2014年4月20日(日)

11R

2014年4月20日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第74回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

「この中間も順調の一言。予定通りの調整ができました。ここにきて体が逞しくなり、坂路でも動くようになりましたが、今日の追い切りが予定より速かったことで、この後の輸送も含め本番で体が減らなければ……の不安はありますね。体が維持できていれば前走の内容からも楽しみです」(橋口調教師)。 ◎休み明けを叩いた上積みと前走見せた最速の末脚は大きな魅力。コース・鞍上共に2走目で更に楽しみが増してきた。
「先週の時点でほぼ仕上がっていたので、今日は気分良く走らせることに重点を置いた調整をしました。態勢は整いましたね。学習能力が高い馬でゲートも上達。前走後は放牧に出しましたが、その効果で馬に落ち着きが出て、いい筋肉も付いてきました。右回りも普段の調教で走っているので問題ないですし、距離も大丈夫。初対戦になるメンバーとの手合わせになりますが楽しみです」(栗田博憲調教師)。 ◎5戦4勝2着1回とほぼパフェーフクトの成績。ただ、全て左回りでの成績で、初の右回り、コーナー4回の内回りがどう出るかがカギ。
「前走がキッチリ仕上げてのレースだったので、この中間は体調維持を重点に調整してきました。なかなか勝ち切れないレース続きですが、強敵相手に差のない競馬をしてきた馬ですからね。ここに入ってもヒケは取らないと見ているんです」(上原調教師)。 ◎相手ナリの堅実さが武器。器用さに欠ける点がネックだが、ここも大崩れはないだろう。
「使い込んできたことを考えて放牧に出し、リフレッシュ。その効果で馬に落ち着きが戻り、いい雰囲気になっています。掛かる馬ではないので距離は問題ありませんが、今回は休み明けに加え強敵が相手ですからね。次に繋がる競馬をしてくれれば」(佐藤調教助手)。 ◎相手が強過ぎる。
「馬場を考えればこの時計は悪くないし、最後の伸びも良かったですね。大柄な馬でトビが大きいので、即座に反応ができない面はありますが、うまく立ち回ってくれればここでも差はないと見ています」(鈴木康弘調教師)。 ◎1勝馬だが重賞で連続3着。前走でゲートを五分に出た点は評価でき、無視は危険か。
「1週前に速いところをやってあるので、今日はラストを伸ばす調教でしたがいい動きでした。体に柔らか味が出て、精神面もシッカリしてきましたしね。折り合いに不安がないので距離はもっと長くてもいいですが、この距離でもパーフェクトですからね。力関係がカギになりますが、良馬場で競馬ができれば……と思っています」(橋田調教師)。 ◎2000メートルでは4戦3勝3着1回と堅実。相手は強くなるが相手ナリの走りに注目も。
「前走後は一旦放牧出してここに向けて調整してきました。一追い毎に良くなっているし、今日の動きを見る限り状態に問題はありません。機敏性といった面が一息なので中山の適性がどうかですが、コースに合わせた競馬をしてもらうつもりはありません。あくまでもダービーに繋がる競馬を……と思っています」(池江調教師)。 ◎派手さはないがゴール前でキッチリ差し切る末脚は魅力。あとは初コースで直線の坂、コ-ナー4回の内回りをクリアできるかがカギ。
「2週に渡りジョッキーに跨ってもらったが、今日もいい動きを見せてくれました。ジョッキーも好感触を掴んだようですしね。折り合いの不安がないので距離は問題ないと思いますが、長距離輸送とコーナー4回のコースなど未知な面はありますね。ただ、荒れた馬場は苦にしないので何とかいいレースを、と思っています」(田代調教助手)。 ◎相手関係は前走よりはるかに強く、上位までは?
「前走後はここ一本に調整してきました。2週に渡り好時計をマークしているように、状態はどんどん良くなっています。掛かる馬ではないので距離は問題ありませんし、使う毎に体が増えている点も好材料。GIで相手は強くなりますが、実りのある競馬をして欲しいと思っています」(橋田調教師)。 ◎前走は頭数と好騎乗が勝因?!一気の相手強化で上位は?
