2014年1月19日(日)

11R

2014年1月19日(日) | 1回京都7日 | 15:45発走

第61回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

「今日は折り合いを重視し、ラスト重点の指示。予定通りの追い切りができたし、動きも良かったよ。元々素質を期待していた馬。体に幅が出て成長著しいし、初の古馬相手でも相手なりに走る面があるからね。坂の下りを利して加速を付けていくレースができればここでもと思っている」(池江調教師)。 ◎着実に力を付けている。4歳馬だけにハンデはさほど重くはならないハズ?で、ここも有力視の1頭。
「ハンデ戦ということを考えてここに挑戦することにしました。休み明けの前走で好走したように冬場は走る馬。叩き2戦目の上積みが見込めるし、ハンデ差を生かして頑張って欲しいですね」(北出調教師)。 ◎叩き2戦目だが格上挑戦。ハンデ差を見込んでも上位までは。
「中1週になるけど状態面は変わりないよ。前走は距離も少し長かったし、距離短縮はプラスに出ると思う。相手ナリのタイプだし、ロスのない立ち回りができるようなら」(萱野調教師)。 ◎近走内容から判断して強調材料に欠ける感。
「先週速い時計を出しているので、今週は控え目にと思っていたんだけど、思った以上にいい時計が出たね。芝の長距離は勝った実績があるし、牡馬相手がどうかだけど52キロのハンデなら楽しみはありますよ」(木原調教師)。 ◎芝に替えて3連勝。牝馬だけにハンデも重くならないハズで、今の充実振りを素直に評価する手か。
「既に9歳ということもあり、以前ほど追い切りでは動かないけど元気はあるね。距離に不安はないし、55キロも問題ナシ。流れに応じた競馬もできるので楽しみはあるよ」(梶本調教助手)。 ◎9歳とは思えぬ前走のレース振り。距離は問題なく、展開が嵌れば再度の好走も。
「前走後はここを目標に。追い切りの動きは余力を持って上々の動きを見せてくれたし、体調面は言うことナシ。京都の馬場も合いそうだし、あとは力関係がどうかだけだね」(尾関調教師)。 ◎遠征後を2着とまとめた前走が準オープン戦。今回は格上挑戦で力関係がどうか。
「特に変わった感じはないけど、この中間も順調だよ。今回は距離の延長がカギになるけど、折り合いの不安はないからね。ハンデ差を生かして頑張って欲しいけど」(猿橋調教助手)。 ◎条件が?に加え、この相手では苦戦か。
「今日の追い切りはシッカリ動いていましたね。前走はノドの手術の効果もあったし、使った上積みも十分見込めますよ。ハンデは少し見込まれましたが、仕方のないところ。相手は強化されますが潜在能力の高い馬。ここでも楽しみはありますね」(橋田調教師)。 ◎ノドの手術明けの前走を快勝。日経賞6着が唯一の重賞経験だが、まだノビシロが見込める馬。ハンデ一つでは。
「ここまでの成績から判断して左回りは合わないのかもしれないね。寒い時季に調子を上げるタイプ。今回は右回りに替わるし、末脚を生かせる外回り。ハンデ差を生かせればここでもと思っている」(松元調教師)。 ◎牡馬に交じっての一戦で楽なレースは望めないが、ハンデ差と展開の利があれば。
「追い切りは少し掛かり気味だったけど、中間はシッカリ乗り込んでいるので大丈夫。前走は急遽の出走で追い不足を考えれば、状態面は今回の方が間違いなく上。あとはレースで折り合いさえ付けば」(花田調教助手)。 ◎アテにならない馬だが、力はある。気性面から折り合いの不安はあるが全てがうまく噛み合えば。
「休み明けにあまり実績がない馬なので、その点がどうかと思うけど、今週はよく動いたからね。メンバー的にそれ程差はないと見ているけど、理想は一叩きかな」(中川調教助手)。 ◎戦績もさることながら、長期休養明けも不利。
「調教はあまり動く馬ではないので、これで十分。前走が期待外れだったけど、中京は合わないのかも……しれないね。今回は得意の京都に替わるので、その辺りに期待をかけてみたい」(笹田調教師)。 ◎重賞ではワンパンチ不足かもしれないが、得意の京都に替わる点はプラス。
「元々調教でそれ程動く馬ではないし、前走のダメージもなく順調そのもの。ハンデは少し見込まれたけど、競馬が上手な馬でこの舞台でも全く心配ナシ。今回も好レースになると思います」(村山調教師)。 ◎有馬記念4着は立派だが、展開に恵まれた感も……。ただ、重賞で2度好走したことから、もうフロック視はできないか。
「前走が期待外れだった。それを考えてこの中間は調整方法を工夫してやってきたよ。距離は問題ないし、元々能力を期待していた馬。この相手でもヒケは取らないし、改めて期待の一戦」(松田博資調教師)。 ◎前走の敗因が不可解(2走ボケ?)。重賞好走の実績馬で、見直しは必要。
「先週ビシッと追っているので、今週はラスト重点。7着とは言え、最後の伸びは良かったし、気性面の成長も見られる。今の感じなら距離は克服できると思うので、期待はしているんだ」(天間調教師)。 ◎ここ2戦が出負け。ゲートがカギを握るが、馬体の成長には注目できる。
「自己条件も考えたけど、距離とハンデを考えてここに。冬場はなかなか絞れないので、輸送距離があった方が……ということもあるしね。楽な相手ではないけどハンデ差を生かして頑張って欲しいね」(大和田調教師)。 ◎格上挑戦。距離は問題ないが相手が揃った感。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。