2014年11月8日(土)

11R

2014年11月8日(土) | 5回京都1日 | 15:45発走

第19回KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:2800、1100、700、420、280万円 |

「今週は折り合い重視の追い切りだが理想的な追い切りができたと思う。前走であれだけ我慢ができる競馬ができた点は大きいし、相当な能力を感じる馬。馬場が良ければ楽しみ」(矢作調教師)。 ◎前走2着は仕掛け遅れ。決め手は強烈で馬格も雄大。今回が3戦目で更に良化が見込める。
「前走が抜け出してからふわっとした面を見せましたが、他馬に並ばれるともう一脚を使ってくれました。追い切りの動きはいいし、時計が速くなっても大丈夫。能力の高い馬だし、ここでも期待はありますね」(松田国英調教師)。 ◎競馬が上手なタイプ。当該舞台で新馬勝ちを収めており、揉まれず運べるようなら。
「先週やっているので、今週はこの程度で十分。まだ体に緩さがあり、完成途上だがここでどこまでやれるか……。今回が試金石の一戦だね」(岡田調教師)。 ◎開幕週とはいえ、勝ち時計はかなり速い。キャリアの浅さを出さなければ。
「放牧明けだが、体は既にできているので今週はこの程度で十分。距離延長がどうかだけど、競馬が上手だから問題ないハズ。あとは一般馬相手がどうかだけだろうね」(服部調教師)。 ◎九州産を2連勝。一般馬が相手では……。
「体重は前走とほぼ同じくらいかな。でも細くは見えないので大丈夫。競馬が上手だから距離が延びても問題ないし、この相手でも遜色はないと思うので楽しみも」(鈴木孝志調教師)。 ◎距離延長がどう出るかだけ。
「前走は大外枠で気持ち良く行き過ぎてしまったね。前にカベを作ってレースをした方がいいタイプ。距離延長がだけど、うまく折り合いが付くようなら」(清水久詞調教師)。 ◎前走が負け過ぎ。距離延長もどうか。
「先週速いところを済ませてあるので今日はラスト重点。カッとする面があるので、初戦の時のようにテンションが高くならなければここでもやれていいと思う」(笹田調教師)。 ◎前走負かしたオールオブユーが特別2着からこの馬の力は推測できる。軽視は禁物。
「ここまで距離を意識しての調整をしてきた。鞍上はマイルまでは持つといっているし、京都替わりも問題ナシ。スピードがあるので自分の競馬をしてどこまでやれるかだろうね」(昆調教師)。 ◎同型が多く、当日輸送も初めて。まずは1度様子見か。
「短期放牧を挟みここに照準。ここまでは思い通りの調整ができたし、いい状態で出られます。器用さがあるし、直線が平坦の京都も合うハズ。決め手勝負の形にならなければ」(宮本調教師)。 ◎前走の勝ち時計は優秀。平坦なら更に持ち味が出そうなタイプ。
「追い切りは予定より少し速くなったけど問題ありません。いい体付きになっているし、差す競馬も徐々に板に付いてきていますからね。今回も好レースを期待しています」(今野調教師)。 ◎前走が500万の平場で3着。立ち回り一つでは。
「前走が少しチグハグな競馬だった。ただ、ラスト重点とはいえ、今週の動きが良かったし、輸送距離の近い京都に替わる点は何より。楽しみな一戦」(浅見調教助手)。 ◎前走がオープン特別2着。距離延長はOKで注意は必要か。
「調子の波が少ない馬で状態は安定している。ゲートが速いので現状はスピードを生かして行く競馬がベスト。ここも先手を奪って粘り込みたいね」(水元調教助手)。 ◎今回も逃げてどこまで粘れるかだろう。
「放牧に出していい筋肉が付いて帰ってきました。先週コースでシッカリ追い切ったので、今週はラスト重点だけど申し分のない動きをしてくれました。折り合いが付くので距離延長は問題ありません。楽しみですね」(高橋康之調教師)。 ◎重賞2着。競馬が上手で崩れないタイプ。初の1400メートルだが掛かる馬ではないので問題ナシ。
「中1週続きなので追い切りはサラッと。引き続き状態はいいよ。前走の競馬が収穫のある内容だったし、重賞の流れの方がむしろ合いそうな気がするね」(田代調教助手)。 ◎いい決め脚を持っている。勝ち時計は1週前のモミジSと同タイムと優秀でここも要注目。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。