「前走のスプリングSは外へ逃げてハンドルが利かなくなってしまいました。口向きの悪さが原因でしょうね。それを考えて舌を縛ってみたんですが、調教では真っすぐ走っていたし、落ち着きもあります。勿論、本番でも縛っていくつもりです。ここまでは予定通りに調整ができたし、相手は強くなりますがこれから先に向けてこの課題をクリアしてくれれば、と思っています」(橋本調教助手)。 ◎期待された前走が案外。それでも共同通信杯2着から簡単に見限るのは危険かも。
「折り合いが付いていたし、いい追い切りができました。元々、それ程速い時計を出す馬ではないし、1度使っているのでこれで十分です。初の中山だった前走でも上手に馬群を捌いてくれたし、立ち回りが上手な馬。ここでも楽しみですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎500万を勝って即GII勝ちと勢いがある。距離さえこなせばここも要注目。
「最後は加減していたのに思った以上にいい時計だった。前走同よう、いい状態でレースに臨めるよ。NHKマイルCの予定もあったが、掛かる馬ではないので距離は持つと判断し、ここに挑戦。今後に向けて選択肢が広がる結果を、と思っている」(松田博資調教師)。 ◎ラジオNIKKEI杯2歳S(2000メートル)で5着から距離自体は持ちそうだが、一気の距離延長がどう影響するか。
「先週速いところをやってあるので、今週はラスト重点でしたがいい時計で動きましたね。前走はスタートの出が遅く、動くに動けない厳しい競馬でしたが、最後は差を詰めてくれました。切れないけどバテずに脚を使ってくれる馬なので、今の馬場は合うと思います。持ち前の渋太さを生かせるようなら」(佐藤調教助手)。 ◎弥生賞は伸び負けの形。一線級に入るとやや見劣りの印象も。
「フラワーCを勝った後は、距離を考えてここに照準を合わせてきました。今回は強い牡馬が相手で楽な戦いは望めませんが、中山は得意だしこの距離でも勝っていますからね。牝馬の割に馬格があるし、いい勝負根性も備えています。競馬が上手な馬なので立ち回りのうまさを生かして頑張って欲しいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎牝馬ながら果敢に挑戦。この舞台で勝っているとはいえ、今回は牡馬の一線級が相手。楽なレースは望めそうにないか。
「中2週なので追い切りは馬ナリだけど、これで十分でしょう。状態面はキープできているし、相手なりに走る面があるのでここでもそれ程差はないと見ているんです。出走できたチャンスを生かして欲しいですね」(川村調教師)。 ◎1勝馬でこの相手では。
「1度叩いてここは予定通り。状態面は確実に上向いているし、中間も順調そのもの。先週もやっているので、今週は馬ナリだけどこれで十分。走る気が漲っているし、前走の末脚を見る限り距離は問題ないでしょう。荒れ気味の馬場もこなせると思う。2歳チャンピオンにふさわしい競馬を期待したいね」(手塚調教師)。 ◎休み明けのスプリングS2着と2歳チャンピオンの底力を見せたが、今回は2000メートルの距離がネック。父系が強く出ているとやや不安も。ただ、内回りを克服した点は収穫。
「今日はラスト1ハロンを強めにやりました。反応が良かったし、動きは言うことありません。前走で長距離輸送もクリアできたし、精神面の強さも出てきました。ハミを交換してから動きたい時に動けるようになり、緩急自在に立ち回れるので中山向きだと思います。多少の雨ならこなせると思いますし、母がクラシックを勝てなかっただけに、何とかこの馬で勝ちたいと思っているんです」(池江調教師)。 ◎弥生賞で勝負強さを見せつけた。距離・コース共に経験済みでここも上位争いに。
「先週やってあるので今週は馬ナリですが、休み明けの若葉Sを叩いたことで確実に上向いています。前走で距離を克服してくれたし、逃げても逃げなくても競馬はできる馬ですから、同型との兼ね合い一つと見ています。ただ、瞬発力勝負では分が悪いので前での競馬にはなるでしょうね。荒れた馬場は苦にしませんし、自分のリズムで運べるようなら」(宮本調教師)。 ◎距離をこなした前走。中山もGI3着から問題はなく、先行差しの安定脚質を生かし切れば。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。