2014年10月26日(日)

11R

2014年10月26日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第75回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

「前走は少し行きたがったし、馬場に脚を取られる面も。それに外を回るロスも影響。敗因はハッキリしているから悲観はしていない。元々が使いつつ良くなるタイプで叩いた上積みは十分見込めるよ。この中間は距離を意識した調整をしてきたので、3000メートルは問題ないハズ。馬場も合うと思うし、善戦を期待したいね」(高木調教師)。 ◎ダービー3着は鞍上の好騎乗。前走を見る限り上位までは?
「前走は直戦で他馬に寄られても怯むこと無く僅差の3着。強敵相手によく頑張ってくれたと思う。ダービーの週にデビューした馬がよくここまできたなぁ、と思うよ。前走を見る限り折り合いの不安がないので距離は問題ないと思うし、楽しみを持っての参戦だね」(谷調教師)。 ◎神戸新聞杯は前をカットされる事象があったものの、最速の上がりをマークして勝ち馬からアタマ、アタマ差の3着。夏の上り馬は怖く、フロック視は危険。
「前走が早めに交わされた割にそれほどバタバタになっていなかったからね。徐々にスタミナも付いてきているし、今回も行く馬がいなければ主導権を握る競馬になると思う。人気薄の気楽さを味方にどこまで頑張れるかになるだろうね」(谷調教師)。 ◎ここ2戦が逃げる競馬。今回もペースメーカーを務めてどこまで。
「前走がダービー馬を交わして一旦は先頭に立ったからね。あそこまで戦えたことは大きな収穫だと思います。春は体質が弱く追い切った後や、レース後に硬さが出てケアに苦労しましたが、今はその点がなくなってきましたから。1度使った上積みは大きいし、折り合いが付いてコントロールしやすい馬なので距離はむしろ歓迎です。今度こそ何とか逆転をしたいと思っています」(藤岡調教師)。 ◎ワンアンドオンリーを一旦交わした神戸新聞杯。一皮剥けた感があり、今回も好勝負に。
「前走後も順調に調整ができたし、ここまではいい感じできているよ。この馬は切れるとういより、バテないタイプ。スタミナは豊富なので先行して渋太く粘り込む形が理想。道悪は得意なので馬場が渋り、上がりを要するようなら面白いんだけどね」(加用調教師)。 ◎ここ2走の内容から強くは推せない。
「前走は内回り、後ろからの競馬をする馬ということを考えればマズマズの内容だったと思う。1度叩いて気合い乗りが良くなったし、動きもガラッと変わったからね。器用さがない馬だけど外回りに替わる点は好材料。距離は問題ないのでペース次第では可能性はあると思っている」(大久保洋吉調教師)。 ◎末一手で器用さがない分、展開に左右される。外回りは歓迎だが、前崩れにならないと届かないかも。
「前走は勝負所で前が詰まってスムーズさを欠きましたが、競馬だから仕方がないし、むしろいい経験になったと思います。中間は順調にきているし、1度使った上積みも見込めます。まだ完成途上で距離もどうかと思いますが、全3勝をあげている京都に替わり、レースはしやすくなると思いますね」(池江調教師)。 ◎期待されたほどの結果が出てこない現状。本格化は年を越してからかも。
「前走は輸送が応えたのか体重が減っていたし、久々もありますがその点が応えたのかもしれません。体の方は回復したし、1度使って気合い乗りも良くなっています。折り合いが付くので距離はこなせると思うし、先入観のない騎手の騎乗で変わり身が出るようなら……と思っています」(友道調教師)。 ◎久々、出遅れしたにしても前走が負け過ぎ。良化を見込んでも一変はムリか。
「この中間は入念に併せ馬をしてきました。前走はうまく前が開いたんですが、周りに馬がおらず1頭になってしまったし、上位にきた外の馬は併せ馬でしたからね。心肺機能が高いので距離は問題ありませんし、スピードが要求される京都も合うと思います。下り坂を利してロングスパートが決まるようなら……と思っています」(松田国英調教師)。 ◎もう一回り成長して欲しかったというのが正直な印象。叩き2走目の上積みでどこまで差を詰めるか。
