2014年10月14日(火)

11R

2014年10月14日(火) | 4回京都3日 | 15:35発走

第49回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「前走はスタートで後手を踏み、外を回るロスがありましたが、最後は脚を使っていましたから。この中間は放牧に出さず、厩舎で調整をしてきましたがここまでは順調そのものです。追い切りの遅れは相手が調教で走る馬なので問題ありません。この舞台で勝っているし、その時に騎乗した鞍上が乗ってくれるのもプラス。ロスのない立ち回りができれば」(吉村調教師)。 ◎オープン入り後の2戦がカベを感じる内容。現状はクラス慣れが必要。
「今日は前に馬を置き、折り合いを重視しつつラストをシッカリ追う形の追い切り。理想的な追い切りができたし、乗った鞍上も好感触を掴んだ様子。昨年と違いパワーアップしているし、京都は坂の下りを味方に加速できる絶好の舞台。勝つための仕上がりにもってきたし、ここを弾みとして次に繋げたいね」(藤原英昭調教師)。 ◎マイル〜中距離と交互のローテーションで何とも掴みにくいが、良績の殆どがこの京都。鉄砲は利くタイプで好勝負か。
「コース追いと坂路追いを合わせれば十分といえるほどの調教量をこなしてきたからね。シッカリ負荷もかけられたし、最終追いの動きも上々。いい仕上がりで出られるよ。ここにきて馬体にボリュームが加わり、まるで牡馬のような体付きになっている。牡馬混合はハンデ戦で3着と好走した過去があるけど、今回は別定戦。その点と鉄砲がどうかだけど弟は走っているからね。馬体増は太めじゃないし、ここで結果を出して次に向かいたいね」(武調教助手)。 ◎この兄弟は総じて叩き一変の傾向がある。距離、相手関係は問題ないので久々がどうかだけ。
「前走は良化途上の仕上がりだったかもしれないが、それ以上に馬に気持ちが乗っていなかった感じ。それに距離も忙しかったと思うよ。1度使ったことで体に締まりが出てきたし気持ちも乗ってきたことは確か。距離延長もプラス材料だけど今回は重賞で相手が揃ったからね。次に繋がる競馬をしてくれれば……かな」(南田調教師)。 ◎相手が強い。
「この馬は暑さに弱いのでいつも通り夏場は休養にあてました。放牧から帰ってからは順調に乗り込んできたし、先週、今週と2週に渡っていい動き。仕上がりに関しては問題ありません。切れ味が武器の馬なので展開が向くかどうかですが、道悪は苦にしないタイプ。あとはこの馬の競馬をしてどこまでやれるかでしょう」(松元調教師)。 ◎重賞でもそこそこの競馬をしているが、牝馬の割に叩き良化型。それに別定戦も不利。
「前走は馬場、展開など恵まれた面もありましたが、よく走ってくれました。年齢的に大幅な変わり身は望めませんが、いい状態をキープしています。最近は折り合いが付くようになってきているので距離もこなせるのでは……と思っています。このメンバー相手にどこまでやれるか見てみたいですね」(横井調教助手)。 ◎今年9歳。上昇度、初距離を考えると上位は疑問。
「併せ馬をすると生ズルさを出すので単走で追った方がいいタイプ。いい動きをしたし、段々良くなってきているよ。距離、コースに注文は付かないし、いい走りを見せてくれた前走の内容から、今回も同じように走ってくれればここでも楽しみだよ」(松田博資調教師)。 ◎もう一押しが利かず歯がゆい競馬が続いているが、メンバー的に今回はチャンスがありそう。コース替わりもOKで可能性は十分。
「先週速いところをやっているので今週はラスト重点。昨年のこのレースはガレた体を戻しつつの調整でしたが、レースでは16キロ減。今年は同じ放牧明けでも雲泥の差というくらい良い状態で帰ってきましたから。ここまで入念に乗り込み、いい仕上がりで出られるし、鉄砲実績こそありませんがこのデキなら……という気持ちはあります。馬場はある程度渋っても大丈夫でしょう」(安達調教師)。 ◎叩き良化型だが、中間の乗り込みは十分。良績ある京都の長距離で軽視は危険か。
「今日は予定していた数字通りの調教ができたし、折り合いも付いて理想的な調整ができました。体も減らず、むしろ増えているかもしれませんがそれはプラス材料といえるし、落ち着きがあるのも何よりです。エリザベス女王杯に向けて同じ外回りの京都から始動することにしましたが、本番は先とはいえ、まずここで結果を出さないと、と思っています」(飯田祐史調教師)。 ◎牡馬混合の2戦が共に惨敗。仕上がりは問題なさそうで、今回も混合戦がどうかだけ。
「今日の動きを見る限り状態は維持できていると思う。前走の勝ち方を見ると洋芝の適性があるのかもしれないが、帰厩してからここまでが順調だし、京都は抜群の実績がある馬。距離も掛かる馬ではないから持つハズ。切れるタイプではないのである程度の位置で渋太さを生かせるようなら」(南井調教師)。 ◎オープン特別なら力は上。今回は相手強化で押さえ候補か。
「暑さに弱いので宝塚記念を回避して放牧に出してリフレッシュ。ただ、帰厩後の動きを見るとこの馬本来の動きには今一息といった感があり、良化途上といった状態ですね。寒くなると調子を上げるタイプなので、この後使っていけば良くなってくると思います」(兼武調教助手)。 ◎以前の迫力が影を潜めた印象が強く、上位争いまでは?
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に追い切りを消化できたし、馬が大人になったこともあって調教でも真面目に走るようになってきました。奥手の血なのか、ここにきて成長すら感じます。台風の影響で馬場状態が心配ですが、開幕週ならそれ程悪くならないでしょう。自分の形で競馬ができれば楽しみですね」(清生調教助手)。 ◎GI、GIIでもそれなりの成績をあげており、衰えは見られない。乗り方に注文は付くが、連対の可能性はある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。