2014年4月19日(土)

11R

2014年4月19日(土) | 2回阪神7日 | 15:30発走

第19回アンタレスステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「追い切りの動きは良かったですね。息を入れつつマイペースで行けるようなら楽しみですね」(今野調教師)。 ◎ここも自分の競馬に徹してどこまで粘れるかだろう。同型との兼ね合い一つ。
「距離延長がカギ。先手を奪ってどこまで粘れるかといった競馬になるだろうね」(橋口調教師)。 ◎1400メートルまでが守備範囲。この距離は初めてで、一度は様子見が必要かも。
「芝では頭打ちなのでダートを試すよ。叩いてよくなっているし、血統背景からこなせるハズ。適性に期待」(音無調教師)。 ◎初ダート。血統からは問題ないが、この相手でいきなりとなると。
「重賞になると楽な競馬はさせてもらえないからね。ここもロスのない立ち回りでどこまでやれるかだよ」(崎山調教師)。 ◎相手が揃った。
「この馬なりに順調にきている。年齢的な衰えは感じないので流れが向くようなら……かな」(相沢調教師)。 ◎9歳になり一頃の勢いは薄れてきた感も。
「1度叩いた上積みは感じられるし、周りを気にするので今回はブリンカーを着けていく。あとは56キロの斤量をクリアできるかどうかだろうね」(音無調教師)。 ◎久々とはいえ、前走が負け過ぎ。まだ復調に手間取っている感がある。
「調教駆けしない馬なので併せ馬の遅れは気にしなくてもOK。間隔を詰めて使えるのはプラスだし、得意の脚抜きのいい馬場になるようなら」(辻野調教助手)。 ◎重賞になるともう一押しが利かない印象で。
「距離は実績があるので大丈夫。相手は強いけど前走の勝ち方が強かったのでここでも楽しみはありますね」(辻野調教助手)。 ◎距離はOK。何より阪神は5戦4勝2着1回と相性抜群。今の勢いは侮れないかも。
「芝で結果が出ないので目先を変えてダートを使ってみる。血統・体形からはこなせると思うよ」(池江調教師)。 ◎芝の実績からここでも能力は見劣らないが、初のダートがどう出るか。
「前走の競馬が本当に強かったからね。相手は強くなるけど楽しみの方が大きいですよ」(福島調教師)。 ◎重賞でも好走歴があり力は劣らず。前走が全くの楽勝でここも上位争いに。
「前走は道悪馬場に加えトップハンデでは苦しかった。今回は56キロだし、良馬場で競馬ができれば巻き返せると思う」(相沢調教師)。 ◎阪神に連対はないが、今回は56キロで出られる点は有利。あとは流れが向くようなら。
「昨年が59キロで2着。今年は58キロで出られるからね。この中間もすこぶる順調だし、決めて欲しいね」(大橋調教師)。 ◎交流重賞とはいえ、前走が快勝。ようやく復活してきた。58キロでも勝ち鞍があり、別定戦なら問題ないはず。
「放牧の予定を切り替えたほどだからね。一見して分かるくらい、今はデキがいい。絶好調といっていいよ。コーナー4回のコースは走るし、パワー勝負ではなくスピード決着の馬場になれば楽しみ」(白倉調教助手)。 ◎コーナー4回のコースは走る馬。阪神も相性がよく、持ち前の根性を生かし切ればここでも好勝負。あとは手替わりがどうかだけ。
「短期放牧を挟みここに。相手は強いけど力を付けているし、今の勢いでどこまでやれるか楽しみはあります」(村井調教助手)。 ◎2着が8回あるように相手ナリのタイプ。デキの良さで食い込みも。
「この中間も体を緩めることなく調整ができた。生ズルイところはあるけど、併せ馬の形になれば渋太い馬。乗り慣れた鞍上に戻る今回は一押しを期待」(高橋義忠調教師)。 ◎一戦毎に力を付けている。初の重賞だった前走が5着とはいえ、0.4秒差に逃げ粘った内容は悪くなく、軽視は危険かも。
「前走は発走地点の芝で行き脚が付かなかったからね。デキはいいので距離をこなしてくれれば」(池江調教師)。 ◎右回りは問題ないが、今回は距離がネック。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。