sportsnavi

2014年11月16日(日)

11R

2014年11月16日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第39回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

「前走は放牧明けでまだ良くなる余地を残していて2着と好走。次に繋がる競馬をしてくれましたからね。この中間もシッカリ飼い葉を食べていますし、今週の動きも良かったですから。昨年2着のこのレースですが血統的にも能力の高い馬。牡馬を相手に善戦した実績からも何とかここで結果を出して欲しいですね」(角居調教師)。 ◎久々の前走がいきなりGII(オールカマー)で2着。昨年の2着馬で牝馬同士なら好勝負か。
「叩き良化型らしく1度使って動き、気配共に良くなっていますね。右回りは内にモタレるので今回は調教と実戦のみ片側にチークピースを装着。その効果はありそうだし、牡馬相手に善戦してきた過去から牝馬限定ならこの相手でもヒケは取らないと見ています」(木原調教師)。 ◎典型的な叩き良化型。前走がデビュー以降、最高体重でやや太め。叩き2戦目で無視までは……。
「今週はルメール騎手に騎乗してもらって感触を確かめてもらいました。折り合いが付いていたし、いいイメージを得た様子。叩き2戦目で馬体の張りが良くなり、体調面がアップして本番に臨める点は何よりです。切れ味というより渋太さが身上の馬なので直線が長い外回りがどうかですが、立ち回り一つでやれると思いますよ」(高田調教助手)。 ◎GIIIなら横綱格だがGIではやや見劣る印象。ただ、大崩れしない馬で掲示板は。
「今週は坂路でサラッと。これは予定通りです。叩いた割にガラッと変わった印象はありませんが、精神面でピリッとしてきた感じはありますね。前走は追い出してからの反応がもう一つでしたが、ここでも通用する能力はある馬。今度はラストも伸びてくれると思っています」(橋本調教助手)。 ◎休み明けを一叩きした効果は見込めても、今回は初の古馬が相手。キャリアも浅く上位は?
「1週前の追い切りが遅かったので、今週は牡馬並の負荷をかける追い切りをやりました。先週ジョッキーが追い切ってくれたことで既に馬にスイッチは入りましたからね。中間の飼い食いはいいし、筋肉も落ちず本当にタフな馬。厳しいローテーションですがこの馬だからこそできる芸当。舞台設定は言うことありませんし、強いヌーヴォを見せたいですね」(斎藤調教師)。 ◎一旦美浦に帰厩して再遠征。疲れがどうか心配だが、能力は確か。距離もOKで上位の一角。
「2週に渡りジョッキーに騎乗してもらってシッカリ負荷をかけました。1度叩いて大分気持ちも乗ってきたし、今回は牝馬限定で得意の京都ですからね。強い3歳馬はいますが力は上位だと思うし、能力さえ出し切ってくれればいい勝負になると見ています」(飯田祐史調教師)。 ◎牝馬の割に久々は動かないタイプ。叩き2戦目、得意の京都で見直したい。
「前走後は放牧に。馬体がフックラしていい体付きになって帰厩してきたし、休養前とは全然違う。今週の動きも本当に良かったしね。距離、コースなどに不安はないけど、今回はGIで相手も揃っているからね。状態の良さでどこまでやれるかを見てみたいね」(藤岡調教師)。 ◎ここ一連の成績からは上位までは?
「前走後はここを目標に調整してきました。今週の追い切りの動きが良かったし、確実にパワーアップしています。癖がなく乗りやすい馬なので距離、コース等は問題ありません。ただ、今回はGIで相手が揃いますからね。胸を借りるつもりで挑戦してみます」(宗像調教師)。 ◎連勝の勢いは魅力だが今回は昇級初戦でGI。楽なレースには。
「今日は馬場状態を考えて芝で追い切ることにしたけど、文句のない動きをしてくれたね。前走がまだ良化途上といった感じだったので、上積みは十分。このレースはここ2年道悪で力を出せなかったけど、良馬場ならやれていい馬。デキも最近では一番だし、馬場さえ良ければ楽しみだよ」(田中清隆調教師)。 ◎オークス3着から距離は問題なさそうだが、最近はマイルで好成績。札幌記念(2000メートル)3着はあるが、その点が気懸かり。
