sportsnavi

2014年4月13日(日)

11R

2014年4月13日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第74回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「この中間もテンションが上がっておらず、無理なく好時計をマークしているように状態はいうことないですよ。今回は阪神への長距離輸送ということで、当日イレ込みがどうかという点に課題はありますが、落ち着いて臨めるようなら、と思っています。あとは自分のリズムで先行してどこまで粘れるかでしょうね」(尾形和幸調教師)。 ◎一線級との対戦がなく、イキナリこの相手では。
「今日はラストを追わず伸ばす程度という指示。予定通りの追い切りができました。早めに栗東入りしたことで飼い食いが良く、体をキープできているし、落ち着きもあります。相手は揃ったけど、立ち回りのうまさを生かして頑張って欲しいですね」(松本調教助手)。 ◎力の要る良馬場がベスト。あとは展開が嵌れば。
「ダートの方がいいと思うけど、芝の新馬戦を使った時はソエを気にしていたからね。状態面は問題ないし、スピードを生かす競馬をと思っているが、馬場でも渋って時計を要するような馬場になれば更にいいかも」(柴田政見調教師)。 ◎ダートに替えて3連勝。芝・この相手でどこまで。
「先週速いところを済ませてあるので、今日はラスト重点。ここまでは順調に調整ができたし、あとは輸送で体が減らなければいいと思うよ。ただ、今回は相手がかなり強くなるからね。自分の競馬に徹してどこまでやれるかだろうね」(高市調教師)。 ◎前走はジョッキーの好判断。再度同じ手となると……。
「今日は馬ナリの調整だけどいい動きだったよ。先週のマーガレットSを予定していたくらいだから仕上がりに問題はないしね。確かに相手は強くなるけど、落ち着きがあって、調教でも折り合いが付いているからね。距離延長にも対応できると思うし、力を出し切ってくれれば」(牧田調教師)。 ◎1勝馬でも重賞2着があるものの、ベストは1400メートルで。
「前走はレース後に息が荒かったのは、舌を括った影響が出たようで、あれがこの馬の能力ではないですからね。今週はテンションが上がらないようにサラッとやりましたが、叩いた上積みを感じられる動きでした。相手は揃いますが、能力を出し切ればそれ程差はないと見ています」(松田博資調教師)。 ◎脚質が定まっていない感じ。ただ、2勝がともにマイルで舞台設定は良さそうだが、阪神がどうか。
「先週速いところを追い切ってあるので、今週はサラッとやった程度。それでも予定通りの調教はできたからね。自分のペースで競馬ができれば距離は克服できると思うけど、今回は外回りで相手も更に強くなるからね。どこまで粘れるかといった競馬になるんじゃないかな」(田所調教師)。 ◎今回もハナに行く形か。同型を捌き、マイペースで行ければだが。
「今週はシッカリ追い切ったし、いい状態で臨めるよ。中京の時と前回の競馬を見ると馬込みで揉まれると良くない感じだね。相手は揃ったがスムーズな競馬ができれば見直せるハズだし、一雨あるようなら更にいいかもしれない」(湯窪調教助手)。 ◎レースに注文が付くタイプ。多頭数競馬では割引が必要かも。
「ここまでは予定通りに調整ができたし、前走同様、いい状態でレースに臨めるよ。阪神への輸送も、コースも経験している点は大きいし、立ち回りも上手な馬だからね。期待を持って参戦するよ」(鹿戸調教師)。 ◎ステップレースを叩き予定通りの参戦。ゲートさえ五分に出ればここも好勝負に。
「今日は気分良く走っていたし、仕掛けてからの反応も上々。自分が思い描いた通りの調整ができたからね。前走を上回るいい状態でレースに臨めるよ。いい意味で落ち着きもあるし、ハープスターとの決め手の差にどこまで詰め寄れるかがカギになりそうだけど、鞍上も2度目。何かをしてくれるのでは……と思っているんだ」(斎藤誠調教師)。 ◎過去4戦が全てマイル。レース内容・立ち回りともに上手でここも注目。
「今日の動きは前走を上回ると言ってもいいかな。今回もハナに行きたいけど、相手が強くなった上に良馬場ではなかなか行かせてもらえないからね。馬場でも渋ってくれれば……と思っているけど、どこまでやれるかといった気持ちかな」(杉浦調教師)。 ◎行ってこその馬だが今回も速い馬の存在が。
「追い切りの動きは良かったね。これでキッチリ仕上がったよ。全力で走る馬なので1度使うと飼い食いが細くなり、ケアに時間を要するので間隔を開けなければならない。それで桜花賞に直行は予定通り。小柄な馬だけど全身がバネといった感じで瞬発力には自信がある。ゴール前で並ぶ形になれば」(須貝調教師)。 ◎昨年の2歳牝馬女王。トライアルを使わず、ブッツケ本番がどうなのかがポイントで、過去3戦が同じようなローテーション。それを考えれば問題ないのかも。成長度は気になるが、ここも有力候補。
「この中間も順調そのもの。今日は感触を確かめる程度だったが、いい動きをしてくれた。前走は外を回るロスがありながらラストまでシッカリ伸びていたし、本番に向かう内容としては悪くなかったと思う。折り合いが着くので距離は問題ないと思うし、相手は強いが末脚を生かせる展開になれば……と思っている」(梅田智之調教師)。 ◎マイルは守備範囲。末は堅実で馬群をうまく捌き切れれば。
「牝馬でこれから輸送もあるので今週はサラッと。前走は本番前の前哨戦ということで本調子ではなかったが、それなりに見せ場は作ってくれたからね。ここを目標に調整してきたので仕上げに抜かりはないし、巻き返しを期待している」(上原調教師)。 ◎出負けしたにしても前走が物足りない内容。休んだ割に体が増えておらず、その点にも少々不満。
「先週CWでやってあるので、今週は坂路でラスト重点。予定通りの仕上げができたよ。前走は直線で前が塞がる不利があったけど5着と善戦しているし、ホライゾネットを着けたことで落ち着きが出てきた点も収穫。スムーズな競馬ができれば楽しみだね」(南井調教師)。 ◎前走は直線で窮屈になる不利。イレ込みに課題はあるが当日落ち着きがあれば。
「この中間も順調に調整ができたし、ここにきて馬がシッカリしてきたからね。今まで色々な競馬場で走ったが一度も掲示板を外していないように環境の変化に動じない強い精神力を持っている。この2走はハナに行っているけど控えても競馬ができる馬。今回はジックリためる競馬も考えている」(石坂調教師)。 ◎重賞で連続3着。今回もスンナリ行ければと思うが、同型の存在がカギに。
「先週までは力みが見られたけど、今週はリラックスして走っていたし、いい雰囲気に仕上がったと思う。前走がうまく折り合って競馬ができたし、あの競馬ができたことで1ハロンの延長・外回りでも問題ないと思う。強い馬はいるけど楽しみが出てきたよ」(角田調教師)。 ◎控えて差す競馬ができた点は収穫。あとはマイルに対する適性だけ。
「この中間も順調だし、動き・毛ヅヤの良さ、体の張りを含め、状態面に関しては何も言うことはない。今日も時計は少し速かったが、走る気に満ち溢れていたし、今までで一番といえる。直線に向いて外に出せれば結果は付いてくると思うし、自信を持って乗ってくれればいいよ」(松田博資調教師)。 ◎阪神JFは展開と通ったコースの差。実績は上位でここも中心視。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。