sportsnavi

2015年8月2日(日)

11R

2015年8月2日(日) | 1回札幌2日 | 15:25発走

第63回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「7月1日に放牧先から函館に入厩。体がフックラして追う毎に息の入りも良くなってきました。今週の併せ馬で遅れましたが、それは多少余裕があったのかもしれません。でも、一追いと札幌への輸送でちょうど良くなると思います。パワーアップした今なら洋芝は気にならないし、頭数も手頃。秋に向けていいスタートを切って欲しいですね」(山本厩務員)。 ◎ここなら実績は上位。洋芝の実績は今一つだが、少頭数で競馬がしやすいことは確か。叩き良化型の傾向はあるが、この相手なら。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今週はサラッと。特に先週の動きが良かったですからね。放牧先でのメンテナンスが良かったことで体はフックラしているし、体のバランスも良くなっています。洋芝(札幌)でも結果を出しているので、あとはGI馬としての走りを見せてくれれば……と思っています」(須貝調教師)。 ◎当該舞台で札幌2歳Sを勝っている。復調気配が見られた前走から軽くは扱えない。
「勝った後も体に硬さが見られないし、元気いっぱいです。追い切りの動きも良かったですからね。気候が涼しい場所の滞在がいい方に出ていると思います。今回は格上挑戦になりますが、以前は重賞でも善戦していた馬ですからね。スムーズな競馬ができれば差はないと見ています」(仲田調教助手)。 ◎1000万勝ちとはいえ、3歳時はオークス5着、ローズS4着、フローラS2着がある馬で格負けはしない。洋芝もOKで要注目。
「前走後は放牧で立て直しを図りました。今週の動きは少しモタモタした感じを受けましたが、この一追いで変わってくれると思います。今回は古馬と初の対戦になりますが、52キロで出られるし、前々で渋太さを生かせるようなら……と思っています」(黛調教助手)。 ◎放牧明けで古馬とは初対戦。ただ、コース相性は◎でスンナリ先行できれば。
「久々の前走がいい勝ち方をしてくれました。その後はすぐに札幌に入厩し、順調に調整ができています。滞在競馬が合うのか、飼い食いがいいし、今週の追い切りの感じも良かったですから。今回も前々でスムーズな競馬ができれば楽しみですね」(木埜山厩務員)。 ◎準オープンを勝っての参戦。洋芝の適性も高く、重賞でも牝馬限定なら。
「前走は位置取りが悪くなり、直線で追い出しを待たされたことが敗因で力負けではありません。入厩して日は浅いけど、今日の動きは良かったしラストもシッカリ。走れる態勢にあります。大跳びで小回りがどうかと思いますが、パワーがあるので洋芝の適性はあると思います。あとは外目の枠を引いて、スムーズな競馬ができれば……と思っています」(横山調教助手)。 ◎準オープンの身だが能力は見劣らず、距離も◎。洋芝は初めてでも、頭数が手頃な分、競馬はしやすいハズ。
「前走は、展開や道悪を苦にしないため、馬場状態などがうまく噛み合って勝つことができました。今回は牝馬限定とはいえ重賞ですからね。しかも時計が速い開幕週。その点がどう出るかでしょうね」(重富調教助手)。 ◎格上挑戦。牝馬限定とはいえいきなり上位までは。
「自己条件へ向かうことも考えましたが、牝馬限定戦ならとここを使うことにしました。強い相手はいますが、このコースは昨年勝った実績があるし、馬場コンディションがいい開幕週、前々の競馬で頑張って欲しいと思っています」(寺倉調教助手)。 ◎取り消し明けの一戦で格上挑戦。コース実績はあるものの、理想は一叩き。
「放牧明けになりますが、追い切りの動きが良かったし、仕上がり状態はいいと思います。気のいいタイプでガーッと行きたがる面があるので、その辺をうまくコントロールして乗りたいですね」(加藤祥太騎手)。 ◎牝馬同士とはいえ1000万所属。近走内容からも狙い目は薄い。
「先週栗東で追い切った動きが良かったし、札幌に入厩後も順調にきています。今日は実戦で使用する本馬場で追い切れたし、動きも良かったですからね。ムラな馬で走ってみないと分からない面はありますが、フレッシュなほど走れるタイプ。うまく末脚を温存できるようなら」(矢野調教助手)。 ◎末脚勝負の馬で展開の助けが必要かも。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。