2014年7月6日(日)

11R

2014年7月6日(日) | 3回中京2日 | 15:35発走

第50回CBC賞(GIII)

芝・左 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「先週速いところをやったので、今週はラスト重点。いい仕上がりで臨めます。前走は勝負所でハミを噛む場面はありましたが、その後はスムーズ。やはり1200メートルが合うんだと思います。初の古馬相手がどうかですが、中京も問題ありませんし、50キロの斤量も魅力。楽しみはあります」(安達調教師)。 ◎決め手はなかなか。コース実績もあり、初の古馬相手でもハンデ差を生かせば食い込みも。
「前走から中1週なので追い切りはこれで十分です。前走の1600万条件ですぐ勝ったようにオープンでもやれる力は持っている馬。コース実績もあるし、ハンデ差もありますからね。ここでも力さえ出し切れば……と思っています」(清水久詞調教師)。 ◎今回は重賞で相手強化は否めないが、ハンデ次第で一概に無視までは。
「牝馬で体もできあがっているので、今週はサッと流す程度。今はどんな競馬でもできるようになっているし、力も付けてきているからね。今回は相手関係が強くなる点がどうかだけど、楽しみは持っている」(池江調教師)。 ◎ここにきてパワーアップしていることは成績が証明。中京は1戦して差のない4着なら問題ナシ。
「北海道から帰ってのレースになりますが、輸送熱も出さず、順調に調整ができました。中1週のローテーションですが、馬ナリでこの時計。デキはいいですよ。前走は脚をタメることができずに失速してしまいましたが、うまく脚をタメる競馬ができれば……と思っています」(安藤調教助手)。 ◎ここ一連の成績からはイマイチ強気になれず。函館からのローテーションもどうか。
「久々を1度叩いたけどまだ体に緩みが感じられるし、良化度がスロー。距離・ハンデはいいけど本当に良くなるのはもう少し先になるだろうね」(石橋調教師)。 ◎長期休養明けを一叩きしたが、ガラリ一変までは?
「使いつつ調子を上げてきたことを見せてくれた前走。状態面は安定しているし、左回りの中京でも勝っているからね。メンバーは揃ったが、距離短縮で追走に手間取らず、ある程度の位置で運べるようなら」(鹿屋調教助手)。 ◎距離・コースともに文句はないが、重賞になるとややパンチ不足の感も。
「前走後は放牧でリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきたので、仕上がりは上々ですよ。今週の動き・時計ともに良かったしね。今回は初の古馬相手、乗り難しい面があるなど課題はありますが、52キロで出られるし楽しみは持っています」(角田調教師)。 ◎鉄砲はOK。距離短縮は間違いなくプラス。あとは初の左回りをクリアできれば。
「短期放牧を挟んでここに。2週に渡り好時計が出たけど、ジョッキーが騎乗してのもの。このくらい動いても驚かないよ。いい状態でレースに臨めるし、距離も得意。左回りも問題ないし、暖かくなるにつれ調子を上げるタイプ。秋に向けて是非、ここで好結果を出して欲しいね」(桑村調教助手)。 ◎1ハロン短縮はプラス。中京コースがどう出るかだが、重賞2勝の実績馬。ハンデ一つでは。
「前走後は放牧でリフレッシュ。レース直前に帰厩するのはいつも通りのパターン。仕上がりは力は出せるデキにあるのでその点は大丈夫。展開や馬場などに注文が付くタイプだけど、中京はいいイメージがあるし好レースを期待したいね」(浅見調教助手)。 ◎ハンデには恵まれないが、展開さえ嵌れば可能性は十分。
「ここ2走はスタートがよすぎて前に行く競馬。行ってしまうとどうしてもラストが甘くなってしまうね。中間の状態は悪くないので、うまく脚をタメて行けるようならいいんだけど……。前がやり合ってくれるようならだね」(大根田調教師)。 ◎ベストは1000メートル。芝ではまだ信頼度一息で。
「前走後はここを目標に調整してきました。前走は初の重賞で着順こそ一息でしたが差は僅かでしたからね。中京は良績があるし、距離短縮もプラス。斤量も魅力なので楽しみはありますね」(高橋亮調教師)。 ◎前走は初の古馬が相手。今回で2戦目になるし、距離短縮も歓迎。ハンデ差を味方に善戦以上も。
「今日の追い切りがラスト1ハロン11秒台。本調子とまでは言い切れませんが一追い毎に良くなっています。前走は馬場が馬場で参考外の一戦。開幕週のコンディションがいい馬場ならやれるのでは……と思っています」(庄野調教師)。 ◎どちらかと言うと一叩きが理想だが、GIを3着の実績馬。揉まれず運べれば出番も。
「今回はいつもと調教パターンを変え、意識的にラスト重点の追い切りにしてみたんだ。動き・状態面はすこぶるいいし、今回は53キロで出られるからね。何とかキッカケを掴んで欲しいね」(西浦調教助手)。 ◎近走が以前ほど前に行けず。年齢的なものがあるのかも……。
「過去にオープンを勝った実績があるのでハンデの53キロは仕方ないですね。左回りは問題ないし、このくらいの距離の方が更に末が切れる馬。形の上では格上挑戦になりますが力は見劣らないですからね。好レースを期待しています」(鮫島調教師)。 ◎準オープンの身だが、オープンでもやれる能力の持ち主。あとは展開が全て。嵌れば。
「先週速いところをやってあるので、今週は馬ナリ。休み明けを1度叩いた上積みは見込めます。前走の1000メートル競馬を経験したことで追走は楽になると思うけど、芝ではスピードが不足かも」(安田調教師)。 ◎ダートに良績集中もスピードは豊富で芝も問題ナシ。相手関係は厳しいが、ハンデ差を生かしどこまで。
「やれば動く馬だけど、今週は馬ナリ。でもいい動きだったし、状態はいいですね。前走は意識的にスタートから出して行き、位置を取りに行く競馬をしましたが、逆にラストが甘くなってしまいました。やはりこの馬はタメた方がいいみたい。左回りも問題ないし、うまく噛みあった競馬ができれば差はないと思います」(増井調教助手)。 ◎中京に良績がない点は気になるが、展開が嵌れば見せ場は作れるかも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。