(辻野調教助手)。 ◎前走はペースが向かずに不発。一間隔開いたが函館で入念に乗り込んでおり、仕上がりに不安はない。牝馬ながらパワーがあり、洋芝も大丈夫だろう。
「前走から中1週の競馬で、19日に栗東から輸送ときついローテーションですが、疲れは見られず、馬は元気一杯ですよ。相手は更に強くなりますが、今回は叩き2戦目、その効果でどこまでやれるかでしょうね」(日高調教助手)。 ◎叩き2走目も小倉から中1週での転戦はローテーション的に厳しいか。相手も揃った。
「連闘後の中1週ということで、追い切りは半マイル(800m)から馬ナリですが、マズマズの動きでしたし疲れは見られません。この馬なりにデキはいいので、格上挑戦、しかも重賞の今回、この強敵を相手にどこまでやれるかを見てみたいですね」(浅井調教助手)。 ◎1000万からの挑戦。この相手では苦戦必至。
「前走後は放牧に。今週は馬ナリですが、放牧先でも緩めずに乗り込んで時計も出していましたからね。いい雰囲気に仕上がっているし、勝った前走と同じデキで出走できます。奥手の血がようやく開花してきたし、今の充実振りならGIIでもやれると見ています」(小島太調教師)。 ◎函館記念を54キロで快勝。今回は相手強化に加え、57キロの定量戦。条件的に楽ではないが、デキの良さで。
「元々、調教で動く馬ではないので時計は地味だけど、動き・反応ともに先週より良くなっています。この一追いで丁度いい仕上がりになると思います。今回は小回りで追走に苦労するかもしれませんが、良馬場を条件に、縦長にならず団子状の展開になるようなら……と思っています」(清生調教助手)。 ◎洋芝はOK。前走は多くの面で恵まれた感はあるが、好枠を引き当てて、ロスのない競馬ができれば侮れない。
「年齢的に大きな上積みは見込めませんが、元気はあるし、状態面はキープできています。相手は揃いますが、少しでも上を目指して頑張りたいですね」(井上騎手)。 ◎一連の成績から狙える材料はナシ。
「放牧明けになるが、札幌に入厩してからも順調そのもの。以前より併せ馬で動くようになっているし、年を重ねるとともに付くべきところに筋肉が付いて、メリハリのある体付きになってきたよ。ここでいい走りをしないと、秋にGIがどうこうと言っていられないからな。先に繋がる競馬を期待したい」(松田博資調教師)。 ◎天皇賞4着。距離短縮(2000mはレコード勝ちを含め、7戦3勝2、3着が各1回)は何よりで、要は洋芝の適性がどうかだけ。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。今日は身のこなしが柔らかかったし、仕掛けてからの反応も良かったですよ。どうにか間に合った前走よりは間違いなくいい状態で臨めると思います。この距離も2走目になるし、うまく折り合って運べるようなら……」(池添騎手)。 ◎追い不足の上に初距離、初の古馬相手で3着と善戦。相手は更に強くなるが、54キロ+先行力、叩き2戦目の上積みを生かし切れば。
「前走後は函館に入厩して調整をしてきました。先週速いところをやったので今週は馬ナリですが、動きはいいし体に張りも出てきて、前走時より良くなっています。前走で速い時計にも対応ができたし、時計が速い今の札幌は合うと見ています。今回はGIIで相手は強くなりますが、成長している今なら差はないと思います」(尾関調教師)。 ◎七夕賞2着からの参戦。相手は強くなるが得意の距離と立ち回りの上手さでどこまで。
「今日は楽な手応えでいい時計を出せたし、動きも良かったですね。2走前に乗った時より体調が上向いていることは確かだと思います。走法から芝に替わる点は問題ないと思うし、このメンバーを相手にどこまでやれるかでしょう」(丸太騎手)。 ◎1000万下からの挑戦で定量戦。しかも経験が少ない芝では。
「前走後は放牧に出し、函館を経由して札幌入り。その後は順調に乗り込んだし、この中間もいい動きをしているからね。今週の追い切りは合格点を出せる動きだったし、全ての面でうまく調整ができたと思います。今回はGIIになりますが、うまく噛み合うようなら」(小島太調教師)。 ◎洋芝は函館で2戦2勝。末一手で展開がカギだがラストは確実に伸びる馬。流れ一つでは……。
「先週とはまるで雰囲気が違いますね。今日の追い切りでスイッチが入ったし、息遣いも良化。わずか1週間でこれほど変わるとは……。スクーリングで洋芝に入れてみたけど全く問題はないし、もっと上を目指せる器だと思っている馬。この馬が1番強いと信じて、馬の力を信頼して騎乗するつもりです」(酒井騎手)。 ◎実力を証明して見せた前走(休み明けの宝塚記念で少差の4着)。小回りがどうかだが、小倉で2戦1勝2着1回なら問題はないハズ。叩き2走目で要注目。
「先週、栗東で追い切ってから函館入り。今日は馬ナリで、反応を確かめる程度でしたが、疲れは見られないし時計的にもこの位で十分でしょう。能力を出せる仕上がりに持ってこられたと思いますよ」(水口騎手-レース騎乗は柴田善臣騎手)。 ◎単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。一昨年(香港)、昨年(ドバイ)遠征後の成績が冴えない点は気になるが、徐々に粘りを増してきている印象から軽視は危険かも。
「前走後はミニ放牧に出しましたが、向こうでも乗っていましたからね。輸送を考えて一杯にはやりませんでしたが、先週より手応えは良くなっています。最近は調教でも動くようになっているし、体も成長。今回も前走のように流れに乗った競馬ができれば楽しみですね」(松田国英調教師)。 ◎スパッとは切れないが、渋太い馬。早目先頭から粘り込みのレースができればいいが。
「いったん栗東に戻り、15日に出発。間隔が詰まっているので今週はラスト重点ですが、これで十分でしょう。前走は鞍上の好騎乗もありましたが、抜け出すとフワッとする面が見られたので、今回はブリンカーを装着する予定です。相手は強くなりますが、最後まで集中して走ってくれれば」(横井調教助手)。 ◎障害から平地に戻った前走の福島TV賞を勝っての参戦。ただ、今回は強敵相手の定量戦。上位は?

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。