2014年12月14日(日)

11R

2014年12月14日(日) | 4回中山4日 | 15:20発走

第7回カペラステークス(GIII)

ダート・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「中1週だがシッカリ追った。デキに変わりはなく順調だよ。ゲートがあまり速くないので、揉まれずに運べるかどうかがカギになりそう」(村山調教師)。 ◎ベストは1400メートル。この距離ではハナを切るのは難しいかも。
「前走はデキの良さが裏目に出たのかもしれません。状態に変動はないし、距離が短縮される点もプラスに出ると思います」(吉村調教師)。 ◎ベストは1400メートル。この距離は少し忙しいかも。
「日曜日に好時計をマークしたし、今週はいつも通り馬ナリの調整。今回は58キロの斤量がどうかだけど、昨年勝っているレース。連覇を目指し頑張って欲しいね」(浅見調教助手)。 ◎昨年の覇者。今回が叩き3戦目の走り頃。あとは昨年56キロ、今年は58キロがどう出るかがカギになりそう。
「今週は前半から飛ばして好時計をマーク。ラストも一杯じゃなかったからね。前走はムキになって行き過ぎたけど、好位でも競馬はできる馬。能力は高く、重賞でもやれていいと思うので改めて見直したいですね」(大久保龍志調教師)。 ◎久々、昇級の前走が惨敗。叩き2戦目の上積みは見込めても、現状はクラス慣れが必要。
「追い切りはいつも通り。年齢的な衰えはありませんから。一昨年勝っているレースだし、得意の中山。叩き3戦目の今回は一番動けるかもしれません」(藤沢則雄調教師)。 ◎中山は得意。あとは展開が嵌るかどうかだけ。
「1度叩いた上積みは見込めますが、今回は重賞ですからね。斤量面はいいと思いますが、一変までとなると」(浜田調教師)。 ◎叩き2戦目も近走内容から上位までは?
「以前は砂を被ると嫌がっていたけど、前走が砂を被る位置でも勝ってくれましたからね。1度使ってガス抜きができたし、デキも上昇。本格化した今ならここでも楽しみです」(安田調教師)。 ◎この距離は崩れない。もうそろそろ重賞に手が届いても。
「前走後はここを目標に。中間も順調に乗り込み、状態はいいですね。一本調子の面があって仕掛け所の難しい馬なので、今はこのくらいの距離の方がいいかもしれません」(橋田調教師) ◎中央の重賞ではやや見劣る印象。
「前走は短距離で新たな一面をみせてくれたけど、今回は更に距離が短くなるからね。前半の速さにうまく対応できるようならいいんだけど……。スタートを決めて行ければ」(矢作調教師)。 ◎初の短距離だった前走を快勝。今回は更に距離が短縮されてどこまでやれるか。
「デキはずっと高いレベルで安定しているし、ここはピッタリと言える舞台だからね。力が入る一戦になりそうだよ」(矢作調教師)。 ◎オープン特別なら何とかなりそうだが、重賞ではもうワンパンチか。
「仕上がりは悪くありません。元は中央に所属していた馬ですから南関東で走っている時より動けるかもしれません」(出川調教師)。 ◎元中央所属馬。ただ、衰えは否めず上位は?
「減った体は戻ってきたし、追い切りの動きも良かったですよ。あとは相手関係一つといったところでしょうね」(小久保調教師)。 ◎元は中央所属馬。ただ、移籍前の成績からは狙い目は薄い。
「一息のデキだった前走が5着と善戦。まだ衰えは感じられないね。1度叩いた上積みはあるし、落ち着きが出た点もプラス。体重は前走くらいあっていいと思う」(野中調教師)。 ◎7歳でもまだ衰えは見られず。かといって勝ち切るまでのパワーとなると。
「前半が速くなる中山だし、まだ3歳馬だからね。重賞で相手が強くなる今回はチャレンジ精神で臨むつもり。次に繋がる競馬ができれば」(中竹調教師)。 ◎休み明けを2連勝。体が一回り大きくなり、本格化の兆し。3歳馬だが今の勢いなら侮れない存在になりそう。
「先週やってあるので、今週は馬ナリだけどいい動きをしてくれました。前走は休み明けだったし、距離も長かったですから。今回は良績がある中山の1200メートル。見直したいですね」(佐藤正雄調教師)。 ◎中山は2戦2勝。距離もピッタリ。
「4週目を予定していましたが、状態がいいのでここに。距離は問題ないし、中山にも良績がある馬。流れに乗った競馬ができれば」(水元調教助手)。 ◎距離は問題ナシ。重賞で力関係がどうかも、ダッシャーワンと少差の2走前くらい走れば。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。