「北海道の2戦は小回りということで前で競馬をしましたが、控えても競馬はできる馬ですからね。乗り手に従順で折り合いの心配もありません。切れるというより、長くいい脚を使うタイプで距離の不安もありませんからね。相手は強くなりますがロスのない立ち回りができれば……と思っています」(篠島調教助手)。 ◎夏の北海道で2連勝。ラングレー、ショウナンラグーンと差のないレースをしており、距離もOK。一概に。
「前走が直線だけで差し切り、しかも時計も優秀でしたからね。幸い、ダメージもなく元気一杯です。芝ではもう一つ結果が出ていませんが、血統的にダメだとは思っていません。GIで相手は強くなりますが、どこまで通用するか見てみたいし、馬場でも渋るようなら……と思っているんですが」(須貝調教師)。 ◎ダートの1000万特別を勝っての挑戦。芝では良績がなく見送りか。
「前走が前にカベを作れなかったがよく我慢してくれたし、最後も伸びてきたからね。あの内容を見て“菊挑戦 を決めたんだ。前走後は順調に乗り込めたし、体に締まりも出ていい状態で臨める。距離は正直未知だけど、こなせないことはないと思うし、楽しみはあるけどね」(松田博資調教師)。 ◎ダービー4着がフロックではないことを証明した前走。血統から距離延長は問題なく、引き続き警戒。
「1週前の調整もうまくいったし、距離を意識してCWで追った最終追い切りの動きも良かったですからね。ここを目標にシッカリ仕上げられたし、道中、スムーズに折り合って運べればこの相手でもヒケは取らないと思っています」(笹田調教師)。 ◎条件特別なら力は上位。ただ、一線級相手では掲示板があれば、といったところ。
「前走が最後交わされたとはいえ、折り合いが付いていたし、秋初戦としてはいい内容だったと思います。元々完成度が高い馬ですが、大きく変わった点はありませんし、叩いた上積みは見込めますからね。春当時よりは馬体に芯が入ってきましたし、チャンスはあると思います」(池江調教師)。 ◎イスラボニータには完敗の前走だが、2着は死守。ワンアンドオンリーには1勝1敗で、好位からの競馬ができれば可能性も。
「前走が3コーナー過ぎから早めのスパート。少し強引かなと思いましたがよく凌ぎきってくれました。幸い疲れもなく、ここまでは順調に調整ができましたし、最終追いの動きも良かったですからね。折り合いが付くので3000メートルは心配ありません。今回はダービー馬として恥ずかしくないレースを、と思っています」(橋口調教師)。 ◎前走が意外にスッキリした体付き。馬体が増えていない点は多少不満だが、差し返した根性はさすが。好位付けもできるので、力通りならチャンス十分。
「前走は途中から執拗に絡んでくる馬がいてリズムを崩してしまいましたし、ハミを噛むシーンもありましたから。体はできているので追い切りはこれで十分。本格化はもう少し先になると思いますが、課題の折り合いさえスムーズならどんなレースをするのか楽しみはありますけどね」(池江調教師)。 ◎使った強味で打倒ワンアンドオンリーを目指したが直線で伸びを欠き4着。距離延長はプラスと思えず、馬券圏内は?
「秋初戦の前走がマズマズの内容でした。先週、今週と2週に渡りいい動きをしてくれたし、1度使った上積みは十分見込めます。折り合いの不安がなく、心肺機能が高い馬でスタミナも豊富ですから長丁場は合うと思います。ジョッキーも連続騎乗してくれるし、楽しみですね」(友道調教師)。 ◎セントポーリア賞でクラリティシチー、青葉賞勝ちのショウナンラグーンを破った実績があり、神戸新聞杯5着でもなんら不思議はない。上積み次第では。
「以前見られた体質の弱さがここにきて解消してきたし、今は大分シッカリしてきたからね。芝は1度使っているけど、その時は馬場が悪かったから……。ただ今回は芝を含め、距離も未知だからね。デキの良さを生かしてどこまでやれるかだろうね」(南井調教師)。 ◎芝は1年余り使っておらず、距離も?
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。