2014年9月28日(日)

11R

2014年9月28日(日) | 4回阪神6日 | 15:35発走

第62回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「短期放牧を挟んでここに。今週の動きは良かったし、状態面は問題ないと思う。相手は強いが距離は延びれば延びる程いいタイプだし、馬場でも渋ってくれるようなら付け入るシーンも……と思っている」(加用調教師)。 ◎準オープン相手の前走が惨敗。まだクラス慣れが必要なレベルか。
「相変わらず追い切りの動きはいいね。まだ子供じみた面があり、能力だけで走っている感じがある。今回は距離の延長に加え相手も強くなるけど、使ってきた強味を生かして今の勢いに期待したいね」(谷調教師)。 ◎夏場は合うのか、近3走が1、1、2着。デキの良さでどこまでやれるか。
「今週は坂路で感触を確かめる程度。放牧先からの輸送で少し体が減ったけど、今は大分戻っているし、休む前とほぼ同じくらいの体付きになっているので大丈夫でしょう。距離に関しては未知ですが、自分のペースで運べるようなら」(宮本調教師)。 ◎脚質、コース相性は魅力だが、休み明けにしては速い追い切りが少ない点が気懸かり。
「ダービーでラチに接触したのは物見をしたためで突発的なものだから。その後は放牧に出してシッカリ充電。その効果で以前より背腰の甘さが解消してきましたよ。本格化はまだ先になると思いますが、能力の高い馬。春は不本意な結果に終りましたが、この秋は……と思っています」(池江調教師)。 ◎期待されたほど走っていない印象。重賞勝ちの実績から軽くは扱えないが、かといって過信までは。
「前走は折り合いを欠いたことが敗因。芝でもやれると踏んでここを使うことに。今回はハナにこだわる競馬をする予定なので、自分のペースで運べるようなら」(庄野調教師)。 ◎前走は控えて折り合いを欠いた。ただ芝は成績が成績で一変は?
「この中間もシッカリ調教はこなせたし、状態面は問題ナシ。ただ、この馬は決め手勝負になると辛いので、雨でも降ってスタミナ勝負の形にならないとどうだろう。持ち前の渋太さを生かして頑張って欲しいが」(白井調教師)。 ◎昇級初戦の前走が53キロで完敗。この相手では。
「見た目にはそれ程変わっていないけど、夏を越して体質・精神の両面がシッカリしてきましたね。春は素質だけで走っていましたが、今はハードに負荷をかけられるようになっているし、動きもいいですから。ここでもどれだけやれるか楽しみです」(山内調教師)。 ◎青葉賞3着以来になるが鉄砲は利くタイプ。距離はピッタリでここも警戒は必要。
「前走後はいつも通り放牧に。帰厩してからここまでは順調に調整ができました。先週の時点でほぼ態勢は整っていたので、今週は坂路で馬なりですがこれで十分です。春先に比べて大分幼い面は抜けてきましたが、本格化はもう少し先かもしれません。それでも今の状態でどこまでやれるか楽しみはありますけどね」(池江調教師)。 ◎中京、小倉と2連勝。重賞でも好走歴があり、力差はナシ。夏場を一叩きしたローテーションも好感が持てる。
「セントライト記念も視野にあったほどで仕上がりはいいですよ。でも馬場状態などを考えてここを使うことにしました。今回は片側にチークピーシズを着けていく予定ですし、距離も合うと思います。どんな走りを見せてくれるか楽しみですね」(松田国英調教師)。 ◎どちらかと言うと使い込んでよくなるタイプの感がある。京都新聞杯の勝ち馬で軽視はできないが、理想は一叩きかも。
「追い切りで遅れましたが、元々がそれ程動く馬ではないし、時計のかかる時間帯ですから心配ありませんよ。ダービー当時の状態はキープできていると言っていいでしょう。前走で末一手の馬ではないことを証明したし、特に注文は付きませんからね。ダービー馬らしいレースを期待しています」(橋口調教師)。 ◎ダービ-馬。イスラボニータが先週のセントライト記念を快勝したことから、同馬もここで負ける訳にはいかないだろう。
「一夏を越して馬が心身共に成長しているし、春当時に見られた硬さもなくなって本当に良くなっているよ。帰厩後も順調に調整ができたし、秋初戦としてはいい状態で臨めると思う。力の差はないと思うし、この相手でも楽しみだね」(藤岡調教師)。 ◎京都新聞杯2着。ダービーは11着と案外だが、阪神替わりはプラス。鉄砲もOKで仕上がり一つでは。
「ダメージが予想以上に少ないので連闘に踏み切りました。切れないけどバテないタイプで距離延長はプラス材料だし、相手は強いけど渋太さを生かして頑張って欲しいですね」(角田調教師)。 ◎さすがにここに入ると荷が重い印象。
「自分からハミを取らないので、2週に渡ってペロヴィッチ騎手に乗ってもらい、感触を掴んでもらうことに。大分いい頃のデキに戻ってきた感じだね。相手は揃ったけど、どこまで戦えるか楽しみはあるけどね」(橋田調教師)。 ◎すみれS以降が伸び悩み気味。スピード、切れ味勝負では分が悪く、馬場が渋っての出番か。
「今週は併せ馬でシッカリやったけど、もう少し動いて欲しかったね。それでもここにきて体が逞しくなっているし、この舞台は2戦2勝と得意。相手は強いけど頑張って欲しいね」(中村調教師)。 ◎古馬相手の前走が案外。現状オープン相手では厳しいかも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。体付きなどは放牧前とそれ程変りませんが、ここまでは順調に調整できました。今週は相手に合わせる追い切りでしたが、予定通りに消化できましたからね。距離延長は問題ないし、コース適性を考えてセントライト記念よりこちらを選んだわけですし、何とか権利を……と思っています」(牧調教師)。 ◎7戦して全て3着以内と堅実。ただ今回は久々でGII。いきなりとなると……。
「前走後は放牧でリフレッシュ。早めに帰厩をしてここに備えたのでいい仕上がりで臨めそうです。先週速いところをやったので、今週はラスト重点ですがいい感じでしたよ。一夏越して馬が成長しているし、相手は強くなりますが期待の大きな馬。ここも楽しみです」(友道調教師)。 ◎目下2連勝。鉄砲は利くタイプでコースも問題ナシ。前走が久々+昇級初戦+初の古馬相手で快勝。3歳馬同士ならこの相手でも侮れない存在。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。