「府中牝馬Sを目標に調整していましたが、腰に疲れが見られたので自重し、再放牧に。帰厩後は順調に乗り込んできましたが、先週の時点より良くなったとはいえ、何とか間に合ったといった感はありますね。元々が使って良くなるタイプなので、今回は多少の割引が必要かもしれません」(竹之下調教助手)。 ◎逃げの手に出て好成績。ただ、府中牝馬Sを回避したことがどう出るか。今回も同じ戦法?でどこまで粘れるかだろう。
「前走はもう少し前で競馬ができていれば結果も違ったと思うけどね。追い切りの動きは良かったし、これだけ時計が出れば問題ナシ。まだ底を見せたわけではないし、折り合いにも不安はない馬。ゲートを決めてある程度のポジションで競馬ができればラストはかならず脚を使ってくれる馬だからね。巻き返しを期待したい一戦」(須貝調教師)。 ◎前走は出負けにしても伸びは案外で成長度に不満も。
「さすがに前走以上の上積みはどうかですが、回復が早かったし、飼い食いが旺盛でいい状態をキープできていることから出走に踏み切りました。距離や外回りなどに問題はありませんが、今回は歴戦の古馬が相手になりますからね。あくまでも挑戦者の立場で臨むつもりでいます」(高野調教師)。 ◎更なる上積みは?だが、待望のGI勝ち。外回り、距離ともにOKで差のない競馬に。
「前走が前に有利な流れだったけど最後はシッカリ脚を使ってくれましたからね。内容的には評価できると思いますよ。冬場に調子を上げるタイプで叩き2戦目の上積みもあります。それに京都の外回りは最も力を発揮できる舞台。全てがうまくかみ合うようなら」(松元調教師)。 ◎末一手で器用さに欠ける。近走成績からはよほど恵まれないことには。
「前走がラストはいい脚で伸びてきたし、改めてこの馬の能力の高さを再認識したよ。トモに丸みが出て体の方もキープできている。今回は古馬と初対戦になるが、直線が長い外回りに替わるのはプラスだし、ヒケは取らないと見ている」(松田博資調教師)。 ◎もう少し馬体が成長してこないと。能力は感じるので体が増えてくれば。
「前走後も厩舎での調整ですが、ジョッキーが“前走以上のデキ と言っていましたからね。古馬になって気性の成長が見られ、落ち着きが出てきた点は何よりの収穫。昨年が道悪の上にイレ込んで9着でしたが、今なら違った結果が期待できると思います。あとは良馬場で競馬ができれば」(高田調教助手)。 ◎素質馬がいよいよ本格化か。昨年はこのレースで9着だったが、力を付けた今なら上位争いに。
「前走後も順調に調整ができているし、体の方もフックラ。追い切りはラストを余裕残しの指示でしたが、いい時計が出たし、体調は言うことありません。距離とスタンド前発走などの点に課題はありますが、輸送距離の近い京都は好材料。乗り慣れた鞍上に戻る点もプラスで力さえ出し切ってくれれば」(大久保龍志調教師)。 ◎前走は出負けした分、届かず。ただ、決め脚は鋭く、外回りはプラス。距離も守備範囲。
「前走は直線で少し狭くなった分、追い出しを待たされたけど、もう一伸びはしてくれたから。力は見せたと思う。前走後もすぐ時計を出せたように本当にタフな馬。飼い食いも落ちないし、元気一杯だよ。今回は外回りで直線バラけると思うし、距離も持つと思う。初の古馬相手になるけど相手なりに走れる馬。立ち回り一つでは……と思っているんだ」(藤岡調教師)。 ◎大崩れはしないがワンパンチが足りない印象。
「先週速いところをやってあるので、今週はラスト重点。いい伸びを見せてくれたし、状態は言うことナシ。前走は5着とはいえ、流れを考えるとよく追い上げたと思うし、直線が長い外回りなら馬群もバラけると思うから競馬がしやすくなるのでは。あとは差し脚を生かせる流れになってくれるようなら」(佐々木晶三調教師)。 ◎いい決め脚を持っている。牝馬限定はプラスで前崩れの展開になれば出番はありそう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。